2月クラスとヴィパッサナー瞑想

open your eyes and look up to the sky and see…

 

 

少し早いですが2月の予定です。

2月は、10日間のヴィパッサナー瞑想コースへ参加するため長期でお休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

皆様のご理解に深く感謝いたします。

 

【クラス休講期間】2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

*2/6(水)夕方から2/17(日)午前中まで、携帯・PC一切使用できませんので、ご連絡をいただいても返答は2/17(日)午後以降になりますので、どうぞご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。

 

 

ヴィパッサナー瞑想コースとは。

丸10日間、1-2時間ずつトータル1日10数時間瞑想する瞑想合宿コースで、その間、誰とも話してはいけない、電話・携帯・スマホ・本など一切見ない/使わない、本を読んでも書いてもいけない、人と目も合わせてもいけない、1日2食菜食主義の食事で、ひたすら自分と向き合う瞑想(集中)練習コースです。世界のいたるところにある瞑想センターで、全てがドネーション制度(寄付)で成り立っており、初期仏教の瞑想法ではありますが、非宗教団体です。日本では京都と千葉にセンターがあります。

 

現在は、脳科学によってもその効果が実証されていることから、世界的にマインドフルネス瞑想が注目されており、巷の本屋でも瞑想についての本が平積みにされているほど『瞑想』というものが広まってきたように思います。それもあってか、ヴィパッサナー瞑想コースも、コースの二ヶ月前から受付開始されますが、その日に申し込まないとすぐに満席になってしまうほどの人気のようです。

 

詳しくはこちら

https://www.adicca.dhamma.org/ja/

 

私は9年前に北インドのDheradunという町で1度コースを受けましたが、涙が出るほど痛くてツラかったり発狂しそうになることもありましたが(笑)、他では得られない非常に深い経験でした。今回は千葉で受講しますが、久しぶりにどのような経験が待っているか、とても楽しみにしています。

 

 

そのこともあり、また、参加者の方からのご希望もあり、2月の土曜日に2回ほど

 

『1時間坐ってみる』

 

というクラスを行います。

一人で1時間坐ることも難しいし、通常クラスでは長くても10分くらいしか坐らないので、瞑想を中心としたクラスをあえて設けて皆さんに体験していただこうと思います。

なかなか10日間もヴィパッサナーなんかに行けない!けど長い瞑想練習を体験してみたい方、など、ご興味ある方はどうぞご参加下さい。

 

【瞑想のためのクラス】

2019年2月2日(土)10:00-11:40 

30分程度のアーサナ・プラーナーヤーマの練習後、1時間瞑想

2019年2月23日(土)10:00-12:00 

30分程度ヴィパッサナー瞑想について説明

30分程度のアーサナ・プラーナーヤーマの練習後、1時間瞑想

(*参加費は通常通りです)

 

 

広告

yoganoma初のスイーツ教室

先日水曜クラスの後、yoganoma初の Vegan Sweets ヴィーガンスイーツ教室を行いました。

いつもご参加してくださっている方からのご希望があり、2日前に急遽水曜クラスに頻繁に参加されている方々にお声がけしたところ、急にもかかわらず合計5名の方がご参加してくださいました。

 

Vegan ヴィーガンとは、、

Vegetarian ヴェジタリアンのさらに上をいく菜食主義

 

Vegetarianは卵や乳製品も含みますが、Veganは卵や乳製品など一切の動物性のものを含まない食品だったり主義であって、マクロビオティックと似ています(マクロビはごくたまにお魚とかも取り入れるようですが)。

Vegan sweetsは、卵・乳製品、そして白砂糖も使用しないで作られたお菓子です。

 

白砂糖は精製されているため血糖値もがーんと上がりやすく、中毒性も非常に強く、またからだを冷やすので、できるだけ控えめにしたいですね(冷え性や便秘の方は特に白砂糖を控えると結構改善されるかもしれません)。

Vegan系のお菓子の甘みはてんさい糖やきび砂糖、メープルシロップなどを使用するところが多いですね。

 

