即位礼正殿の儀

一昨日の即位礼正殿の儀。

天皇陛下のお言葉が妙に心に響きました。

 

『さきに,日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い,即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間,常に国民の幸せと世界の平和を願われ,いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,その心を御自身のお姿でお示しになってきたことに,改めて深く思いを致し,ここに,国民の幸せと世界の平和を常に願い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智えいちとたゆみない努力によって,我が国が一層の発展を遂げ,国際社会の友好と平和,人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。』

 

国民の幸せと世界の平和。

 

 

国連加盟国が193カ国。そのうちの186カ国の代表者がこの儀式に出席されたそうです。

世界の国の9割近くの代表がこの日のために集ったというのは本当に驚きです。

よく知らないのですが、こんな国他にあるのでしょうか?

 

まさに、世界平和を象徴するかのような、それがここからはじまるような、そんな思いや願いで儀式を拝見していました。

 

当日は朝から大雨でしたが、儀式が終わる頃には上がるだろうと思っていました。

何か大きな儀式の時はこういう禊の雨が降るものだなと、そしてそれは終わるとちゃんと止んで晴れるのものなのだな、と、本当に不思議に思います。そして、大きなアーチを描く虹も出たようですね。そういうことはちゃんと天に反映されているのでしょうか。

だってこれだけの国の代表が一同に集い即位の宣明を見守るという、とてつもない強いエネルギーが集約されていたのだろうと思います。

 

改めて、新しい時代のはじまりのように感じました。

災害が続き、被災された方々のことを思うと本当に心が痛いですが、一日も早い復旧を祈りつつ、天皇陛下がおっしゃったように、たゆみない努力で新たな時代を歩んでいこうと心した時間でした。

 

そして、日本に生まれてよかったと、改めて誇りに思う日でした。

台風19号ハギビスのあと

台風19号による被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、一日も早く日常が取り戻せますよう心よりお祈りいたします。

 

hifumi yoga吹上教室は荒川河川敷から数キロ程度のためそのエリアは避難警告が出され、yoganomaのある加須市でも夜中2時半頃に一部地域に対する避難指示のサイレンが鳴りましたが、どちらの教室も無事に過ごすことができました。特に、yoganomaは古い建物のため、ガラス破損や雨漏りなどの心配もありましたが、幸いに風向きが裏側からだったため、奇跡的に雨漏りさえせずに耐えることができました。

ご心配いただいた皆様、誠にありがとうございました。

10/12(土)、13(日)と教室をキャンセルさせていただきましたが、本日からまたヨーガ教室は通常通りとなります。

 

秋の三連休で、うちも含めて多くの予定されていたイベントが全てが中止となりました。

立て続けに日本を襲ってきた巨大台風。

2019年にスーパー台風19号。

大いなる自然の威力を前にして、人間の考えたことなんて、人間が作ったものなんて、

ひとたまりもないものだと、改めて、強烈に思い知らされました。

こんな時に私たちができることと言ったら、被害に遭わないよう準備することと、

祈ることのみ。

いつもは忘れてしまっている『祈る』という行為を、

こういう時は、自然と誰しもが行なってしまうのではないでしょうか。

 

昔の人々は今よりはるかに大自然と共に生きていたこともあり、

自然に対しいつも畏怖の念を抱き、感謝し、常に祈っていたのだろうと想像します。

現代に生きる私たちは、からだもこころも自然から離れ過ぎてしまい、

こうした気持ちをないがしろにしてきてしまったのではないでしょうか。

 

ここ数年自然災害が甚大化し、今年は巨大台風が連続で日本を襲いかかりました。

当たり前に通っていた電気が止まり、水道が止まり、ガスが止まる。

そうなって改めてその大事さ、貴重さ、はかなさを思い知らされる。

 

当たり前だったことが、当たり前ではなくなってきています。

いつ、どこで、何が起こるか。

全くわからなくなってきた時代。

利便さを追求し過ぎたゆえのツケが今、回ってきているのでは?

