yoganoma初のスイーツ教室

先日水曜クラスの後、yoganoma初の Vegan Sweets ヴィーガンスイーツ教室を行いました。

いつもご参加してくださっている方からのご希望があり、2日前に急遽水曜クラスに頻繁に参加されている方々にお声がけしたところ、急にもかかわらず合計5名の方がご参加してくださいました。

 

Vegan ヴィーガンとは、、

Vegetarian ヴェジタリアンのさらに上をいく菜食主義

 

Vegetarianは卵や乳製品も含みますが、Veganは卵や乳製品など一切の動物性のものを含まない食品だったり主義であって、マクロビオティックと似ています(マクロビはごくたまにお魚とかも取り入れるようですが)。

Vegan sweetsは、卵・乳製品、そして白砂糖も使用しないで作られたお菓子です。

 

白砂糖は精製されているため血糖値もがーんと上がりやすく、中毒性も非常に強く、またからだを冷やすので、できるだけ控えめにしたいですね(冷え性や便秘の方は特に白砂糖を控えると結構改善されるかもしれません)。

Vegan系のお菓子の甘みはてんさい糖やきび砂糖、メープルシロップなどを使用するところが多いですね。

 

私は、yogaをはじめてからしばらく主に(ゆるい)vegan主義をしていました(マクロビオティック的な)。玄米菜食主義を7-8年くらいしていたのかな。そして前にもよく話に出てきた千葉の鴨川でライフラインもないゼロからの自給自足的な生活を共にしていたLove&Riceの時代に、カンマタカヤの奥さんのまゆこがvegan sweetsを作り販売もしていて、彼女に教えてもらったものを自分でアレンジしたり、代々木のアースディに出店するときお手伝いをしたり、マクロビの料理家の中島デコさんのレシピ本でよく作ったりして、だんだんと自分のレシピができてきたのです。

最近でこそマクロビスイーツとかいう名で、コンビニやスーパーでも販売されるようになりましたが、数年前はそういう場所へ行かないと買えないし未だに割と高いので、自分で作った方が安くて美味しいし、たくさん食べられる!笑 そしてマクロビ/ヴィーガンスイーツは、卵やバターなどを使う洋菓子の繊細な工程は全然なくて、多少のグラムが違っても大丈夫だし、ざっくりでそれなりに美味しくできてしまう、大ざっぱな私には本当にぴったりなのです。

私は小麦粉を使いますが、グルテンアレルギーの方は、米粉とかでも簡単に作れるかと思います。

自分で食べたい時に食べたいものを作れるのはいいよね!

 

 

今回のスイーツは

『レモンピール&チョコ Veganスコーン』

レモンピールが足りなかったので(笑)ゆずピールも足して、チョコはオーガニックのチョコドロップ、甘みはてんさい糖を使用しました。

丸型でくり抜き作業。

 

いつも一人でやっていることをみんなでやるととっても楽しーーーー!のですね!

皆さんもとても楽しそうでした!

 

オーブンは、このかなりの愛用デロンギのコンベクションオーブン。

この子はもう本当にダイヤルが温度と時間の2つしかなく、シンプルで小さいけどコンベクションなので熱まわりがとても良く、パンとかもすごく美味しく焼けるしピザストーンも付いているのでピザも焼けるし、かなりの優秀モノ!シンプルなものって今時少ないので、この子は本当に大好きです。下がぱかっと開くので、お掃除も楽チン。今日はyoganoma部屋でのスイーツ教室なので、軽いからキッチンからこの床の間へ手軽に移動してきました。

 

 

焼けたよ〜

 

そしてみんなでお紅茶をいただきながら試食会。

 

う〜ん。

お天気も良くてあたたかいお部屋で、みんなで出来立てのスコーンをいただくなんて、

なんという幸せ〜

平穏で満たされるひとときでした。

世界平和はこういう小さな幸せからだね。

 

yogaのプラクティスはみんなでやっているけど一人の世界に没入していくものなので、こうしてみんなでワイワイしながら一つのモノを作っていくのも楽しいものですね。

 

また次回もやりたいと思いますので、ご興味ある方はぜひご参加くださいませ。

このスイーツ教室はドネーションで行いました。

ドネーションだとやる側としてはお気楽でありがたいです!笑

 

続いて

バナナチョコくるみマフィン とか

アーモンドビスコッティ とか

 

やるかと思いますのでどうぞお楽しみに。

 

 

 

広告

今年の最後はコレしかない!We Are The Champion!!!

ここ数年、毎年締めくくりはマイケルでしたが、、

 

今年は何と言ってもコレだーーーーーーー!!!!!!