私は、yogaをはじめてからしばらく主に(ゆるい)vegan主義をしていました(マクロビオティック的な)。玄米菜食主義を7-8年くらいしていたのかな。そして前にもよく話に出てきた千葉の鴨川でライフラインもないゼロからの自給自足的な生活を共にしていたLove&Riceの時代に、カンマタカヤの奥さんのまゆこがvegan sweetsを作り販売もしていて、彼女に教えてもらったものを自分でアレンジしたり、代々木のアースディに出店するときお手伝いをしたり、マクロビの料理家の中島デコさんのレシピ本でよく作ったりして、だんだんと自分のレシピができてきたのです。

最近でこそマクロビスイーツとかいう名で、コンビニやスーパーでも販売されるようになりましたが、数年前はそういう場所へ行かないと買えないし未だに割と高いので、自分で作った方が安くて美味しいし、たくさん食べられる!笑 そしてマクロビ/ヴィーガンスイーツは、卵やバターなどを使う洋菓子の繊細な工程は全然なくて、多少のグラムが違っても大丈夫だし、ざっくりでそれなりに美味しくできてしまう、大ざっぱな私には本当にぴったりなのです。

私は小麦粉を使いますが、グルテンアレルギーの方は、米粉とかでも簡単に作れるかと思います。

自分で食べたい時に食べたいものを作れるのはいいよね!

 

 

今回のスイーツは

『レモンピール&チョコ Veganスコーン』

レモンピールが足りなかったので(笑)ゆずピールも足して、チョコはオーガニックのチョコドロップ、甘みはてんさい糖を使用しました。

丸型でくり抜き作業。

 

いつも一人でやっていることをみんなでやるととっても楽しーーーー!のですね!

皆さんもとても楽しそうでした!

 

オーブンは、このかなりの愛用デロンギのコンベクションオーブン。

この子はもう本当にダイヤルが温度と時間の2つしかなく、シンプルで小さいけどコンベクションなので熱まわりがとても良く、パンとかもすごく美味しく焼けるしピザストーンも付いているのでピザも焼けるし、かなりの優秀モノ!シンプルなものって今時少ないので、この子は本当に大好きです。下がぱかっと開くので、お掃除も楽チン。今日はyoganoma部屋でのスイーツ教室なので、軽いからキッチンからこの床の間へ手軽に移動してきました。

 

 

焼けたよ〜

 

そしてみんなでお紅茶をいただきながら試食会。

 

う〜ん。

お天気も良くてあたたかいお部屋で、みんなで出来立てのスコーンをいただくなんて、

なんという幸せ〜

平穏で満たされるひとときでした。

世界平和はこういう小さな幸せからだね。

 

yogaのプラクティスはみんなでやっているけど一人の世界に没入していくものなので、こうしてみんなでワイワイしながら一つのモノを作っていくのも楽しいものですね。

 

また次回もやりたいと思いますので、ご興味ある方はぜひご参加くださいませ。

このスイーツ教室はドネーションで行いました。

ドネーションだとやる側としてはお気楽でありがたいです!笑

 

続いて

バナナチョコくるみマフィン とか

アーモンドビスコッティ とか

 

やるかと思いますのでどうぞお楽しみに。

 

 

 

ヨーガ初め後の新年行事

先週1月6日(日)は、hifumi yoga&yoganoma教室ともに、今年初ヨーガクラスでした。

午前10時からのクラス始まる直前に、ちょうど部分日食が始まり、参加された方でちょうど日食用のメガネ(?)を持っている方がいて貸してもらって眺めると、本当に綺麗に欠けていた!!なんだか欠け具合が可愛らしかったです。

 

今年のヨーガ初めは新月、日食、そして一粒万倍日、という何かのはじまりには本当に最適な日だったかと思います。

 

まず初めに、hifumi yoga教室内の小さな神社へ皆さんでお参りをし、その後皆さんの今年の抱負をお話ししていただいてからクラスを始めました。

 

そしてクラス後は、今年初のこころみである『新年行事』を行いました。

皆さんで焼いた餅をいただきながら、今年の漢字や人生の漢字を書き初めしていただいたり、『日本の神様カード』を引いていただいたり、なんだかニッポンのお正月らしいいい時間だったなぁと思います。

何十年ぶりかの書き初め!

