お米を自分で育ててみたい方!稲作講座のご案内

yoganomaと同じ加須市で無農薬のお米やお野菜を自給したり販売している谷川農園さん。

http://tanigawa-farm.com/農園の紹介/

 

何度かうちのクラスにもご参加していただいたり、年末の持ち寄り忘年会では、育てたお米でついた玄米餅を持参して縁側で焼きながら皆さんに振舞ってくださいました。そのお餅はそれはそれはもう絶品でした!!また食べたい!!!

 

まだ農園へはお邪魔したことがないのですが、こんなに近くで、無農薬でお米を育てたり、薪ストーブを使ったり、携帯電話も持たない、など、自然と共に生きるオルタナティブな生き方をしている若い夫婦がいるなんて!!と、初めてお会いして話を聞いた時は本当にびっくり&嬉しく思いました。しかも奥さんのゆかりちゃんは、私と同じ部族的匂い?オーラ?(笑)を醸し出している大地の力強さとエネルギーを感じる女性で、全くの初対面でしたが初めではないような気がするくらい、何か近いものを感じました。

 

そんな谷川農園の旦那様が主催者の一人として行う『家庭稲作講座』なるものが、

来月5月から埼玉県の羽生市で始まるそうです!

『家庭稲作講座2019』

http://udokuseikou.org/archives/827

 

ご自分でお米を育ててみたい方、機械を使わない、耕さない田んぼの作り方を知りたい方、自分で作ったお米を食べたい方、お米などの農薬による影響を心配されている方など、ぜひご参加されると良いかと思います!

 

開催される場所である、雨読晴耕村舎に集まってくる方々がまたとても興味深い方ばかりのようですので、そうした新たな道を進みたい方にとっても、何かきっかけとなる人や知識や知恵との出会いになるかもしれませんね。

 

いよいよ来月から『令和』になりますが、新たなスタートを切るのにはとてもいいタイミングかと思います。

 

仕事を変えたい、辞めたい、何をしていいのかわからない、、、

と悩む人は、

 

まずみんな田んぼや畑をやったらいいのだーーーーーー!!!!!

と、本気で思うのです。笑

 

 

私も2008年から千葉の鴨川で仲間と共に自給自足だー!と眠っていた田んぼを耕し、畑にタネをまき、育っていく過程を見ていく中で、心底自然のありがたみを感じ、いのちの大事さを知り、生かされている喜びを感じ、同時に自然の厳しさも知りました。

そのプロセスの中で、ものすごくたくさん着込んでしまっていた服を一枚一枚脱ぎ捨てて身軽になっていくように、自然と、今まで忘れていた、あるいは奥底に追いやってしまっていた「本当の自分」がめきめきと現れ、大自然の一部であるとらわれのない自由な自分を思い出した気がしたのです。

 

それまでは、こうすべきである、こうあるべきである、と自分自身で社会の型にはめ込み、固定観念に囚われまくっていたように思いますが、田んぼや畑を通して自然の中に還ることで、自分自身で作り上げた壁が無意識のうちに少しずつ崩壊していったのかもしれないと、今振り返るとそう感じます。

 

大地に立ち、土に触れ、風を感じ、光を浴び、虫や鳥の声を聴き、お米や野菜のタネをまき、育てていくということが、私たちに本来あるべき人としての生き方、自分らしい生き方を思い出させてくれるのではないかと思っています。

 

ご興味ある方はぜひ!

 

『家庭稲作講座2019』

http://udokuseikou.org/archives/827

 

 

 

 

広告