ひさびさインド旅 #05〜 バックウォーターKerala

ハンピからバンガロール、そしてそこからコーチンへ飛び、ケララのバックウォーターへ

バックウォーターとは水郷地帯とのこと

ハウスボートという家のように設備が整っていて何泊かクルーズできる船もあれば、数時間のクルーズ用の小さな舟もあったり、一大観光業にもなっているみたいですが、そこにはそこで暮らす人々の生活も垣間見ることができました。

dscn0308

dscn0319dscn0310

 

dscn0328

↑ 本当に家のようなかたちをしたハウスボート

dscn0329

途中で田園地帯にとまってくれたりします

 

dscn0325dscn0324

inside of the house boat

ボートの中とは思えないほど立派なホテルのようでした

 

 

そしてやっぱり水の上はものすごく気持ちが良いです

ケララ、やっぱりいいところですね

気候がいいのでお米やヤシの実や果物や野菜が豊富のせいか、物乞いをする人もインドにしてはとても少なく感じます。北インドより生活の豊かさによる余裕を感じるのは気のせいでしょうか、、、

 

でも今回出会ったアメリカ在住インド人に聞いたところによると、ケララは世界一の識字率(?ホント?)だが、働き口が少ないため若い人はアル中になってしまったり、自殺率もかなり高いとのこと。こんなに豊かそうに見えるケララ州の実態が本当にそうだとしたら、こんなに美しい自然に囲まれているのにもかかわらず、なんとも切なく皮肉な話だなと感じてしまいました。でも海外の方から見たら日本もそうなのかもしれないですね。自然も豊かで物質的にもこれほど豊かなのに、、、と。

 

 

another magical hour of sunset

dscn0343 dscn0344

dscn0355

 

and magical sunrise hour

img_8900

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中