自由に好きな字を好きに書けるというのは楽しいものですね。

 

みんなの一文字

 

そして神様カード

 

適当に引く感じですが、これがなぜかけっこう当たるのですよね、、不思議と。。

 

 

夕方のyoganomaクラス後も新年行事!

夕方なのでちょっとまた宴的ですが、、、笑

 

ニッポンのお正月はやっぱりいいものです。

また来年もやりたいと思いますので、どうぞみなさまご参加くださいませ。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2019年1月クラス予定

謹賀新年

2019年亥年

平成最後の新年、明けましておめでとうございます。

昨年も本当に多くの方と出逢い、語り、広がり、助けられ、大変お世話になりました。

本年もまた皆様にとって充実した平穏な年となりますよう、心よりお祈りいたします。

どうぞ本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

yoganoma加須教室およびhifumi yoga鴻巣(吹上)教室はともに

2019年1月6日(日)新月●そして部分日食の日がヨーガ初めとなります。

 

新月は、何かを始めるのにとても良い日ですので、ヨーガ初めにはぴったりの日ですね。

そして日食ということもあり、何やら新しい年に覚悟を決めて臨んでいくというようなタイミングのようです。

 

星や新月の願い事について詳しくはこちらで ↓

http://charkhanote.com/2019/01/01/new-moon-in-capricorn-jan/

 

また、今年5月は日本の中心である天皇陛下の退位と即位がありますので、日本全体が非常大きく変動するときですね。ただ単に年号が変わるので私たち一般人も影響を受ける、といった単純なレベルの話ではなく、エネルギーレベルにおける地殻変動のような非常に大きな影響があるのではないかと、漠然と感じています。

なので、ここで私たちも新たな時代に向かって、改めて自分自身を見つめ直し、ここからどこへ向かってどう歩いていくのか、自分自身と深く向き合う時間がとても大切ではないでしょうか。1月の新月は、そうした時間には最適かと思います。

 

 

【2019年ヨーガ初めクラス】

hifumi yoga 吹上(鴻巣)教室

伝統的ヨーガクラス  10:00-11:40

お餅と新年行事  11:40-13:30頃(希望者)

yoganoma 加須教室

伝統的ヨーガクラス  16:00-17:40

お餅と新年行事  17:40-19:00頃(希望者)

◉いずれのクラスの後も、新年らしくお餅をいただきながら、ご希望される方に『日本の神様カード』を引いていただいたり、あなたにとっての『今年の漢字』一文字、あるいは『人生をあらわす漢字』一文字を書き初め的に書いていただいたり、『新月の願い事』をご自分なりに紙に書いていただいたりと、お時間に余裕がある方は新年らしい時間をご一緒に過ごしましょう!(参加費無料)

 

今年の最後はコレしかない!We Are The Champion!!!

ここ数年、毎年締めくくりはマイケルでしたが、、

 

今年は何と言ってもコレだーーーーーーー!!!!!!

 

Queen!!!!!!!!!!!!!!!!!

まだ観てない方、早く観てください笑

泣けます。そしてアツくなる!!!

これを観てからもうずーっと寝ても覚めても頭の中はQueenの音がループしています。

 

フレディーマーキュリー、ってこんな人だったのか、、と、ただのゲイのマッチョでランニングか上裸みたいなアメリカンのイケイケロック、だとばっかり思い込んでいたのだけど、UKだし、そしてフレディ自体はイラン系インド人だし(インド人というだけでなぜか親近感が湧いてしまう笑)、そしてさらに、世界最古の宗教と言われいてるゾロアスター教だったという!!(コレまたすごい親近感笑)。ゾロアスター教の葬儀は鳥葬か風葬らしく、フレディも風葬だったそうです。

 

