2020ドイツ旅 #04

北ヨーロッパの冬は本当に日照時間が短いです。

そういえば、イギリスに住んでいた時もあの冬の暗さと天気の悪さには相当うんざりfed upしてたのを思い起こさせるくらい、今回のドイツ旅中もほぼ曇りか雨。そしてすごく寒い。

おそらく出発前の日本くらいの寒さなのだろうけど、寒い上に雨かどんより曇りが続くと、

心底陽の光が恋しくなります。

それでも、今年はやはりドイツでも例年より暖かいそうです。

1週間の滞在中、太陽が顔をのぞかせたのは1日のみ。

それもスカーッッと日本の冬のように晴れるわけではなく、

うっすら顔をのぞかせた、的な、そして一日中は続かない、短な晴れ間でした。

なので晴れ間にここぞとばかりに外へ出たくなり、ariの家から一人林を抜けて散歩へ。

歩いて25分くらいにオルデンブルグ大学があり、

その周りにはBioスーパーやオーガニックの洋服屋さん、保育所、助産所、自然保護区域的な場所、素敵なカフェなど、もうここで全て完結できてしまうような(オーガニック/自然派にとっては)素晴らしいエリア。

もうちょっと行くとcity centreがあり、中心には教会、その横に昔その場所を統治していた貴族の宮殿ともお城とも言える建物もあったり、こじんまりと古い建物を生かしたショッピングセンターもあり、とても住みやすそうな街です。ちょっと行くだけで自然の中へ入っていけるところがあるっていうのは本当にいいですね。

 

大学の食堂でランチ!

カリフラワーのコロッケ的なものと、長ネギのスープ、そしてザワークラフトをチョイス。

安くてそれなりに旨いという、学食ならではですね。

 

その後その近くのカフェでコーヒーを。

このカフェは、1年前まではただのコピー屋さんだったのが、コピー屋&カフェに生まれ変わったそうで、かっこいい音楽が流れていたり、インテリアもセンス良く、学生が集まる良い感じのお洒落な空間でした。

 

そしてドイツのすごいところは、この自転車乳母車(というと日本的ですが)!!

普通の自転車に取り付けられて、子供二人を乗せられて走れるというほんと優れもの。

もう可愛すぎて写真撮りまくり。

というか、自転車利用者が多いしちゃんと道路がそのように整備されているところが本当に素晴らしい。

日本もこういうところ見習いたいですね。

 

環境活動家のグレタさんの影響で、飛行機に乗る人が減り電車利用者や国内旅行者が増えたりしているらしく、また、毎週金曜日に主に子供達が環境問題に対するデモをしたりと、本当に子供の頃からみんなちゃんとそうした問題や政治に対する意識が高いのには驚かされます。

 

ドイツやヨーロッパの他の国へ行くと必ず日本の政治や歴史、宗教などについて聞かれたりディスカッションになったりするので、私もヨーロッパ行きたての頃は自分の国のことをあまりに知らなすぎて情けなくなり、次第にちゃんと日本のことについて知ろうと、意識を向け始めたというところはあります。特に私は、ヨーガを通して宗教や精神性に興味が向いたことから、世界のあらゆる宗教について知り、比較して納得することがとても好きになり、それは自分の視野を広げ、他者との違いを受け入れることにつながっていると思います。

 

いろんな国へ行き、いろんな国の人と会うことで、自分の国やその文化・精神性などを改めて見直し、国や文化の違いを知ることで他を受け入れられ、自分自身も受け入れられるのではないかなと思います。ちょっと滞在するだけでは見えてこない問題がどこの国でもあるし、どこの国もいいところがあるものだなと思います。

 

ドイツも本当にいいところですが、やっぱり日本人なので、

日本のご飯やお風呂やトイレ(笑)は世界一だなと思います。

 

でもドイツの自然や公園の多さは本当に気持ちいいですね。

ドイツでも春の兆しが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中