ここまでくると、これは大自然から私たちへのメッセージのように思えてなりません。

 

大自然の威力を前にして、ただ祈り、待つことしかできない時、

人は自然と謙虚になるものだなと感じました。

そして台風が過ぎ去った後、生かしていただいたのだなと、

感謝せずにはいられませんでした。

 

何でもない時は、人はあたかも自然をコントロールできるように感じてしまいますが、

たび重なる大自然の脅威は、肥大化してしまった人間のエゴを鎮めさせるかのようです。

 

人間は地球上のピラミッドの頂点にいるわけではなく、

他の生きるモノたちと同じように自然界の一部をなすものでしかない

ということを改めて深く認識し、

今の文明をありがたく享受しながらも、そこに依存し過ぎず、

既存の社会システムやマスメディアに翻弄され過ぎないよう、

一人一人が自立・自律していく時がきているように感じます。

その自律した人同士が横につながり、その和が広がっていく。

そして、みんなで自然と共に、謙虚に、楽しく生きる。

一日一日を大切に。

 

いつ終わるかわからないからね。

 

 

 

台風で籠っている間と過ぎ去った後に、

そんなことをあれこれ考えていました。

 

 

super typhoon hagibis

 

 

南房総の甚大な被害に支援を!

千葉の南房総・館山エリアは今回の台風で壊滅的な被害を受け、今まだ断水・停電が続いている地域もあるようです。

メディアは内閣改造やあおり運転のことをメインに放映しているようで、そこまで大変なように取り上げられていないようですが、未だに大変なことになっているようです。フェイスブックで知人がシェアしているので、ここでシェアさせていただきます。少しでも、何かしら、できることを!! そして、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復旧を心からお祈りしております。

 

【拡散希望】
千葉県 館山・南房総地域を助けてください。

台風で壊滅的な被害を受けました。
写真に写っているのはほんの一部です。もっと酷い地域もあります。

停電、断水、通信障害、まだ続いている地域も多くあります。

電気がなく真っ暗、コンビニには何もない、ガソリンも入れられない、エアコンも冷蔵庫も使えない。

こんな状態が丸3日になります。

道路閉鎖、建物倒壊、猛暑、食糧不足、人手不足、ガソリン不足。

どうか助けていただきたいです。

支援物資の窓口は私が知るところでは
館山市役所、鋸南小学校です。

●千葉県館山市
館山市役所4号館 対策本部
0470-22-3442

●安房郡鋸南町
〒299-2115
鋸南町下佐久間2500
鋸南小学校
0470-55-0009

寄付をしていただけるという方は、ふるさと納税でも可能なようです。
https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/663

どうか、救いの手を差し伸べていただきたいです。

お願いします。

助けてください。

 

なかなか報道されない台風15号の千葉での被害状況をジャーナリストの堀潤さんが現地取材

https://togetter.com/li/1402799?fbclid=IwAR0v0haBq5tKyIs9A-BvkeenqCIHx4_EyJ0PA7s8-k6InO9wNrJ7F_-uAcE

 

台風15号で甚大な被害を受けたのに、まったく報道されない千葉県館山・南房総の様子 #台風15号

https://matome.naver.jp/odai/2156808762096005401?fbclid=IwAR0RJcoK2wY4I-uLzn8p6LVN6SdU4lY4nTy_QpvVju_H8TKgWzKsbd_2_B4

 

ふるさと納税で災害支援ができるようです。

https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/663?key=1ce154135874970cb9020c90c337a3da52b676c8&fbclid=IwAR0r5-7mrKiAA5a_ByPq55vOQR-NTE6iB-mqLuIJbi0g5ldd9vor2QWQBf0

 

千葉県災害関連情報

https://note.mu/leo_itoh/n/n12697c61eb00?fbclid=IwAR3xHWR21893ojpf_OiL8cFW5QhW9GE9f8WT-7OnqeuZoAGWWofZdsyLE38

