コロナ対策!その2〜家庭でできるウィルス対策

新型コロナウィルスについて、ここ1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であると政府から発表がありました。

hifumi yogaおよびyoganoma教室では、免疫力を高めるため、そして不安や恐怖が蔓延している時に心の平穏を保つためにも、できる限り通常通り開催していくつもりでおります。

つきましては、ご参加される皆様には以下についてご注意いただけますようお願いいたします。

*体調不良の場合はクラスの参加を控える
*教室に入ったらまず、うがい・手洗い・消毒を徹底する
*クラス中もまめに水分補給をする
*マットだけでなく、心配な方はブランケットもご自分のものをご持参ください
*クラス中は定期的に換気させていただきます

そして、コロナ対策!今できることとして、先日ブログに私なりの意見を書きましたが、

マクロビオティック家の岡部賢二さんが以下のように『家庭でできるウィルス対策』ということでまとめられていましたので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

不安や恐怖が蔓延していますが、必要以上に不安にならず、メディアにあおられすぎないよう(買いだめしたりとか)、できることをして、かかったとしても重症化しないような体と心を作っていくことが大事だと考えます。

【家庭でできるウイルス対策】

新型コロナウイルスが流行っていて、心配されている方も多いと思いますので、簡単にできる対策について解説いたします。

アメリカでもインフルエンザB型が大流行していて、昨年末~今年にかけて1,900万人が感染し、そのうち亡くなった方が1万人を超えています。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、アメリカではインフルエンザが大きな脅威になっています。

ですから、新型コロナウイルスだけが問題ではなく、ウイルス全般に対する対策を講じる必要があります。そこで身近なものを使って簡単にできるウイルス対策をご提案させていただきます。

ウイルスの特徴は、プラスイオンの多い環境で活性化し、マイナスイオンの多い環境では電気的に中性化して死滅する事です。

ですから、電磁波を発する電子機器の使用頻度を減らし、時々マイナスイオンの多い自然の木々の中で過ごすとよいでしょう。

豚インフルエンザが流行った時に、シャープのマイナスイオン発生器が大ヒットしましたが、部屋の中を加湿すれば、同じ効果が得られます。

ヤカンや鍋から発する水蒸気にマイナスイオンが大量に含まれるからです。料理も煮物や蒸し物を増やすと体内にマイナスイオンが入り酸化還元力が高まって免疫力が上がります。

発酵食品全般もマイナスイオン(マイナスエレクトロン)が豊富に含まれるので、味噌汁や漬物、納豆、甘酒、塩麹といった食べ物を増やすことがで、ウイルスへの抵抗力が増します。

ウイルスが好きな食べ物が白砂糖と卵、乳製品、お肉です。ウイルスを培養するワクチン工場では、それらの食べ物を用いて培養しています。

市販のケーキやアイスクリーム、チョコレート、菓子パン、焼肉といった食べ物は、感染症が収束するまでは、あまり食べない方がよいでしょう。

ウイルスの嫌いな食べ物は塩気と酸です。クエン酸などの強力な酸と塩気を合わせ持つ梅干しに敵うウイルスはいません。

 

梅干は世界最強の、しかも副作用のない抗生物質だといえます。梅干を漬ける時に滲み出てくる梅酢も強力な殺菌剤になります。

私はスプレー容器に梅酢を入れ、2~3倍に薄めて持ち歩き、定期的に口の中に噴霧しています。マスク以上の効果が期待できます。

20種類以上のアミノ酸と塩気のある醤油にも同じ効果があります。また、三年番茶のカテキン(渋み成分)にも抗ウイルス作用があることが分かっています。

マクロビオティックの手当て法の梅醤番茶(梅干しと醤油同量をすり鉢で摺ってペースト状の梅醤にし、小さじ1杯の梅醤に煮出した熱々の三年番茶を150ccくらい注いで混ぜたもの)は、感染症の予防役としては、最強のものなので、毎朝飲むようにしてください。

万が一、感染してしまった場合には、葛湯か黒炒り玄米スープに梅干しの黒焼きを耳かき2杯程度入れて飲めば、症状が和らぐでしょう。

梅干しも梅酢も抗菌・殺菌・防腐剤として働きますが、梅干しの黒焼きは、世界最高レベルの副作用のない天然の抗生物質といってもよいでしょう。

太陽の紫外線には、強力な殺菌、抗菌作用があります。食品の製造工場の天井や、新幹線のトイレには紫外線殺菌灯がつけられていて、病院のメスや注射針も紫外線で殺菌されています。

冬場は太陽紫外線量が減るので、有害細菌やウイルスが繁殖しやすく、梅雨時に食中毒菌がはびこりやすいのも、理由は同じです。

日本人は、紫外線が減少する冬場と梅雨時には、太陽に晒した天日干しの乾物で紫外線を補ってきました。ですから、切干大根や高野豆腐、干し椎茸、かんぴょう、干しわかめ、海苔といったものを食べておけば、免疫力が上がります。

1982年、イギリスの科学誌「ランセット」で、太陽紫外線には発がん性がなく、蛍光灯などの人工紫外線を発する機器に発がん性が見られたことが報告されています。天気の良い日は、太陽の光をありがたく浴びましょう。

肺炎は肺の中に水が溜まることで炎症が起こります。これを水毒といいます。これを抜くには、利尿を管理している腎臓の働きを高めてあげればよいです。

小豆は腎臓の食薬で、優れた利尿作用があります。玄米小豆粥や玄米小豆ごはん、小豆昆布、小豆かぼちゃといった食べ物で水毒が抜けやすくなります。

沼地で育つレンコンにもまた利尿効果があり、呼吸器の水はけを良くしてくれます。ヒジキや高野豆腐、切干大根といった乾物にも、天然の乾燥材として水はけを良くする働きがあるので、ひじきレンコンや高野豆腐と切干大根の煮物がおすすめです。

アメリカのウィスコンシン大学の研究で、いつも前向きで明るい人は感染症にかかりにくいと報告されています。

恐怖と不安のネガティブな波動がウイルスを引き寄せるので、日々嬉しい、楽しい、幸せという気持ちで過ごしていれば、感染する事はないでしょう。

ムスビの会 岡部賢二

参考記事 食の効用ABC(岡部賢二の連載記事)詳しくはコチラ

 

岡部さんが最後に『日々嬉しい、楽しい、幸せという気持ちで過ごして入れば、感染することはないでしょう』と書かれているのは、本当にそうだなと私も思っています。

そこで最後はこれを!

武漢に住むインド人500人が感染しなかったと聞いて私は「さすがインド人!!菌に強し!!」と思いましたが、スパイスもどうやらいいみたいですね。あと、インド人は、ホメオパシーを常用していることから、これもウィルス対策に有効なのでしょうね。

いやー、おそるべしインド人!

これで笑ってウィルス吹き飛ばしましょー!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中