“Anyway the wind blows…”

 

そう言われると色々と腑に落ちるところがいっぱいで、幼少期はムンバイで過ごして、ボリウッド映画にとても影響を受けたそう(だからあの歌やパフォーマンス)。

そして、どうでもいいネタですが、フレディと私は誕生日が一緒。笑。

すごい親近感です。笑

 

あと、マイケルとも交流があったようで、マイケルにAnother One Bites The Dustという曲を提供したら、その当時のQuincy Jonesがそれは売れないだろうと断ったので、Queenがそのままその曲をリリースしたら大ヒットしたので、マイケルは悔しがった、という逸話。その音がかっこよかったので、それに影響を受けてできたのが、Billy Jeanだとか。

やっぱりマイケル好きはQueenの映画観るとみんなQueenにハマっている!

何か通ずるものがある気がします。

 

映画『ボヘミアンラプソディー』最後の20分くらいの、Live Aidのライブがもうサイコーすぎました。そしてそのwe are the championの歌詞とか、もう、ほんと、泣けてくる。。こういう意味だったのか、、この唄って、、ただ単に、オレ様たち王者だぜー!イエーイ!っていう、男気だすオラオラ系の曲だとばっかり思っていましたが、大スターになる前もなった後も非常に苦難な道を生きたフレディの人生が詰まった曲なのだと知り、このライブ映像を見るたびに思い出して泣けてしまいます。

あー、もう一回観たい!

 

 

We Are The Champion!!!

 

これで今年はアツくなって終わりましょう!

どうぞみなさま良いお年を!!!

 

 

今年最後のクラス&忘年会

昨日は、yoganoma今年最後のクラス&忘年会でした。

今年最後のクラスも大勢の方にご参加いただきました。最後なので長めの15分くらいの瞑想時間を取り、強風の中自然の音を聴きながら、shantiで心鎮まる満たされた時間となりました。

ポッドラック忘年会は、皆さんがそれぞれ手作りしてくださった美味しいおかずやピザ、美味しい日本酒や珍しいラム、特大イチゴ、などなど、贅沢で美味しさいっぱいで本当に嬉しいかぎりでした!久しぶりのみんなや、杵でついた手作り玄米餅を縁側で焼きながら振舞ってくれたご家族(谷川農園さん!)、ちびっこたちもたくさんいて、本当に賑やかで和やかで温かい時間となりました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!

またもや親戚一同か村の集会所での集まりみたいでした^ ^

ユニークで個性豊かな様々な方々が集まり、ここでつながって話が盛り上がったり、また違う形でつながっていくというのは、自分の思い描いていたことでもあるので、それがだんだんと現実化していっているのを見ているのはとても嬉しく感じています。面白く楽しく心豊かにピースフルな和がここからさらに広がっていったらいいなと思っています。

 

そして、2018年、今年も無事に、そして多くの方に、yoganomaそしてhifumi yogaとご参加いただきクラスを続けることができました。今年も一年、ご参加してくださった皆様に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!皆さんがご参加してくださっているお陰で、私も自分にとってのpeaceの時間を皆さんと共に過ごすことができ、本当にありがたい限りだと感じております。

 

2019年も

皆さんにとって心豊かで穏やかで充実した年となりますよう

心よりお祈りいたしております

 

 

 

 

冬至のスートラ勉強茶会〆

勉強会の準備を含め師走で何かとバタバタし、blogも丸2週もご無沙汰しておりましたが、先週土曜12月22日冬至の日 vol.2ヨーガ・スートラ勉強会、最後の回〆の日となりました。

 

今年の夏に始めたスートラ勉強茶会。

まぁこんなマニアックな会2-3名しか来ないだろう、、と気楽に考えていたところ蓋を開けてみるとvol.1でも毎回10名前後、そしてまさかvol.2はそんなに来ないだろう、、と思いきや最大14名の回もあり、毎回10名以上ご参加していただいたという、私にとっては驚異的な参加者数となりました。こちらも思いついた当初は軽い気持ちで考えていましたが、そんなに大勢の方に参加していただくことがわかり、慌てて(笑)かなり必死に資料をまとめたり自分でさらに理解を深めようと勉強し直したりと、私自身にとっても更なる深い学びとなりました。