 

Queen!!!!!!!!!!!!!!!!!

まだ観てない方、早く観てください笑

泣けます。そしてアツくなる!!!

これを観てからもうずーっと寝ても覚めても頭の中はQueenの音がループしています。

 

フレディーマーキュリー、ってこんな人だったのか、、と、ただのゲイのマッチョでランニングか上裸みたいなアメリカンのイケイケロック、だとばっかり思い込んでいたのだけど、UKだし、そしてフレディ自体はイラン系インド人だし(インド人というだけでなぜか親近感が湧いてしまう笑)、そしてさらに、世界最古の宗教と言われいてるゾロアスター教だったという!!(コレまたすごい親近感笑)。ゾロアスター教の葬儀は鳥葬か風葬らしく、フレディも風葬だったそうです。

 

“Anyway the wind blows…”

 

そう言われると色々と腑に落ちるところがいっぱいで、幼少期はムンバイで過ごして、ボリウッド映画にとても影響を受けたそう(だからあの歌やパフォーマンス)。

そして、どうでもいいネタですが、フレディと私は誕生日が一緒。笑。

すごい親近感です。笑

 

あと、マイケルとも交流があったようで、マイケルにAnother One Bites The Dustという曲を提供したら、その当時のQuincy Jonesがそれは売れないだろうと断ったので、Queenがそのままその曲をリリースしたら大ヒットしたので、マイケルは悔しがった、という逸話。その音がかっこよかったので、それに影響を受けてできたのが、Billy Jeanだとか。

やっぱりマイケル好きはQueenの映画観るとみんなQueenにハマっている!

何か通ずるものがある気がします。

 

映画『ボヘミアンラプソディー』最後の20分くらいの、Live Aidのライブがもうサイコーすぎました。そしてそのwe are the championの歌詞とか、もう、ほんと、泣けてくる。。こういう意味だったのか、、この唄って、、ただ単に、オレ様たち王者だぜー!イエーイ!っていう、男気だすオラオラ系の曲だとばっかり思っていましたが、大スターになる前もなった後も非常に苦難な道を生きたフレディの人生が詰まった曲なのだと知り、このライブ映像を見るたびに思い出して泣けてしまいます。

あー、もう一回観たい!

 

 

We Are The Champion!!!

 

これで今年はアツくなって終わりましょう!

どうぞみなさま良いお年を!!!

 

 

歩くこと

最近よく、菖蒲公園でwalkingしています。一周30分程度。

園内にあるカフェも最高のロケーションでとても居心地よく、サンセットがちょうど良い感じで見られるのです。そこでちょいとお仕事をしたり本を読んだりしてから、良い音楽を聴きながら一周回って帰るという、習慣ができてきました。

今更ながら、「歩く」って、いいですね。

枯葉の上を歩くときのザクザク、という音や、芝生の上を歩く草や土の触感が、脳内のある部分をいい意味で刺激し、癒しているような感じがします。なので、コンクリートの上を歩くのとは全然違って、なんか妙に気持ちいいのです。そして良い音楽を聴きながら歩いていると、それだけで違う世界へトリップしていきます。。

もちろん、30分歩くことで体もすごく温まり代謝が上がる気がします。ヨーガの練習とともに、この歩き時間がかなり気持ちの良い癖になってきました。

 

暮らしを彩るもの

先日、yoganomaクラスにご参加してくださっている方が、実家でお母様が育てているというお花を、新聞紙にどさっと、大きな花束で持ってきてくださいました。

 

多分すべて菊の花のようで、vividな色で個性的な形をもつ様々な花が一つになって調和している姿があまりにも美しく、これはこのまま、どさっと、生けた方が粋だろうと、早速そのまま、どさっと、ガラス花瓶に生けました。床の間に飾るには少し高さもあった方がいいかと思い、ちょっと前に母が生け花で使ったハランとトクサをもらっていたので、それを真ん中にまた、どさっと。

こんな感じになりました。

 

見るたびに気持ちが明るくなる気がして、このvividな花たちにとても癒されています。

普段はあまりこの床の間の生け花に反応がない生徒さんからも、これは素敵!

と褒められ、さらに上がります。

普段だったらこんな強くてvividな色を何色も使って生けたりはしないけど、全然違うのに調和して華やかさを一層増しているこの感じは、花の持つ力だな、と感じています。

そして、普段の暮らしの中にこうした華やかさが加わるだけで、暮らしが彩られ、気持ちが豊かになるものですね。

 

 

この花たち、すっごくイキが良くて、全然しおれません。

エネルギーに溢れている感じです。

このせっかく美しい花たちを、ぜひ育て続けて欲しいです!

