今年の梅干し2017

梅雨が明けたと思ったら梅雨っぽくなり、いつになってもお天気が続かない日々が続いてなかなか漬けた梅が天日干しできず、やっと台風が去り昨日は台風一過、朝からピカーンと強い日差しだったのでやっと干せる!と思い、朝からせっせと準備。

 

 

恐る恐る開けてみると、、、

良かった!カビてない!いつも開けてみるまで不安なのです。。。

右は光の具合で紫蘇が緑の葉っぱみたいに見えてますが、黄色いプラ鉢で漬けた梅。

 

6/5に漬けたもの。

【陶器のかめ】

4kg 梅 + 0.5kg シママース(塩分12.5%)

【黄緑プラかめ】

7.6kg 梅 + 1.0kg シママース(塩分13%)

紫蘇は6/26に。5束(700g)の紫蘇を使用。

(紫蘇は梅の重量に対して10-20%までが良いそう)

右は紫蘇を塩もみして絞った後、左はそれに上がってきた梅酢を混ぜたもの。

梅酢が入るとこんなに色鮮やかな美しい色になります!

 

【失敗したこと!!】

6月18日に完熟した梅をたくさんいただき、これまた漬けようと思ってアク抜きのため水に一晩漬けておいたら、翌日はドロドロになってしまいました。それでもなんとかいけるかな?と無理矢理漬けてみましたが、同じく昨日開けてみると白カビさんやら黒カビさんやら、、、

あとでネットで調べてみたら、完熟梅はアク抜きする必要はないのだそう!

完熟梅を水に浸してしまうと水分を大量に含んでしまい、カビの原因となるそうです。。

あんなに大きくてすっごいいい完熟梅8kgをダメにしてしまった、、、涙。

初の失敗。残念ですが、とてもいい勉強になりました。

おかげで来年はバッチリ失敗なくできるはずでしょう!

 

これが今年の分。やっぱり結構まだ梅が青に近かったので、固い感じです。。。固い梅になってしまいそう、、、うーん、梅を採る時期、漬ける時期のタイミングがなかなかむずかしい、、

 

最初に取った青梅

梅は本当にいい香りで、家でこうして置いておくと家中梅の香り。アロマ効果絶大です。

青梅は梅ジュースに

青梅1.5kg 氷砂糖1.5kg

交互に重ねて入れるだけ。だんだん梅のエキスが出てきます。

毎日少し振って、そのエキスを全体に混ぜる。

氷が溶けたら出来上がり!

簡単にできて夏のあつ〜い時にすっごく飲みたくなる美味しさです。

炭酸水割りはサイコーにオイシイ!

 

 

梅干しは、昨夜、一度梅酢に戻してもう少し色付けを。

さあこれから3日間カンカン照りで干せる〜。。。と思いきや、、、

昨日の夜から小雨、そして今日も曇り、、、

しょうがない、軒下に今日は干します。

 

なかなか自然は人間の思うとおりになってくれませんが、それを受け入れながら自然と共に生き、大いなる自然のほんの一部として生かされていることを実感させられます。

 

キューバとミャンマー

一昨年の7月に行ったキューバの番組が昨日と今日で再放送されます(した)。

もう再放送は3度目くらいのようで、番組的に評判が良かったのではないかと思うと嬉しいですね。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92515/2515595/index.html

 

NHK BSプレミアム 本日7月28日(金) 11:45〜(59分)

鶴田真由のキューバふしぎ体感紀行「船でめぐる カリブの大自然」

真由さんの旅に同行し、番組宣伝の写真なども撮影しました。

8月にも同じシリーズのミャンマー編(2014年)も再放送されますので、まだご覧になっていない方はぜひ!

後編の象に乗るシーンは私もチラリと登場します^ ^

NHK BSプレミアム  鶴田真由のミャンマーふしぎ体感紀行

前編「人々の夢 鉄道の旅」     8月23日(水) 15:00-16:29 

後編「自然と生きる 大河の旅」8月24日(木) 15:00-16:29

坐禅会・夏のおやすみ

春から7月末までほぼ毎週日曜日から行っていました熊谷・東竹院での坐禅会は夏のおやすみに入りました。再開は8月最終日曜日からとなります。坐禅会前のヨーガは、9月の2週目から、9/10(日)から再開となりますので、よろしくお願いいたします。

 

【坐禅前ヨーガ】 

9/10(日)から年末まで ほぼ毎週日曜  7:15〜7:45

※不定休ですので、ブログの「今月のスケジュール」をご確認ください

 

いつも、前期の終わりと年末はお寺の大掃除を坐禅会と写経会の皆さんで行います。40分程度ですが、今回はありがたいことに、本尊の釈迦如来の裏に御鎮座される観音様と道元禅師、瑩山禅師の周りの拭き掃除を担当させていただきました。こういうお寺のお掃除をみんなで終えるととても清々しい気持ちになります。

