大地のもつ浄化力〜畑のめぐみ

最近畑によく通っています。

20-30分車で行ったところに畑を借りているため、なかなか足が遠のいてしまい最初の頃は2週間に1回くらいしか行ってなかったのですが、空梅雨の時期にタネを蒔いたものたちが水不足すぎてこれはまずいと思い、その頃から週1,2回以上はせっせと通うようになりました。

午前中に行ってお水をあげて少し草を刈ってのせて、、など畑にいる時間は1時間もいないのですが、帰ってきてシャワーを浴びてお昼ご飯を食べる、、というサイクルができてきて。。。

 

これがなんだか自分にとってはすごくいいみたいで。

 

千葉の鴨川に住んでいた時、早朝に起きて海へ行き、ちょろっとなんちゃってサーフィンをし、帰ってきたらデッキの上で海を見ながらヨーガの練習をした後は、そこでブランチをいただく、、そして午後から仕事、、というなんとも贅沢な老後の人生のような生活を毎日のようにしていたのですが、その時の感覚にすごく近い感じに戻っている自分に気づいたのです。

 

波にのれなくても、海に浸かるだけでなんだか心身ともに洗われ、帰ってきてシャワーを浴びると清々しい気持ちになる。畑に行って野菜や土に触れて帰ってくると同じような清々しい感覚になる。これはやはり、大地の持つ浄化力なのではと思うのです。

 

自分にとって自然に入っていくことがすごく必要なんだということを、最近また強く感じるようになりました。それは必ずしも海や山や森に入ることに限らず、大地に触れるということ、そしてそこに生きるいのちに触れることが、自然に還っていくことにつながるんだということを、畑を通して感じさせられています。

 

やっぱり私は、仏教より神道よりヨーガよりはるか昔からあるアニミズム(自然崇拝)だなと我ながら思います。

 

 

そしてそこで育ってくれたお野菜たちを一度味わってしまうと、これは野菜づくりにハマる人の気持ちがとてもよくわかります。

 

タネは固定種・在来種を扱う「野口のタネ」で購入したもので、ズッキーニとかこんなジューシーで美味しいズッキーニ食べたことないくらい!「ステラ」というズッキーニ。種取りして来年もまた育てたい!

オクラも最初は全然大きくならなかったけど、雨が降り始めてから一気に大きく成長して、バンバン取れます。そして大きくなりすぎても筋があまりなくて美味しくいただけてかなり重宝しています。沖縄オクラ?とかいう名前だったかな。これも来年作りたいですね。

 

 

こちらは蒔いて1-2週間後、7/28の右の4列が大豆、左の2列が小豆。

大豆は昨年収穫できた「借金なし大豆」!今年もこれで借金なし、に!?笑

そして8/18金でここまで盛り盛りに

 

小豆にアブラムシがついていたので、何か農薬ではない方法は、、と調べたところ、牛乳とか片栗粉を薄めたものをスプレーすると良い、とあったので、片栗粉スプレーをしてみたところ、翌週行ってみると半分以下に減った!?ような、、気がします。後はこれからお天気になることを期待して、、、

 

成長を見ていくのは楽しいですね。

そして当然ながら味わうのはさらに楽しい。。。

 

大地のめぐみに今日もありがたく感謝して

いのちをいただきたいと思います。

gingers

 

広告