2020年2月予定

先週土曜日は旧暦正月で、yoganomaではキャンドルナイトヨーガを行いました。

冬に開催したのは初めてでしたが、この時期はとても適しているなと思いました。

キャンドルの自然な灯りが空間全体を温かい雰囲気にし、夏や秋と違って窓も閉め、エアコンではなくストーブなので空気が動かず、キャンドルの灯りがまっすぐ静止画のように美しく伸び、トラータカも非常に集中しやすかったです。とても静かで心地よい時間をみなさんとともに過ごすことができ、良い2020年の始まりとなりました。

 

【クラス休講のお知らせ】

2020年2月8日(土)〜2月15日(土)まで、厳寒期冬休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
それに伴い、毎月第2土曜14時から行っていますDEF + music ダイナミック・エナジー・フロークラスを、
2月は第4週の2月22日(土)14:00-15:30に行います。どうぞよろしくお願いいたします。

今週土曜・旧暦正月にキャンドルナイトヨーガ

今日はひふみの日。

そして今週土曜日は、旧暦の正月ということで、

いよいよ、2020年が本格的に始まります。

新月であり、節目の日であり、一粒万倍日。

新しいことを始める、気持ちを新たにするにはとても良い日ですね!

 

【旧暦正月キャンドルナイト・ヨーガ 2020@yoganoma】

毎年キャンドルナイトヨーガは夏至の前後に行なっていましたが、今年はご希望もあり、旧暦正月&新月&一粒万倍日である明後日1月25日(土)に行います。

日本では古来、現在のグレゴリオ暦が導入される以前は、月の満ち欠けに基づく太陰暦でした。そのため、新月が1日、三日月の時は3日、満月は大体15日か16日といった感じで、月の周期のため1ヶ月が28か29日でした。

その旧暦に基づくと、今年の旧正月は新月の1月25日、そしてその日はちょうど一粒万倍日でもあり、何か日常を離れ、皆さんで集ってキャンドルのあかりの中で過ごすのは、新たな年を迎えるのにとてもいいタイミングではないかと思います。

今回のキャンドルナイト・ヨーガも、アーサナとプラーナーヤーマをいつもより短めに、そして普段のクラスではなかなかできない、ハタ・ヨーガのシャットクリヤ(6つの浄化法)の一つであるトラータカ(一点凝視法・キャンドル凝視)を行い、そのまま瞑想に入っていくという流れで行います。

トラータカは、キャンドルの灯りを数分間凝視するもので、瞬きをしたい生理的衝動としないでいようとする知的部分である大脳とのせめぎ合いをしていくと、途中でどばーっと涙が出たり、終えた後に涙目になったりと、目の浄化になります。その後はパーミング(掌をすり合わせて目の上から当ててあげる)をしてさらに目の疲れを癒します。終えた後の参加者の感想を聞くと、とても眼がすっきりした、頭痛が治った、頭がすっきりした、など、いい効果が出るようです。涙が全然出ない、という方もいましたが、自然の灯りのゆらぎを見つめているだけでも思考の波が静まり、確実に目にも脳にもリラックス効果があります。

【旧暦正月キャンドルナイト・ヨーガ 2020@yoganoma】

2020年1月25日(土) 17:30〜 @yoganoma加須教室

17:30-18:00頃 瞑想に向かうためのハタ・ヨーガ

18:00-18:30頃 トラータカ

18:30-19:00     瞑想

終了後、お時間ある方はyoganomaでポッドラック(一品持ち寄り)ディナーしましょう!