 

掃除後はいつも、玄米粥を曹洞宗流のお作法で皆さんでいただきます。

このお作法、ちゃんとやるのは相当大変です。。

 

以前に、兵庫県の禅寺道場、ドイツ人のネルケ無方住職の安泰寺に10日間程度滞在したことがありますが、食事作法の細かさと複雑さと厳しさに全く食べた気がしない、、という苦い経験をしましたが、ここでは簡単なお作法で行いますので美味しく味わっていただけます。

そしてこれがとても美味しいのです。半年に一回の楽しみです。

 

 

今はもう安泰寺、短期滞在を受け入れていないようですね、、

私が滞在した時は5日接心という5日間坐禅をするというものに参加しましたが、10日間のヴィッパーサナ瞑想よりも何よりもものすごーくツライ、、、。11月の兵庫の山奥はもう関東の真冬のように寒く底冷えする中、裸足で、45分間坐禅+15分経行(きんひん:牛歩のようにゆっくり歩く瞑想、ただし3回目だけ猛スピードで歩く)x 5回を1日3セット、計15回の坐禅を行うというもので、食事は2回(それも猛スピードで作法に則り食べる)、4日間お風呂も入れない、5日目の15時に終了し、やっとお風呂に入れるという苦行。

 

我ながらよくあんな大変なことやったな、と思います。笑。

 

当時は自分を一旦ゼロに、無にして、自分を大きく変えたかったのかな、と今振り返ると思います。でもそういう経験が今に生きているのかと思うと、無駄ではなかったと思えます。

 

探してみたらその時の体験記がブログに残っていました。

ご興味ある方は見てみてくださいませ。

https://amarananda.wordpress.com/2011/11/08/ただ、坐る%E3%80%80just-sit/

 

8月のクラス予定

 

梅雨明けしてさらに暑さ真っ盛りですね。夏バテ予防にもヨーガの練習続けましょう!

 

6月に行われたキャンドルナイト・ヨーガ。大変好評でしたので#02を来月行います!

前回参加して癒された方、前回参加できなかった方、どうぞご参加下さいませ。

Candle Night YOGA キャンドルナイト・ヨーガ #02

6/24(土) 17:00-19:00 @yoganoma

この日はたくさんのキャンドルの灯に囲まれ幻想的な雰囲気の中でヨーガを行います。

ハタ・ヨーガの浄化法クリヤの一つでキャンドルの火を瞬きをせず見続ける「トラータカ」という手法も行います。涙がどばーっと流れたり目の疲れが癒されたり、思考が静まったり、などさまざまな効果が期待できます。

 

普段のクラスでは味わうことのできない神秘的な時空間をお楽しみください。

詳細は前回のブログで

https://amarananda.wordpress.com/2017/07/20/キャンドルナイト・ヨーガ-02/

 

 

☆ 8月のクラススケジュール

 

【加須教室 yoganoma】

☆水曜 tuesday   8/2, 8/9, 8/16, 8/23  AM10:00〜11:40

☆土曜 Saturday  8/5, 8/12, 8/19 AM10:00-11:40

☆日曜 sunday 8/6,  8/20, 8/27  PM4:00〜5:40

 

【鴻巣(吹上)教室 hifumi yoga】

☆火曜 tuesday   8/1, 8/8, 8/22, 8/29  AM10:00〜11:40

※8/29(火)はAyumi先生による代行クラスとなります。以前にhifumi yogaクラスに参加されたことがある方に限らせていただきます。参加されたい方は事前にメールいただくか、クラスに参加の際ご予約ください。

☆日曜 sunday 8/6, 8/20,  8/27  AM10:00〜11:40 

 

※前日の22:00までに予約が定員に満たない場合はクラスをキャンセルさせていただくことがあります。ご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

※【小学生以下のクラス参加について】

今年からより一層瞑想的なクラスを行っているため、小学生以下の参加はできるだけ控えていただければと考えております(中学生から可)。皆様のご理解、ご協力に深く感謝いたします

【クラス料金】

※2016年10月15日より料金変更させていただきました

初回体験トライアル 1000yen

ドロップイン(1回のみ) 1500 yen

5回券 6000 yen

10回券 11000 yen

◎回数券について

・期限はありません

・ご家族ご友人と共有してお使いいただけます

・加須教室yoganomaと鴻巣(吹上)教室hifumi yoga両方でお使いいただけます

・以前の5回券も引き続きお使いいただけます

 レンタルマット Mat Rental  1回 100 yen

※クラスは前日までに以下のメールあてご予約お願いします。

brillantiempo@gmail.com

【場所 】

∞ hifumi yoga ひふみよが 鴻巣(吹上) ∞

埼玉県鴻巣市南1丁目(吹上小学校裏手)