また、ご参加の皆様からご質問をいただき、自分の理解の弱かった部分に気づかされ、また終わりに皆さんの感想や考えをシェアリングしたりディスカッションしたことで、非常に濃密で有意義な時間となり、私自身にとっても精神的な成長に繋がったと確信しています。

 

最後の回は冬至、そしてクリスマスも近かったこともあり、yoganomaイベントでもおなじみであり友人の天然酵母パン屋ツキモバザールのスペシャル手作りシュトーレンを皆さんでいただきました。

hifumi yoga、yoganomaご参加の皆様から注文を受け今年で2回目ですが、開けた瞬間の  wow!!!  と感激してしまう手の込んだ可愛いデコレーションと、その見た目に全く劣らない美味しさは、ほぼ全員リピーターとなってしまうくらいのものです。クラスにご参加されている皆様は来年またご注文していただけますので、どうぞお楽しみに。

 

和風の部屋でテーブルを並べて毎回勉強茶会を行なっていましたが、人数がこれだけになってくると、まるで正月の親戚一同集合の宴会かのようになっていましたw 酒はありませんがw

大変ありがたいことに、ご参加された皆様から、まさかの(笑)またやってほしい、という声を多くいただきました。また、仏教や神道など日本の精神性についても学びたい、という声もいただきましたので、次回はヨーガ・スートラは私たちにとって必要な部分に少し絞り、それと合わせて日本の宗教・精神性についてをさらに取り入れた勉強茶会を実施できればと妄想しております。まだ妄想段階なので、実現するかは謎ですが、、。

もし、スートラ勉強茶会にご興味があり、参加してみたいと考えていらっしゃる方は、どうぞメールやクラスにご参加の際にお伝えくださるとありがたいです。その希望者数が一定数に達したら、開催方向で考えていきたいと思っております。

 

それにしても、これだけ多くの方が、しかも熱心に東京や群馬からも通ってくださった方もいたことは、私にとっては本当に驚きでしたが、ヨーガ・スートラだけを教えてくれるところが少ないとか、ドネーションという形で開催できたことも大きかったのかなと考えていますが、それにもまして、今、こうした過度のストレス社会や自然災害が多発するような非常に不安定な時代、そして宗教ではなく『宗教性』を見失ってしまっている日本において、なにか、目に見えない世界の話や哲学的な思考について自由に語れる場のようなものを、実は多くの方が必要としているのではないかと感じました。宗教でもなく、新興宗教でもなく、家族や親戚とのつながりだけでなく、感覚が共有できる人たちとの横のつながりを感じながら一人一人がしっかりと地に足ついて立つための、なにか確認のような場というか時間というか。

日本古来にあった、村での『結(ゆい)』のように、誰かの家の屋根を葺き替えるとなれば、みんなで出かけて行って直し、それが終わったらまた次の家にみんなで行く。そういう血のつながりを超えた人と人とのつながりが当たり前にあった時代から、隣の人や向かいの人とも会話ではなくスマホでやり取りしたり、交通機関も買い物もすべて無言で済むという、生身の人間とのつながりや対話が希薄化してしまった時代に、こうした横のつながりや対話はとても必要なのではと感じています。

 

ま、これはちょっと行き過ぎた考えかもしれませんが、実際に、こうして特に知らない者同士が集まって、回を重ねるごとにつながりが深まり、思いや考えを自由に話し合えるのは非常に有意義で楽しく、スートラなど特に目に見えない世界の話は訳がわからないところだらけだけど、そういう精神性の話は何かとても深く響き、心を豊かに満たしてくれる時間だと感じてます。

 

ご参加してくださった皆様には、改めて心より感謝申し上げます。

本当に、貴重な時間をありがとうございました。

また来年もなにかしらやりますので、ぜひまたご参加ください!