 

 

通れた道マップ

https://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/?fbclid=IwAR2KNHs22Xnv7gbd0U1h8rvsCrkv7vJaF6eIEMIf8ZgjNh3spGcgMAVy6gQ

盆踊りとアーサナ

先週土曜、hifumi yoga近くの公園で地元の盆踊り大会がありました。

祖母は大の踊り好きだったことから、90歳を過ぎてボケてしまってからも、盆踊りの音を聴くと車椅子に乗りながらも手を振り体を動かしていたのを思い出します。

その祖母の思いをつないでいきたい、という思いがあり、また、父が盆踊りの太鼓を叩いているということもあり、ここ数年毎年この地元の盆踊りに参加しています。

 

最初は、地元の『吹上音頭』しか知らなかったのですが、昨年の盆踊りの後にYoutubeを見て、『炭坑節』やら『東京音頭』やら調べて練習してみたら、こりゃぁぁ楽しい!こりゃぁぁ面白い!と火がつきました。

この数少ない振りを、繰り返し、繰り返し、そして割と無表情で、淡々と踊る。

そして、世界でも他にない、この独特なビートの中で踊る。

 

これはーーーーー!!!

 

完全にトランスではないですか!!!笑

これを何時間も続けて踊ったら、、かなり楽しい境地にいくのではないでしょうか。。

 

 

炭坑節はこれを見て覚えました。

 

 

覚えるととっても楽しいのですね。

 

そして、みんなで輪になって踊る。

知ってる人もいるし知らない人もいるけど

みんなで踊るという行為そのものが、なんとも楽しい。

そして、輪になって踊る、それだけで和が生まれる。

こんな平和なことはないですね。

古代から、おそらく縄文時代から、

みんなで集って輪になって死者や先祖を思い踊っていたのだろうなと思うと、

悠久の時の流れを感じるし、この先も繋いでいきたいものだなと思います。

 

来年は、ぜひみなさんご一緒に!

どなたでも参加できますので、ぜひご参加くださいね。

 

 

盆踊りの良さは、振り付けが少なくてそんなに難しくない

そして無理がなく、老若男女、誰でもできる。

(阿波踊りのようなダイナミックな動きのものもありますが)

 

これって何かに似ている。

と考えていたら、あ!これはなんと、伝統的ヨーガみたいじゃないですか!

 

yoganomaとhifumi yogaで行なっている伝統的ヨーガクラスのアーサナ(ポーズ)は、パタンジャリのヨーガ・スートラ(PYS)のアーサナのコンセプトに基づいています。

 

<アーサナのコンセプト>

Sthira-sukham-asanam(PYS Ⅱ-46)

アーサナは、無理なく (楽で)安定したもの

<アーサナのやり方>

Prayatna-saithilya-ananta-samapattibhyam(PYS Ⅱ-47)

努力をゆるめ、無限なものに意識を向けていく

<アーサナの効果>

Tato dvandvanabhighatah(PYS Ⅱ-48)

そうすることで、葛藤がなくなる

 

 

まさに盆踊りも!

 

繰り返し(安定している)楽で無理してない/頑張ってない(努力をゆるめる)

死者/先祖(無限なものに没入したものたち)に意識を向ける

そうしてだんだん思考が減っていく〜 頭からっぽに=無意識状態(葛藤がなくなる)

 

ちょっとこじつけ気味ですが笑

 

でもヨーガ・アーサナ同様に、盆踊りも一つのストレス解消法やリラックス法になり得るのではないかなとも思いました。軽い運動ですしね。なんか楽しいし。上手い人もいればそうでもない人もいるけど誰も気にしてない。競うわけでもない。ま、いっか、みたいな気持ちになるし。ほどよく動いてほどよく疲れて、終わった後の心地よい脱力感。