JR吹上駅南口より徒歩7分

 

∞ yoganoma ヨガノマ加須 ∞

埼玉県加須市諏訪2-9-35

東武伊勢崎線加須駅より徒歩15分

加須市役所より徒歩2-3分

キャンドルナイト・ヨーガ #02

6月に行いましたキャンドルナイト・ヨーガ、またやってほしい、というお声をたくさんいただきましたのでまた8月に行います!今回は人数を少し減らして15名限定とさせていただきますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください(先着順)。

前回同様、クラスの後半は、ハタ・ヨーガの6つの浄化法(シャット・クリヤ)の一つである「トラータカ」も行います。十分に目の運動を行ってから、キャンドルの火を瞬きをせず数分見続けるというテクニックで、早い方は1分くらいでどばーっと涙が溢れ出たり、目の疲れを癒し思考も深く静まったりと、様々な効果が期待できます。実際、とても目がすっきりした、頭もすっきりした、眠りにつきやすくなった、とのお声が多数あり、効果てきめんなようです。普段のクラスではできない貴重な練習ですので、ご興味ある方はぜひお時間をつくってご参加ください。

【キャンドルナイト・ヨーガ #02@yoganoma】

※残席2名となりました!ご予約はお早めに!(8/6現在)

2017年8月26日(土)   17:00〜 @yoganoma加須教室

16:45集合 キャンドル準備/シェアリング

17:00-18:30 瞑想に向かうためのハタ・ヨーガ

18:30-19:00 トラータカ

19:00- シェアリング・解散

終了後、お時間ある方はyoganomaでポッドラック(一品持ち寄り)ディナーしましょう!

 

<参加費> 2000円(米麹甘酒とお茶つき/回数券お持ちの方は1回分プラス500円)

<持ち物>ヨガマット(マットレンタル(100円)もあります)動きやすい格好(チャック、ベルトなどない服、ストッキクング不可、着替えもできます)お好きなキャンドル1個以上とキャンドル受け

※クラスの内容上、12歳以下のお子様のご参加はご遠慮いただいております。

 

参加ご希望の方・お問い合わせはこちらのメールまで

brillantiempo@gmail.com

 

 

どくだみで化粧水〜自然療法について

昨年の6月に仕込んだドクダミチンキ。

https://amarananda.wordpress.com/2016/06/03/嫌われもののどくだみを使おう!/

 

結局1年間放置してしまい、、(苦笑)、やっと今になって虫除けスプレーや化粧水にしよう!と1年越しに動き始めました。花と葉っぱ、両方を35度のホワイトリカーに漬け一年。こんな綺麗なウイスキー色になりました。香りもあのどくだみ臭さは全くなく、ちょっとフルーティないい香りです。

 

これをこのまま虫除けスプレーとして使えるそうです。

あとは、これを使って化粧水に。

 

精製水 80ml

どくだみチンキ 10-20ml

グリセリンorハチミツ小さじ1/2

 

自然なものから手づくりするのはいいですね!

手間はかかるけど、作る過程と出来上がりの楽しみと、自分で作るので余計なものが入っていない、自然なもので作っている、という安心感があります。

使うのが楽しみ!

 

 

先日は『自然療法/ナチュロパシー』について、インドの自然療法医の先生からお話を聞きました。

インドで自然療法は代替医療ではなく、ヨーガとセットとなって統合医療の一つとして正式に政府から認定されています。

最近日本では、ヨガを勉強する人はアーユルヴェーダも、、と、ヨガとアーユルヴェーダがセットのような風潮になっていますが、実はアーユルヴェーダは様々な薬草をベースとした薬やドクターに頼らなくてはならず、逆にヨーガと自然療法は自分のことは自分でケアする、そしていかにお金をかけないか/ドラッグレスというのが自然療法のルールらしく、そうした観点から、ヨーガと組みになるのは自然療法になるのだそうです。インドではアーユルヴェーダはお金持ちしかかかれないそうです。確かに、オイルをたくさん使ったりしますものね。ヨーガも究極言えばマットもプロップス(道具)もいらない、自分の体一つでできるという究極のミニマリズム。本来お金かからないものです。昨今はウェアやマットや代謝をあげるジェルやら様々なワークショップやら、巨大ビシネスになっていますが、、、

 

日本でも東城百合子先生の『自然療法』という本がありますが、薬に頼らず、いかに自然なものを使って、私達が本来持つ自然治癒力を呼び戻し高めていくかというのは、自然と共に生きてきた日本人にはすんなりと落ちてくる古からの知恵だと思います。

これは本当に一家に一冊で、冬場はこんにゃく湿布をしたり、風邪を引きそうな時とか頭痛の時とか、何かと困った時は開いて実践させていただいています。ここにもヨーガアーサナが出てきます。やっぱり自然療法とセットなんですね!