満月の瞑想会

9月9日。

陰陽思想で陽数の極である「九」が重なり大変目でたい日とされている重陽の日。

そしてスーパームーン◯満月。

 

こんなエネルギーが非常に高い日に、月一回プライベートレッスンで出張している方よりぜひ冥想会を行いたい!というご希望があり、開催していただきました。

10668452_708090049265113_101497338_n-1

6名の皆様ほとんど瞑想や坐禅も経験がないとのことで、まず何もインストラクションなしに5分坐っていただき、その後からだをほぐす動き、ヨーガの簡単なアーサナ(ポーズ)、プラーナヤーマ(調気法)を行った後、最後にまた30分弱坐っていただきました。

 

ヨーガには8つのステップがあります(ヨーガスートラ・ヨーガの八支則)

1 ヤーマ(禁戒)非暴力、正直、不盗、梵行、非所有

2 ニヤーマ(勧戒)清浄、知足、精進、読誦、自在神祈念

3 アーサナ(体位法/ポーズ)

4 プラーナヤーマ(調気法/呼吸法)

5 プラティヤーハラ(制感/五感の制御)

6 ダーラナ(凝念/集中)

7 ディヤーナ(静慮/瞑想)

8 サマーディ(三昧)

 

からだが調っていないとこころも揺れやすいものです。ただただ坐っても、からだがこわばっていたりゆるんでいないと痛みやからだの置きどころなどにこころが奪われやすく、集中などほど遠く感じます。ヨーガでは、まず粗いからだからから入り徐々に繊細な、微細なパートへ働きかけます。からだの次に呼吸を調え、外側ばかりに向いていた意識、五感を内側へ向けていくステップを踏みます。プラティヤーハラからは内なる部分の訓練となり、それは一点集中へとつながり、瞑想、三昧へとつながっていきます(三昧どころか瞑想へもほど遠いですが。。。)

 

今回の瞑想会ではそれを特に感じていただこうと思い、始めにただ坐り、アーサナ、プラーナヤーマの後にまた坐ることでどれだけ集中度が変わるかを体感していただきました。

みなさん、最後に坐ったときは最初よりも安定し、上がっていた気がぐっと下におりてどっしりした感じ、などと変化を感じていただけたようでした。ただ、「全然集中できない!」「眠気が。。。」という声も多かったように思います。

 

瞑想練習をしてはじめて、心がどれだけ常におしゃべりし続けているかを初めて知るものです。今まではそれすらに気がつかなかった。ただただ、外にあるもの、外からの刺激にこころを囚われ、こころがどんな状態であるかも気がつかなかったのが、静かに何十分も坐ることで初めてそこに気がつく。それこそが瞑想のスタートだ、と私のヨーガの先生も話していました。そして、その次から次へと揺れ動く心、マインドに囚われず、ただただ、その動きを映画でも観るように客観的に流していく。どんどん流せるようになると心の波がだんだんと静まっていきます。

 

私たちはどうしても外からの刺激によって揺れ動く心、マインドに常に揺らされてしまいがちです。

特に今この情報社会、常にマスコミや広告が氾濫し、スマホを持つことで途切れることのない多大な情報や刺激を受け続ける毎日の中で、ほんの数分でも、こうしてからだを調え、呼吸を調え、ただ坐り、心の波を静めていく時間をとっていくことがどれだけ必要か、強く感じずにはいられません。

ほんの数分でも心の波が静まったとき、湖の波が静まってクリアになったとき初めて底が見えるように、心の底の部分、自分の本質に立ち返ることができるのです。そして無意識レベルではいつも私たちはそこを求めているように思います。

 

私は毎朝プラーナヤーマをし、その後数分でも静かに坐るように心がけています。そして週一回、毎週日曜日の朝、熊谷にある東竹院で行われている坐禅会へ参加するようにしています。その坐禅会前30分からだをほぐす程度ですがヨーガのインストラクションも行っています。

 

