今年の最後はコレしかない!We Are The Champion!!!

ここ数年、毎年締めくくりはマイケルでしたが、、

 

今年は何と言ってもコレだーーーーーーー!!!!!!

 

Queen!!!!!!!!!!!!!!!!!

まだ観てない方、早く観てください笑

泣けます。そしてアツくなる!!!

これを観てからもうずーっと寝ても覚めても頭の中はQueenの音がループしています。

 

フレディーマーキュリー、ってこんな人だったのか、、と、ただのゲイのマッチョでランニングか上裸みたいなアメリカンのイケイケロック、だとばっかり思い込んでいたのだけど、UKだし、そしてフレディ自体はイラン系インド人だし(インド人というだけでなぜか親近感が湧いてしまう笑)、そしてさらに、世界最古の宗教と言われいてるゾロアスター教だったという!!(コレまたすごい親近感笑)。ゾロアスター教の葬儀は鳥葬か風葬らしく、フレディも風葬だったそうです。

 

“Anyway the wind blows…”

 

そう言われると色々と腑に落ちるところがいっぱいで、幼少期はムンバイで過ごして、ボリウッド映画にとても影響を受けたそう(だからあの歌やパフォーマンス)。

そして、どうでもいいネタですが、フレディと私は誕生日が一緒。笑。

すごい親近感です。笑

 

あと、マイケルとも交流があったようで、マイケルにAnother One Bites The Dustという曲を提供したら、その当時のQuincy Jonesがそれは売れないだろうと断ったので、Queenがそのままその曲をリリースしたら大ヒットしたので、マイケルは悔しがった、という逸話。その音がかっこよかったので、それに影響を受けてできたのが、Billy Jeanだとか。

やっぱりマイケル好きはQueenの映画観るとみんなQueenにハマっている!

何か通ずるものがある気がします。

 

映画『ボヘミアンラプソディー』最後の20分くらいの、Live Aidのライブがもうサイコーすぎました。そしてそのwe are the championの歌詞とか、もう、ほんと、泣けてくる。。こういう意味だったのか、、この唄って、、ただ単に、オレ様たち王者だぜー!イエーイ!っていう、男気だすオラオラ系の曲だとばっかり思っていましたが、大スターになる前もなった後も非常に苦難な道を生きたフレディの人生が詰まった曲なのだと知り、このライブ映像を見るたびに思い出して泣けてしまいます。

あー、もう一回観たい!

 

 

We Are The Champion!!!

 

これで今年はアツくなって終わりましょう!

どうぞみなさま良いお年を!!!

 

 

今年最後のクラス&忘年会

昨日は、yoganoma今年最後のクラス&忘年会でした。

今年最後のクラスも大勢の方にご参加いただきました。最後なので長めの15分くらいの瞑想時間を取り、強風の中自然の音を聴きながら、shantiで心鎮まる満たされた時間となりました。

ポッドラック忘年会は、皆さんがそれぞれ手作りしてくださった美味しいおかずやピザ、美味しい日本酒や珍しいラム、特大イチゴ、などなど、贅沢で美味しさいっぱいで本当に嬉しいかぎりでした!久しぶりのみんなや、杵でついた手作り玄米餅を縁側で焼きながら振舞ってくれたご家族(谷川農園さん!)、ちびっこたちもたくさんいて、本当に賑やかで和やかで温かい時間となりました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!

またもや親戚一同か村の集会所での集まりみたいでした^ ^

ユニークで個性豊かな様々な方々が集まり、ここでつながって話が盛り上がったり、また違う形でつながっていくというのは、自分の思い描いていたことでもあるので、それがだんだんと現実化していっているのを見ているのはとても嬉しく感じています。面白く楽しく心豊かにピースフルな和がここからさらに広がっていったらいいなと思っています。

 

そして、2018年、今年も無事に、そして多くの方に、yoganomaそしてhifumi yogaとご参加いただきクラスを続けることができました。今年も一年、ご参加してくださった皆様に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!皆さんがご参加してくださっているお陰で、私も自分にとってのpeaceの時間を皆さんと共に過ごすことができ、本当にありがたい限りだと感じております。

 

2019年も

皆さんにとって心豊かで穏やかで充実した年となりますよう

心よりお祈りいたしております

 

 

 

 

冬至のスートラ勉強茶会〆

勉強会の準備を含め師走で何かとバタバタし、blogも丸2週もご無沙汰しておりましたが、先週土曜12月22日冬至の日 vol.2ヨーガ・スートラ勉強会、最後の回〆の日となりました。

 