たくさんのお花を、ありがとうございました!

 

rainbow comes to me

一昨日、日曜朝。

雨が冷たくどんより暗い早朝。

今年一番の冷え込んだ朝。

 

虹が出そう

虹が見たい!

 

と願って坐禅に向かう車の中で周りをキョロキョロ見渡していたら

 

出た!!!

 

rainbow has just come to me

虹がやってきてくれました

 

 

そして今日に限って珍しく早くお寺に着いたからそのまま土手へ。

 

こんな、端から端までの虹。

 

こんな全体が見える虹をこの辺りで見たのは初めて。

空気は清々しく澄んで、光が射し、まわりは緑と空。

 

一気に別次元へ。

 

日々の暮らしの中にある、ほんの一瞬の、でもかけがえのない、美しく愛おしい瞬間。

こういう瞬間が、たまに訪れてくれる。

 

朝、寒くて暗くて眠い中起きて坐禅に来て本当に良かった、と、

ご褒美をもらえたような、こころ満たされる幸せな時間でした。

 

 

その後の坐禅もまたしかり。

こういう時間がたまらなく好きです。

 

月のカレンダー2019予約受付開始

今年ももうそんな季節なのですね。

『はからめ月のカレンダー2019』予約受付はじまります!

 

一度ご購入いただいた方は、ほとんどの方が毎年リピーターとして続けて購入してくださっています。私ももうかれこれ10年くらい使っていますが、もうこれナシの生活はありえない、、と思ってしまうほど、日々の気づきや何かを決める時、イベントをいつ行ったらいいか、などの手がかりとしています。

例えば、一粒万倍日とか、満月・新月、土用などなど、そして季節の変化が二十四節気などを通してさらに感じられることができるので、毎日眺めるのが日課となっています。

クラスでも調子悪くなっている人が多いな、、、と思ってカレンダーを確認すると満月に近づいている時だったり、、そんなこともカレンダーを通して感じたり気づかされます。

 

カレンダーを作成しているのは、私の友人でもある『月とカヌー』こと、ヨシコちゃんとタクミくん。この二人は福島で6000坪の土地を手に入れ、自分たちの手で木を切り開墾し、その木で家を建て、水は山から引いてくる、という、本当に自然のど真ん中で自然と共生しています。一昨年、その二人の家が完成したので遊びに行ってきましたが、本当に度肝を抜かれるほど二人の創造力とたくましさに感動しました。

詳しくはこちらで ↓

https://amarananda.wordpress.com/2016/10/09/はからめ月のカレンダー2017年受付開始/

 

月の満ち欠けをはじめそれを基に先人達作り出した太陰暦(旧暦)、その太陰暦と密接な関係ある潮の満ち引き、季節を感じる事できる十四節気、雑節、そして月ごとの歳時記など記載された智慧のいっぱいつまった素晴らしい暦です。また、土用、「土をいじってはいけない日」や粒万倍日、さらに江戸時代の知恵「江戸しぐさ」についての豆知識記載されています。

カレンダーで月の満ち欠けを見ていると、月経がちゃんと定期的にくるようになった、という方もいるくらい、月の満ち欠けを意識することは自分と宇宙のリズムをシンクロさせることにもつながるのです。

 

地球にあるもの全ては月や太陽の持つ大きな力の影響を受けなら時間進んでいます。人間、植物、動物、水も空気も土も全部全部、んなとても大きな影響を受けています。その大きな力を自分の人生の味方につける事できたら・・・という思いで、月や太陽や地球、そして先人の知恵いっぱい詰まっている月のカレンダー作りました。』by「月とカヌー」

カレンダー2019年版もびわ湖・淀川水系のヨシを使ったヨシ紙を使用。
ヨシ(アシ)は成長過程で水を浄化する作用あるため、ヨシを使うこと水をキレイにしていくことにつなるという、環境のこともしっかり考えている本当にすぐれたカレンダーです。
カレンダーの写真、詳しい内容などは下記Webサイトをご覧ください。

月のカレンダー2019年版

A4サイズ (210×297) 1850円(税込) 

B4サイズ (257×364) 2370円(税込)

yoganomaとひふみよがでは予約販売のみで、ご予約は11月15日締め切りとさせていただきます。
予約されたい方はサイズ、部数を明記の上、以下のメールあてご連絡いただくか、クラスに来た際にお伝えください。
brillantiempo@gmail.com
カレンダーのお渡しは12月中旬頃になると思いますが、基本的にはクラスに来ていただいた方に直接手渡しする際にお支払いいただくこととしておりますが、クラスに遠方などの理由で来られない方などは、送料をご本人様ご負担で予約をお受けすることもできますので、上記のメールあてご連絡ください。