意外と近くのお寺で坐禅会を行っていたりするので、ご興味ある方はお近くの禅宗(曹洞宗や臨済宗など)のお寺に問合せしてみるといいと思います。週一回でも、お寺などの厳かで清々しい空間で40分坐るのもいいものです。からだとこころを浄化してまた新たな1週間を始められます。日曜朝はものすごい睡魔に襲われることも多々ありますが。。。笑

 

ヴィッパーサナ瞑想センターでの10日間の瞑想コースもおススメです。

話してはだめ、目を合わせてもだめ、書いても読んでもだめ、携帯もPCもない。

残されたのは自分のみ。

そしてただひたすら坐るだけ。

坐ってひたすら自分と向き合うのみ。

ものすごいきっついですが他では得ることのできない経験ができると思います。

ww.jp.dhamma.org/index.php?L=12

 

 

瞑想会を行いたい方、出張レッスンもできますのでご連絡ください。

brillantiempo@gmail.com

 

aum shanti

 

 

 

広告

想いをともにする日

あれから3年。

昨日のひふみよがクラスには、久しぶりに13名と多くの方々が参加してくださいました。

クラスの最初にマントラaumを3回唱えた後、黙祷を行いました。

そしてクラスの終わりには、いつものマントラですが改めて意味をお話しし、

被災者の方々の平和と、自分たち自身の平和のためにと

想いをこめてみんなで3回唱えました。

 

aum

lokha samastah sukhino bhavantu

生きとし生けるものが自由で幸せでありますように

aum shanti

平和

 

偶然に多くの方々が昨日のクラスに来てくれたとはいえ、311という特別な日に、より多くの方々と想いを、祈りをともにできたことは嬉しく思います。

 

そして改めて2:46、ラジオで流れる式典の黙祷の合図とともに黙祷。

 

311の2:46

この一分間に、日本全国で、世界で、何万人、あるいは何億人の人が

同じ想いを、平和への祈りをともにしている

非常に特別な瞬間。

 

このとてつもない大きな祈りのエネルギーが

本当の平和につながってほしいと願ってやみません。

 

IMG_2711

それでも今年も花は咲く

 

aum shanti

 

 

 

 

坐禅お掃除会

軽井沢のプログラムも10月で終了し、また毎週日曜日朝は熊谷の東竹院での坐禅会とその前のヨーガを開始し始めました。本日は「成道会」(お釈迦様が悟りをひらかれた日)にちなんでの尺八とお琴のコンサートがあるため、坐禅会の代わりにお掃除会、そしてお掃除会の後は恒例の禅寺ならではの朝ご飯のお粥をいただきました。

 

今日はお天気も大変良く、陽の光に照らされて紅葉もより美しい色を醸し出していました。

 

黄色や赤に染まった東竹院の庭園はまるで京都のお寺にいるかのようです。

IMG_2280

IMG_2285 IMG_2293

 

早朝からのヨガと坐禅も清々しい一日のスタートですが、早朝からのお寺のお掃除というものは同じくらい、いやそれ以上に清々しいものです。毎回ご本尊様まわりをお掃除させていただき、いつも思いますが、本当に心が洗われるようで、大変有り難く思います。

IMG_2282

 

 

そしてお掃除の後は、禅寺スタイルの朝食。

IMG_2290

まず手を合わせてお経を唱えながら、お粥を掲げてからいただきます。

IMG_2291

兵庫・安泰寺に2週間ほど滞在したときに初めてこの禅寺・曹洞宗の食事の作法がいかにこと細かく決められているかを知り、道元禅師がいかに食をも大事な修行とみていたのかを知りました。最初は慣れずに急いでしかも作法に従って美しくなおかつ早く食べなくてはいけないとあって、食事が文字通り喉に通らず大変な思いをしましたが、慣れてくるとこの美しい作法がとても好きになりました。

 

東竹院のお掃除会の後はいつもこれをいただけるので、あの時にピンと張りつめた空気感を思い出して懐かしく、嬉しく思います。

 

 

2011年に安泰寺での五日攝心(せっしん)を行った後に書いたブログ

https://amarananda.wordpress.com/2011/11/08/ただ、坐る%E3%80%80just-sit/

 

 

ご住職自ら炊いてくださる玄米のお粥は本当に美味しくありがたく感じます。

なんて清々しい朝のスタート!

