2020ドイツ旅 #02

1999年9月から2年のイギリス留学時、1年目の寮で一目見た時からこの子とは長い付き合いになるだろう、、と確信したドイツ人のariと、本当にこんなに長くて深い付き合いになるとは、夢にも思っていませんでした。

お互い母国へ帰国した後も、ほぼ2年おきぐらいにヨーロッパのどこかで合流して旅をしたり、彼女が日本語を勉強しに日本へ半年留学しに来たり、彼女が出産してからは私が何度かドイツへ訪れたりと、20年間のうち2-3年に1度は必ず再会し、そして誕生日のプレゼント交換は毎年のように送り合っているという、本当に有り難い貴重な友人なのです。

彼女の旦那さんのご両親が昔古い家を購入し、リフォームした家に今ari一家は住んでいますが、こちらもまた本当に素敵な家です。

彼のお父様がご病気をされ車椅子生活になってから、あまり遠出ができなくなった時に

「住まいをホリデーにしよう!」

と、まるでどこかへ旅して素敵な宿に泊まっているかのような、家にいるだけでとてもくつろげて楽しめる家に改築したそうです。

なので、このような、ドイツでも珍しい(らしい)fire placeのお部屋があったり、

素敵なリビングとキッチンがあったり、二階にはサウナがあったり、

庭も広く一番奥には鶏小屋があり、鶏を飼ってそこから卵を毎日いただいてるそうです。

まだ3歳の子が鶏当番らしく、毎日餌を一人であげに行っているそう。えらいなぁ。

 

これはコーラビ。庭でちょい畑もやってるようです。

りんごの木もあったり、ちょい自給自足的な感じで、これまた理想的ですね。

パンも2−3日に一回焼いているそう。

小麦やスペルト小麦をまず挽くところからやっているので、香り高く本当に美味しい。

 

やっぱりドイツ人の持続可能的な生き方や環境に対する意識の高さはおそらく世界でもトップレベルで、とても勉強になり、いい刺激をもらっています。

Oldenburgという小さな街ですが、ariの家から歩いていける距離に日本の普通のスーパーくらいのサイズでBIO(オーガニック)スーパーもあり、あぁうちの近くにもこんなお店があったらいいなぁ、、、日本にもこんなスーパーがたくさんできるといいなぁ、、、と願うばかりです。楽しすぎて何時間でもいられちゃう!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中