目に見えない世界の表現 〜TAGIRI LIFE〜

昨年の12月にこのブログで紹介した、私が30代はじめに出逢い、『生きること』の原点に立ち返り、千葉・鴨川の山奥で、ゼロからの創造をともにしたカンマタカヤとまゆこ。

 

<人生を変える出逢い>

https://amarananda.wordpress.com/2017/12/15/人生を変える出逢い/

 

彼とその仲間たちによって、新たな想像がカタチになりました。

『目に見えない世界を表現したい』

彼らからそんな話を聞きました。

 

 

 

ぱらっと出来上がった本をめくってみる。

写真や絵も落ち着いた色味で、はっきりしたインパクトのある写真ではなく、ノスタルジックで柔らかく美しい雰囲気が漂い、また文章も詩的であったり抽象的な表現であったりと、ただ眺めているだけでなんだかふわっと心地よい感覚が起きる。コーヒーを片手に、午後のひとときにめくりたいような。

その抽象的な感覚こそ、彼らが表現しようとしたもので、目に見える世界の奥なのか同じレベルでなのか存在している『目に見えない世界』を垣間見るような、そんな不思議な感覚が呼び起こされる。

 

『目に見えない世界』とは、別に宗教でもオカルトの世界でもなく

家族や仲間とのつながり。

先祖とのつながり。

自分自身とのつながり。

そして、自然や宇宙とのつながり。

過去も未来も、時空を超えてつながる何か。

目には見えないけれど確かにそこにあるもの。

 

そして、生まれた時からモノに溢れる中で育った私たち現代人が忘れかけてしまっている、人として豊かに生きる上でとても大切なもの。

 

そんな世界観を呼び起こすような本だと思います。

 

 

TAGIRI LIFE について

http://www.tagirilife.com

 

この本の中の『story of a boy』は、カンマタカヤが「前から来るモノだけで生きていこう」と決め、モノもお金もすべてを一旦全部手放し、宇宙の流れに乗って生きてきた実際のストーリーです。

手放し、そして宇宙の波にゆだねることで、こんなにも奇跡的に、必要なモノゴトやヒトが必要なタイミングでやってくるのかと読んでいて驚きますが、実際、私自身もそうして手放し身をまかせることで奇跡的な出会いやモノゴトが起こることを実感しています。そしてそれは誰にでも起こりうることなのだと思います。宇宙の流れを感じ取り、ゆだねることができれば。

 

ヨーガ的に言うと、イーシュヴァラ・プラニダーナ。

ヨーガ八支則の2番目、ニヤマの5つのうちの最後。

自然の摂理を理解する。自在神/自然にゆだねる。

 

 

 

彼は今、宮崎県串間市市木にて、古い別荘をリノベーションしたcafe10

 

そして古い温泉宿を仲間とリノベーションしたTAGIRI HOTELを営んでいます。

 

彼の最初のクリエーションである 、ライフラインもないゼロからのスタート『Love & Rice』時代に、私はその最初の1年をそこで彼らと共に過ごしました。

 

本の中盤にある、『essence of the people 』

「ある人の人生に落とされた12のエッセンス」

とありますが、その1エッセンスとして、私のページも載せていただいています。

また、この本は、英語と日本語を併記していますが、その英訳をすべて担当させていただきました。プロの翻訳者ではないですが、この本に関わったメンバーの多くとつながりがあることと、何よりカンマタカヤとまゆことLove&Riceで深い経験を共にしたことから、その感覚を共有できる人にお願いしたいと言う彼らの想いから依頼され、僭越ながら翻訳させていただきました。

 

ネイティブスピーカーではないので、日本人が訳した日本語訳、という感じですが、、

目に見えない世界を表現する日本語はとても感覚的で抽象的なため、英訳するのにかなり苦戦しましたが、一旦『感覚』のスイッチが入ったとたん、すぅーっとスムーズに進んだような気がしました。

予想以上に多い翻訳量で何ヶ月かその作業に追われていましたが、終わってみて、そしてこの本を実際手にとってみて、想像以上に洗練された美しいこの本の制作に関われたことをとても光栄に思います。

 

yoganoma加須教室/hifumi yoga鴻巣(吹上)教室でも、10/7(日)から販売開始いたします。

ご予約されたい方、また、教室に来られない方で郵送をご希望の方は以下のメール宛ご連絡ください。

 

brillantiempo@gmail.com

 

 

TAGIRI LIFEのオンラインでも直接購入できます。

http://www.tagirilife.com

 

 

ぜひ、ふとしたひとときに、

手にとって眺めてみてほしい本です。