でも本当に、昔から、こういう盆踊りや祭りが、社会のストレス・リリースの装置として機能していたのではないかと思います。だから、こういうものは、やっぱり続けていった方がいいのではないかと思うのです。

 

 

そして、ちょっと盆踊りについて調べてみると、平安時代の空也が起源だとか、さらにルーツは縄文時代の環状集落にまで遡るとか、色々な説がありますが、かなりの歴史を持つということですね。やっぱり縄文からかー。

 

「盆踊りの起源は縄文時代の環状集落にまで遡るという。縄文時代の環状集落では、中央に祖先神を奉り、その周囲に集団墓地を設け、さらにその外周に竪穴住居を環状・同心円形に配置していた。」

https://tocana.jp/2017/07/post_13691_entry.html

 

「古代の日本を体感する上で、盆踊りに着目する人は多いようだ」

https://blog.goo.ne.jp/hiroyuki-mori051201/e/8974ada434bab79743ed93a65dc53a1e

 

 

死者や先祖を囲み、踊るというのは、まさに私が祖母を想いながら踊ることにつながるなと思いました。

 

 

 

そして、この暑い夏の日、サマーデイに

神がかったように、のりうつられたかのように

天宇受売命(アマノウズメノミコト)のように

「踊りそのもの」になってしまった

(我も時もなくなり集中の対象そのものになる= サマーディ)かのように

一心不乱に踊り続けるサイコーの3歳児に

お腹を抱えて笑わせていただきました。

サマーデイにサマーディw

あぁ、その動画をとったのに、形式のせいでここに載せることができない!!

あぁ、残念でたまりません。。

 

来年はぜひ、その魂の踊りをみなさん、見に来てくださいw

 

 

 

自然の中へダイブする

先週末、第二の故郷である鴨川へ。

 

なんだか最近頭の中がぐるぐるごちゃごちゃして流れが滞ってるような気がして

これはもう大いなる自然の中へダイブするしかない!

と思い立ち、久々の波乗りに。

 

 

早朝4時半に海へ。

最近めっきり暑いのでシュノーケル用の薄手のパーカーとレギンスだけで大丈夫だろう

と思って海へ入っていったら水温が低くてびっくり。

波も低くてて周りは誰一人入っていない。

私は下手くそ初心者サーファーなので誰もいない方が気楽なので

あえて人気のない場所と時間に。

波はないけど、この空間は完全に独り占めという贅沢さ。

 

少しすると、山の合間から真っ赤なぼわぁっとした光が上がってきて

これから日の出だったのかと気づく。

 

真っ赤な太陽の周りに赤い光が神秘的にぼわわわ〜っと広がり

その光が山や海へ反射され

圧倒されるほどの美しい御来光を波待ちをしながら独り占め。

思考が完全にストップ。

 

もうその時点では体が冷えすぎてガタガタ震えるほどになっていたけど

あまりの美しさに我を忘れ、自然の中に没入。

 

 

波には1、2本、乗れたような乗れないような、、、苦笑

寒すぎてもう1時間もいられず海から上がってしまったけど、

あの御来光を拝むことができただけで、あぁ本当にここまで来てよかったと思えたし、

海に入るだけで一気に何かが削ぎ落とされ、浄化されるような気がして、

改めて自然の偉大さを感じました。

 

全く下手くそな私にとってのサーフィンは、うまく波に乗れるように頑張るというよりは、

自然の中へダイブする一つのツールなんだなと確認。

でも、ボードが波に乗り滑り出す瞬間のあのなんとも言えない気持ち良さは

他では得られないものですね。

 

 

住んでいる場所も決して都会ではないけど人工的に作られた街であり、

たまにこうして人の手が加えられていない大自然の中へダイブすることが

私にとっては必要なんだなと、改めて感じました。

そして5-6年ぶりくらいの自分のボードで海に入ったよろこびもアリ。

よき週末、よきリセットとなりました。