 

 

東竹院は本当にお洒落で素敵な空間です。熊谷にいることを忘れます。

IMG_2288 IMG_2287

 

今こうしてこのお寺でヨーガや坐禅をさせていただいていることに、縁を繋いでくださったご先祖様方々にあらためて感謝の思いがします。つながりつながって、今のわたしがあることを、常に忘れずにいたいものです。

IMG_2295

森林浴ヨーガ&デトックス in 軽井沢

森林浴ヨーガ&デトックス in 軽井沢

yoga & detox program in karuizawa

ヨーガ + プチ断食 + アクアフェイシャル1泊2日プログラム

yoga in woods + fasting + facial massage 2-day program

 

 

コンクリートに囲まれた

日常から離れ

自然豊かな場所で

樹々と一緒に呼吸する 

からだもこころも

からっぽにして

素の自分に出会う旅

IMG_5470

空に突き抜けるような樹々に囲まれ、鳥のさえずりや川のせせらぎを聴きながらの森林浴ヨーガ&デトックスプログラムを軽井沢で行います。玄米甘酒や炒り玄米スープなどでプチ断食をして腸やリンパ管のおそうじをして身体の中からキレイに、ヨーガとアクアリオという特別なお水を使ったフェイシャルマッサージで心身の浄化と蘇生を、そして日本有数の名湯である草津温泉につかって全身お肌つるつるに。盛りだくさんのスペシャルプログラムです!

 

 

都会の喧噪から離れて自然のある場所へ行きたい、堪えがたい夏の蒸し暑さから脱出したい!森林浴をしながらヨーガをしたい、断食してみたいけどなかなか一人ではできない、身体の不調を整えたい、軽井沢や草津温泉行ってみたい!などなど、John Lennon&Yokoや白州次郎、正子などさまざまな著名人やアーティストが愛した磁場のいい日本屈指の洗練された避暑地である軽井沢で、心身共に癒され、リフレッシュしませんか?

IMG_5299IMG_5293

ウッドデッキで上を見上げるとこんな景色。。樹々や鳥たちが見守ってくれています。

IMG_5326

草津温泉湯畑。地球の熱をダイレクトに感じるすごいエネルギーの場所!

IMG_5424

近くの散歩コース

 

 

 

<開催日>

第1回 2013年7月27日(土)-28(日)

第2回 2013年8月7日(水)新月●-8(木)

(第3回〜は9月以降にまた予定しております)

 

 

◎SCHEDULE◎

<day 1>

11:00 現地集合 オリエンテーション シェアリング

               玄米甘酒&からだにやさしいスイーツ

12:00 お一人ずつフェイシャル(4名)

     残りの4名は森林散策、ヨーガ、断食についてなどのお話

15:00    サンセット森林浴ヨーガ on wood-deck (雨天は屋内で)

17:00    玄米甘酒

18:00    草津温泉へ!

22:30    就寝

<day 2>

  5:30     起床

  6:00 サイレントウォーキング&瞑想

  6:30     炒り玄米スープ

  7:00     サンライズ森林浴ヨーガ on wood-deck

  9:00     お粥とみそ汁

10:00     お一人ずつフェイシャル(4名)

       残りの4名は森林散策、ヨーガ、断食についてなどのお話

12:00      シェアリング 解散

 

 

 

<プログラム代>

    初回限定スペシャル価格(2回まで)15,000円(お一人様1回分)

(ヨーガ、フェイシャル、食事、温泉代など会場までの交通費以外すべて含みます)

<定員> 8名様限定(先着順)

<場所> アンティークとオリジナル ま お ん 

長野県北佐久郡軽井沢町追分961-27-2

(軽井沢駅より2駅、信濃追分駅より徒歩15分)

