ひさびさインド旅 #3〜満月のアルナーチャラ

満月の日にまずArunachalaアルナーチャラ、登頂へ!

dscn0070

6年前に登頂まで行った時は、頂上に近づくにつれカラダがだんだん妙に軽くなり、最後は裸足になってスイスイと上がっていった記憶があり、登頂までは1時間くらいだったかな、、?という軽い気持ちで登り始めたら、、、

 

こんな険しい道を歩くんだったっけ???

こんなに遠かったっけ???

こんなにきつかったっけ???

 

と自分の記憶力の乏しさに嫌気がさしながら、30℃近く(それ以上?)もある中水もろくに持たずに、下の瞑想の洞窟から登頂まで汗だくになりながら結局1時間45分。思い返すとなんであんな時間に登ったんだろうと不思議でしょうがない。よくよく考えれば明日でも明後日でもよかったのに。途中で下山して来るインド人ガイドに、

”Are you CRAZY!!!???”

と言われながら(こんな時期にこんな時間に登るなんて)もなんだか引き下がれない私たちは、そのまま無謀にも登頂まで朦朧としながらたどり着いたのでした。

dscn0085

下りは結構スイスイ(でもないけど)、膝がガクガク笑いながらも1時間くらいで洞窟まで、そのあと40分くらいは舗装された石道を歩いてRamanashramまで無事に戻ってこられました。

 

前はあんなに軽々と登れたとはずだったのに、、

歳のせいなのか、、気候のせいなのか、、精神力が落ちたのか、、笑

 

いずれにせよ、登頂後にアルナーチャラを遠くから眺めると、ものすごい親近感と達成感を感じ、あんなに大変だったけどやっぱり頑張って頂上まで行ってよかった、と思うと同時に、あれはアルナーチャラと満月のパワフルなエネルギーで上に行かされたかのようだったな、と思います。

 

 

そしてもう夕方になると、だんだんと巡礼者が続々と山の周りを歩き始めていました。

img_8691

暗くなるに連れて続々と流れてくる人、人、人、、、、、

dscn0119

家族連れや会社帰りっぽい人、一人で歩く人、裸足で歩く人、、誰も自転車や車で回る人はなく、

ただただひたすら歩く、、、

この途切れることのない人の流れを見ながら、一体どこからこのものすごい数の人は来ているのだろうか、、、と、本当に不思議に思います。

南インドの聖地の一つを目指してこれだけの人の数が毎月?毎満月?にドドドーーットこの山に集まってきて山の周りをぐるぐる巡っているという、いやはや、さすがインド人パワー。それだけこの山には何か人を惹きつける強力なエネルギーがあるのか、はたまた、インド人のハンパない信仰力によるものなのか、、、

いずれにしても、相乗効果によって満月の日の山は相当パワフルなエネルギーの渦がグワーーーッと地上から頂上へ、そして天に登っているのだろうし、それが毎満月に行われているともあれば、この山はまぎれもなく強力パワーを持つ聖山なのだろうなと思います。

 

さすがに登頂まで行った後の足は1時間も歩くと完全に棒となり、途中断念しましたが、1周歩くと3-4時間くらいかかるそうです。翌朝早朝にまた行ってみると、まだまだ歩いている人がたくさんいる、、夜通し歩いていたのか、この巡礼歩きだけをしてそのままバスに乗って何時間もかけて家に帰るという人もたくさんいるようです。

ほんと、スゴすぎる、インド人。

 

 

early morning of Arunachala with full moon

dscn0126

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中