 

 

<参加費>

通常クラスと同じ

<持ち物>

ヨガマット(マットレンタル(100円)もあります)

動きやすい格好(チャック、ベルトなどない服、ストッキクング不可、着替えもできます)

お好きなキャンドル1個以上とキャンドル受け(あれば)

瞑想/坐禅用の座布・座布団など(お持ちの方は)

 

 

※クラスの内容上、12歳以下のお子様のご参加はご遠慮いただいております。

 

参加ご希望の方・お問い合わせはこちらのメールまで

brillantiempo@gmail.com

 

種についての上映会とお話会

1月18日土曜に、加須市にある「はっこう村」というところで、ヴァンダナ・シヴァさんについての上映会が行われます。私も、上映会のお手伝いスタッフとして参加します。

 

ヴァンダナ・シヴァさんは、インド人であり環境活動家。

10年ほど前にヴァンダナさんの有機農法の研究と実践の拠点となるインドのナヴダーニャ農場で一泊させていただきましたが、膨大な数の種の保存や栽培など、非常に興味深く、またその農場自体がとても心地の良い場所でした。

 

【ヴァンダナ・シヴァさんについて】

「私たちが口にするほとんどの食べ物は、

もとを辿れば1粒の「たね」から生まれたもの。

ところがいま、世界で売買されている種子のうちのなんと75%が、5つの多国籍企業に所有されていることをご存知ですか? それらの企業は、遺伝子組換え技術と特許を利用して種子を私有化しつつあるという見方さえあります。」

「たねの支配を、許してはならない」―環境活動家ヴァンダナ・シヴァ博士

 

この上映会及びその後のお話会は、自然に寄り添った暮らしの楽しみを見つけるコツをお伝えしている『農ある暮らしの会』の皆さんが主催として行われます。

 

詳しくはインスタで!『農ある暮らしの会』

 

様々なジャンルで活躍されている皆さんのお話会はとても有意義なものになるのではと、今からとても楽しみです。

 

ご都合が合う方はぜひ御一緒しましょう!

お待ちしております!

 

七草と新年行事

昨日は七草でしたね。

二草しか家になかったですが、二草で七草風お粥を作ってみました。

お米から丁寧に土鍋でゆっくり炊くと、お米の甘みが出てこんなに美味しいのですね。

親戚がついたお餅も入れて、さらに美味しくなりました。

年末年始にそんなに暴飲暴食したわけではないですが、やっぱりこういう体にやさしいお粥は、なんだかとても身に沁み渡りました。

 

1/5日曜のヨーガ初めでは、クラス後にお汁粉や焼いた餅をいただき、日本の神様カードを引いたり、今年の一文字を書き初めしたりと、日本のお正月らしい心身ともにあたたまる時間となりました。

それにしても、皆さんそれぞれに選ぶ漢字が、なるほどー、と思うものばかりで、毎年全員違って面白いものだなと思いました。

私は昨年は「和」でした。

今年は「明」。

明るい、というよりは、黎明。夜明け。

2020はそんな年にになるのではないか、という予想か願いか。。

日と月。という意味もあり、

陰と陽、聖と俗、右と左、善と悪 etc…

正反対なるもの、両極なるものの中を行き来しながら、

どちらにもとらわれず、偏らず、

絶妙なバランスをとりながらいい波乗りをしていきたいと思います。

2020

2020。幕明けですね。

新年あけましておめでとうございます。

2020年も、皆様の御健康と御多幸を心よりお祈りいたします。

自然災害などが多かった2019年は、改めてヨーガの時間を皆様と共有できることが当たり前ではなく、とても貴重な時間であることを強く再認識した年でした。

今年もまた一年、からだとこころの健康維持のためヨーガをご活用していただければと存じます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ヨーガ初めは、明日からです!

どうぞ、新年を清々しくヨーガでスタートしましょう。

 

【∞ 2020 ヨーガ初め ∞

2020年1月5日(日)

hifumi yoga 吹上(鴻巣)教室

伝統的ヨーガクラス  10:00-11:40

お餅と新年行事  11:40-13:30頃(希望者)

yoganoma 加須教室

伝統的ヨーガクラス  16:00-17:40

お餅と新年行事  17:40-19:00頃(希望者)

 

◉いずれのクラスの後も、新年らしくお餅をいただきながら、ご希望される方に『日本の神様カード』を引いていただいたり、あなたにとっての『今年の漢字』一文字、あるいは『人生をあらわす漢字』一文字を書き初めしていただいたり、『新月の願い事』をご自分なりに紙に書いていただいたりと、お時間に余裕がある方は新年らしい時間をご一緒に過ごしましょう!(参加費無料)