今年の夏に始めたスートラ勉強茶会。

まぁこんなマニアックな会2-3名しか来ないだろう、、と気楽に考えていたところ蓋を開けてみるとvol.1でも毎回10名前後、そしてまさかvol.2はそんなに来ないだろう、、と思いきや最大14名の回もあり、毎回10名以上ご参加していただいたという、私にとっては驚異的な参加者数となりました。こちらも思いついた当初は軽い気持ちで考えていましたが、そんなに大勢の方に参加していただくことがわかり、慌てて(笑)かなり必死に資料をまとめたり自分でさらに理解を深めようと勉強し直したりと、私自身にとっても更なる深い学びとなりました。

また、ご参加の皆様からご質問をいただき、自分の理解の弱かった部分に気づかされ、また終わりに皆さんの感想や考えをシェアリングしたりディスカッションしたことで、非常に濃密で有意義な時間となり、私自身にとっても精神的な成長に繋がったと確信しています。

 

最後の回は冬至、そしてクリスマスも近かったこともあり、yoganomaイベントでもおなじみであり友人の天然酵母パン屋ツキモバザールのスペシャル手作りシュトーレンを皆さんでいただきました。

hifumi yoga、yoganomaご参加の皆様から注文を受け今年で2回目ですが、開けた瞬間の  wow!!!  と感激してしまう手の込んだ可愛いデコレーションと、その見た目に全く劣らない美味しさは、ほぼ全員リピーターとなってしまうくらいのものです。クラスにご参加されている皆様は来年またご注文していただけますので、どうぞお楽しみに。

 

和風の部屋でテーブルを並べて毎回勉強茶会を行なっていましたが、人数がこれだけになってくると、まるで正月の親戚一同集合の宴会かのようになっていましたw 酒はありませんがw

大変ありがたいことに、ご参加された皆様から、まさかの(笑)またやってほしい、という声を多くいただきました。また、仏教や神道など日本の精神性についても学びたい、という声もいただきましたので、次回はヨーガ・スートラは私たちにとって必要な部分に少し絞り、それと合わせて日本の宗教・精神性についてをさらに取り入れた勉強茶会を実施できればと妄想しております。まだ妄想段階なので、実現するかは謎ですが、、。

もし、スートラ勉強茶会にご興味があり、参加してみたいと考えていらっしゃる方は、どうぞメールやクラスにご参加の際にお伝えくださるとありがたいです。その希望者数が一定数に達したら、開催方向で考えていきたいと思っております。

 

それにしても、これだけ多くの方が、しかも熱心に東京や群馬からも通ってくださった方もいたことは、私にとっては本当に驚きでしたが、ヨーガ・スートラだけを教えてくれるところが少ないとか、ドネーションという形で開催できたことも大きかったのかなと考えていますが、それにもまして、今、こうした過度のストレス社会や自然災害が多発するような非常に不安定な時代、そして宗教ではなく『宗教性』を見失ってしまっている日本において、なにか、目に見えない世界の話や哲学的な思考について自由に語れる場のようなものを、実は多くの方が必要としているのではないかと感じました。宗教でもなく、新興宗教でもなく、家族や親戚とのつながりだけでなく、感覚が共有できる人たちとの横のつながりを感じながら一人一人がしっかりと地に足ついて立つための、なにか確認のような場というか時間というか。

日本古来にあった、村での『結(ゆい)』のように、誰かの家の屋根を葺き替えるとなれば、みんなで出かけて行って直し、それが終わったらまた次の家にみんなで行く。そういう血のつながりを超えた人と人とのつながりが当たり前にあった時代から、隣の人や向かいの人とも会話ではなくスマホでやり取りしたり、交通機関も買い物もすべて無言で済むという、生身の人間とのつながりや対話が希薄化してしまった時代に、こうした横のつながりや対話はとても必要なのではと感じています。

 

ま、これはちょっと行き過ぎた考えかもしれませんが、実際に、こうして特に知らない者同士が集まって、回を重ねるごとにつながりが深まり、思いや考えを自由に話し合えるのは非常に有意義で楽しく、スートラなど特に目に見えない世界の話は訳がわからないところだらけだけど、そういう精神性の話は何かとても深く響き、心を豊かに満たしてくれる時間だと感じてます。

 

ご参加してくださった皆様には、改めて心より感謝申し上げます。

本当に、貴重な時間をありがとうございました。

また来年もなにかしらやりますので、ぜひまたご参加ください!