 

 

 

<お申込み&お問合わせ>

参加者氏名、性別、年齢、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、以下あてのアドレスあてお申し込みください。お申し込み後、詳細をメールにて送付させていただきます。

brillantiempo@gmail.com

 

 

 

<主催者>

hifumi ◎ yoga 

ヨーガインストラクター 今泉光代  teruyo imaizumi

sivananda yoga / 国際ヨガアライアンス認定正式指導者

ひふみで身魂みがき

Flower of Life 

山口美香 mika yamaguchi

心身の浄化と蘇生

天然水のエネルギーバランスを整え、水の記憶を最大限に利用するお水「アクアリオ」を使ってのフェイシャルマッサージ

IMG_5428IMG_5472

大いなる存在の体現

アンマ来日プログラム5/20-21のセーバ(ボランティア)として3日間お手伝いさせていただき、最終日の午後の部は、夜9時過ぎから始まったダルシャン(抱擁)は翌朝明け方4時頃まで続きました。7時間ぶっとおし、毎年のことですが、トイレも行かず、席も立たず、ご飯も食べず、ただただ、来る人来る人何百人何千人とダルシャンし続けるアンマのパワーには本当に圧倒され、肉体を超越した存在であることを改めて感じずにはいられません。

 

片付け後、朝6時前のモノレールに乗るとこんなご褒美が。

IMG_5369

アンマのパワーを存分にいただいたせいか、会場の陶酔エネルギーで高揚しているせいか、全く眠くないし、逆にエネルギーに満ち満ちていました。さらにこのぴかーんと光り輝く朝日のお陰で、一睡もしていないとは思えないほど清々しく、幸せに満ちた素晴らしい朝でした。

 

この太陽を拝めながらふと、アンマが宗教や人種などの枠を超え、来る人すべての人に対して平等に愛を与えているように、太陽や、月、樹々、山など母なる大自然も同じように見返りもなくただただ私たちに光を、水を、空気を与えてくれているんだ!と、頭では当然分かっていたことが何かとても腑に落ちた気がしました。

だからアンマは、人間という形をまとった母なる大自然の現れなんだ、と。

人間のからだという枠を超越し、大自然そのもの、宇宙そのものなんだ、と。

 

 

この物質社会にいると、どうしても大自然の抱擁力、無私無欲にひたすらに与え続ける寛大さ、ありがたみを忘れてしまいがちで、空気や水や太陽、すべてが当たり前のように感じてしまいます。だからこそ、その母なる大自然を人間という身体を通して体現しているアンマが現代に生きる私たちにとってわかりやすく、その存在が必要なんじゃないかと思います。アンマを通して大いなる存在を思い出し、崇拝し、感謝する。そして私たちもその大自然の一部であるということ。

 

3日間のセーバとダルシャンを通して、本当にいろんなことを学び、極度の集中をし、瞑想し、思い出し、本当にいろんなまた面白い方々、深いつながりのある方々と出逢うことができ、また深く自分を知ることとなりました。

 

すべての出会いに感謝です。

 

そして、アンマに心から感謝です。

 

 

IMG_5380

なんで今年は流通センター?モノレール乗って行くなんてめんどくさい、なんて思っていましたが、物質社会のThe象徴のような場所で、真反対のようなドスピリチュアルなイベントが行われることはなんだかとても意味深く、そこから愛と光のエネルギーが渦巻いて日本中に流通していくよう、心から祈っています。

om shanti

 

 

目に青葉

昨日日曜日の早朝。

昨日降り続けた雨も上がり、空は青々と空気も澄んで風もなく、

待ちに待った五月晴れ。

IMG_5256

ヨーガ&坐禅のため東竹院へ行くと、雨上がりのお庭はそれはそれは清々しく、あまりに気持ち良くてしばらく庭を散策。

瑞々しい新緑の中を歩くのは本当に目も心も心底癒されます。

 

