インドでお勉強

今回はインドで最も古いヨーガ研究所、Kaivalyadhama Yoga Instituteで2週間の講義やティーチングテストなど、盛りだくさんなintensiveコースを受けています。

現在、日本だけではなく世界中で多くの方がヨーガを行なっていますが、元々は、中世のインドで出家遊行者が身体鍛錬行として体系づけられていたハタ・ヨーガを、一般の人の健康や心の平安のために有効に活用できるよう、1920年代になって世界で初めて科学的にそのハタ・ヨーガを研究したのがこの研究所で、その研究が礎となり、世界的にヨーガが広まって行ったのです。ですから、ここは、現在行われているヨーガの源流とも言えるヨーガに関わる人にとって非常に重要な場所です。

中には学校もあり寮もあって、大学のキャンパス的な雰囲気です。

 

その時代の研究に使われた貴重な古い測定器などが展示されています。

 

これはなんと!

ヨギー(修行者)を完全密閉状態にして人体の生理学的変化を測定していくための装置。なんともすごい貴重なものが残っています。。それだけ、ヨギーはハタ・ヨーガによって自律神経系が超人レベルとなり、呼吸を含めた生命維持にかかわる生理機能を尋常ではないレベルでコントロールできることが証明できたようです。

 

レクチャーの様子。

私も真剣に聴いております。。。

毎日毎日、非常に興味深いヨーガにまつわる話を、ある先生は解剖生理学的観点から、ある先生は古典文献学的観点から、外科医的観点から、などなど、かわるがわる超一級の講師陣から聴くことができ、ものすごく充実しておりますが、毎日全く脳みそが全然処理しきれず、交感神経高まりまくってます!復習だけでも1年かかりそうです、、、汗

 

でもこうして、こういうことに参加できるありがたさ、送り出してくれている家族に心から感謝です。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中