 

 

 

 

仏像彫刻教室『かんのん塾展』今日から

仏師であるパートナーが主宰する仏像彫刻教室『かんのん塾』塾生の作品展、今年で早6回目となりますが、今日から3日間、埼玉県行田市にて開催されます。

講師作品の展示もありますので、仏像にご興味のある方、木彫刻にご興味のある方などなど、ぜひお出かけくださいませ。

今年は、般若心経写経体験もあります。また、昨年に引き続き、土日は『お休み処ーIKUー』がありますので、仏像彫刻鑑賞後はお抹茶とお菓子でゆるりとおくつろぎください。

 

 

仏像彫刻しゃかりき堂 第6回かんのん塾展

日時 平成30年12月7日(金)〜9(日) 

   10時〜17時 (入館は閉館の30分前まで)入場無料

会場 牧禎舎(まきていしゃ)

〒361-0052  埼玉県行田市忍1-4-11

http://makitei.blog90.fc2.com/blog-entry-489.html

 

【お問い合わせ】

しゃかりき堂

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/shakarikido/

 

タビでタビする快感

地元が舞台となった『陸王』を観てから、足袋シューズに興味を持ち続けていつか履きたいと思っていましたが、やっとその時が来ました。

 

yoganomaクラスに参加してくださっている方がこの足袋シューズのメーカー『きねや足袋』の社長とお知り合いでご紹介いただき、お話をうかがいながら試着させていただき、遂にGET!

 

こんな素敵な箱入りです。

Toe-Bi 

http://kineyatabi.co.jp/kineya/?page_id=2246

 

 

早速、12/1という月始めだし快晴だったので、都内への仕事はこれで行くことに。

 

これを履いて一歩外へ出て芝生に降り立つと、、

 

うわぁぁぁーーーーーなんだこれーーーーー!!!!!

 

めっちゃ気持ちいいいいいいいいい!!!!!

 

なんだ??この完全に裸足のような感覚!!!!!

気持ちよすぎるーーーーー!!!

 

こんな気持ちの良い靴、本気で生まれて初めてかも。

なんせ、私は裸足好きで、芝生を歩く時はすぐに靴を脱ぎたくなってしまうのです。

だって大地にそのまま裸足で着地した時の気持ちよさったらないでしょう?

それは私が大地の子だからでしょうか、、、笑

それはさておき、

Toe-Biは足袋にほんの薄いソールがついただけなので、ほとんど素足感覚なのですね。

 

これでコンクリートを歩くと、、、

 

あ、、、、、

かかとが痛い、、、

 

と、自分の足の体重のかかり具合がよくよく感じられて、かかとから強く着地しないように歩こうとすると、あの『陸王』で言われていたように、ミッドフッド着地に自然となるじゃないですか!!20年ぶりくらいに観た TVドラマでしたが観ておいて良かったw

 

で、確かにミッドフッドから着地しようとしているのだけど、歩きなので、かかとも同時くらいに着いていて、体重移動の仕方をそこから小指側そして親指側へと移動するように意識すると、ちゃんと足指全部をしっかり使っている感じになりました。

 

これは本当にすごいよー!!!

 

歩くのがめちゃくちゃ楽しくなってきた!!

 

これで電車を乗ったり、地下鉄構内を歩いたり、道路を歩いて、今まで感じたことない色々な表面を感じられて、脳が活性化されまくりな感じでした。その上、すごく気を使わないとちゃんと歩けないので、一歩一歩がとにかくマインドフルになる。歩くことにちゃんと集中することになる。ので、これはマインドフルネス瞑想へ繋がりますね。そして、靴下を履かずにこれを直に履くので、都内へ行くのにちょっと冷えるかな、と思っていたのですが、足の指先も全部しっかり意識して使うせいか、足先までちゃんと温まっていました。

 

そして、家に到着間際、また芝生の上に足を踏み入れた途端に

 

ふにゃぁ〜。。。

 

っと大地の柔らかさを感じられて、うわー、これほどまでに道路と土の上の感触は違うのか、、と、また驚きました。やっぱり人間が地上に誕生してから何万年もの間、大地の上を裸足で歩いてきたそのDNAは深く自分の中にも刻まれているのだなと感じます。

 

うーん、すごいなぁ日本の知恵。

これほど感動するとは予想外でした。

 

裸足好きの人には絶対お勧めしたい!

そして、姿勢や腰痛改善、扁平足、外反母趾、足底筋膜炎とか、色々な症状にこれとか足袋とかを履くことでいい効果が得られるのではないかと思いますので、ぜひそういう方にもお勧めしたいです。

 

私はちなみに、最近の靴のサイズは24.5cmなのですが(数年前までは24cmだったのにだんだん広がっている!?)このToe-Biは25cmでちょうど良かったので、いつもの靴のサイズとは違うのでできれば試し履きされたり測り方をちゃんと確認してから注文された方が良いかと思います。

 

これはさらに歩くことがやみつきになりそうです。