思わず写真撮影魂に火がつきました。

IMG_5252IMG_5257 IMG_5259IMG_5262

様々な樹々や花々がごく自然に調和してたたずみ、清らかな水が流れ、たくさんの鯉が池の中で泳ぎ、本当に気持ちのいい空間です。

IMG_5253

ここでカフェでもやりたい。。

IMG_5263

IMG_5264

 

立てば芍薬坐れば牡丹歩く姿は百合の花。

IMG_5285 IMG_5284 IMG_5283

IMG_5280 IMG_5281 IMG_5282

 

池に映る光が神々しい。。

IMG_5266 IMG_5270 IMG_5272 IMG_5277

どうやら私は水やガラスに反射して映るビジョンが好きみたいです。

現実にそこにあるものと、水に映し出された少しぼやけたりゆがんでたりする映像が同時に存在するのが、夢と現実の境目がなくなってしまうみたいな感覚を誘うからか、そこに存在しているものが本物なのか、歪んでいる方が現実なのか、結局どちらも現実じゃないのか。。などとあれこれ思わせてくれるからなのか。。とにかく水やガラスに映し出された映像をみつけると引き込まれてしまいます。

IMG_5271

鳥がさえずり、心地よい空間の中での坐禅はさぞ集中力も高まり格別だろう。。と思いきや、睡魔との戦いに終わった。。でも終わった後のまたお庭での散策は本当に気持ちよかった。

 

そしてその後久しぶりにおばあちゃまのお墓をお掃除しに行って、墓石を洗っていてふと気がつくと、その日は月命日。もう8回目の月命日だ。ちょうどいいタイミングでお墓に行けてよかった。おばあちゃまがたまには来なよ、と呼んだのかもしれないな。

 

素晴らしいお寺さんにうちのお墓があって、ご先祖様に本当に感謝です。

IMG_3159

お寺でピアノコンサート

IMG_5225

 

目も心も癒される美しい新緑で溢れた東竹院のお庭。

毎年恒例となっている旧暦の花まつり(お釈迦様のお生まれになった日)に合わせてのコンサートが5/6(月)に行われました。

京都のお寺にでも来たかのような風情のある日本庭園。季節の変化を十二分に味わうことができ、毎週日曜日の坐禅会に行く楽しみのひとつでもあります。

IMG_5227

 

 

本堂も当日は少し洋風な装い。

と思いきや、真ん中にはお生まれになったばかりのお釈迦様が。。

IMG_5231

「天上天下唯我独尊」

 

IMG_5234IMG_5245

 

ピアノ 佐藤奏夢さん ヴァイオリン 嶋村由美子さん

 

私も坐禅会のメンバーとして受付のお手伝いをさせていただきましたが、とても多くの方々が観に来てくださいました。

IMG_5240IMG_5238 IMG_5237

お寺の荘厳な空間ということもあり、坐禅をしている時かのように深く集中して聴いていたせいか、まるで音が身体(というかエネルギー体)に染み込んでくるようで、なんとも心地よく振動していました。そしてそこで演奏する方々、奏でる音、聴いている人々、すべての振動・エネルギーがひとつとなって調和のバイブレーションがここから発信されているように感じました。

 

こうした調和のエネルギーが地域に広がり、町に広がり、日本に広まり、世界に広まれば世界は平和になるんだなと思います。

 

音楽の力はやはりすごい!

 

それにしても、佐藤さんのピアノを弾く手のあまりの速さに目が釘付けになってしまいました。そして演奏も本当に素晴らしかったです。

 

こうした素晴らしい時間と空間を設けていただいた東竹院のみなさまに改めて心から感謝いたします。ありがとうございました。こんな素晴らしいお寺で毎週ヨーガをお伝えさせていただき、参禅させていただけるのは、本当に有り難いことです。

 

坐禅会は毎週日曜日8:00〜9:00頃まで ヨーガはその前7:15〜30分ほど行っています。どなたでも参加できますので、ご興味ある方は東竹院までご連絡ください。

735024_368913873207206_1483816061_n 912029_245037458969515_617240099_n

合掌