9月のヨーガクラス

IMG_8021

先週の月曜の台風が過ぎた後、後光がさしているような神々しく金色に光る素晴らしい夕陽を拝むことができました。そして別の場所では端から端まで見える虹、しかもダブルレインボーも見られたそうです。

IMG_8073

夏休みもそろそろ終わりに近づき夏の疲れが溜まってきたり、連続している台風の影響で体調を崩されている方も多いかと思います。その疲れを癒しに、またからだとこころを調えにどうぞクラスにご参加ください。
そしていよいよ!!大変お待たせしておりましたが、加須教室オープン日が決まりました!
10月15日(土)からはじまります!
詳細は後日またブログにてお伝えいたしますが、初日は行田の天然酵母パン屋ツキモバザールのランチ付きヨーガとなりますので、どうぞお楽しみに!

∞  2016年9月 september 吹上クラス ∞ 

☆土曜 Saturday  9/3, 9/10, 9/24  

    10:00〜11:40 ハタヨーガ Hatha Yoga

☆日曜 sunday 9/11, 9/25

    10:00〜11:40 リラックスヨーガ Relax Yoga 

 ☆火曜 tuesday   9/6, 9/13, 9/20, 9/27 

    10:00〜11:40 ハタヨーガ Hatha Yoga

 

 

※前日の21:00までに予約が定員に満たない場合はクラスをキャンセルさせていただくことがあります。

ご理解、ご了承のほどお願い申し上げます。

【クラス料金】

1回 1230 yen

5回券 5500 yen (期限なし)

(小学生から上記料金をいただいています。小学生未満は無料)

レンタルマット Mat Rental  1回 100 yen

※クラスは前日までに以下のメールあてご予約お願いします。

brillantiempo@gmail.com

∞ひふみよが場所∞

埼玉県鴻巣市南1丁目(吹上小学校裏手)JR吹上駅南口より徒歩7分
Minami Konosu Saitama
(the other side of the main gate of Fukiage Elementary School )

7 mins from JR Fukiage Sta.

いのちをつなぐ種〜固定種と在来種のおやさい

友人夫婦がたね屋さんとお野菜屋をはじめました。

SASAKI SEEDS

IMG_7964

9月1日新月●に長野県松本でお野菜の販売とその野菜で作った料理が食べられる小さなお店をはじめるそうです。

楽しみ!

 

 

そして、おととい、採りたてのお野菜を送ってくれました。

IMG_7963

すべて、自家採取した種、固定種在来種のたねから育てたお野菜たち。

まず早速トマトからそのままパクリと食べてみましたが。。。

 

おおおおおおいしいいいいいいいいいい!!!!!!!ヤバうま!!!!!

とても熟しているのにハリがあって、味はまるでフルーツのように甘い!

このステラミニトマトはとても人気があるみたいですね。

うん、わかるわ〜これはまた食べたくなる!

 

 

そして、夜は大きな白丸茄子を輪切りにしてステーキに。

とろ〜りとろけるようでジューシーで旨味があってこれまた超うまい!!

白長茄子は丸焼きでさらに甘さが増すと袋に書いてあったのでそのように。

焼き芋みたいにあまくてこれまたとろけるようでした。。

 

オクラも白オクラ、香芯五角オクラ、クレムソンオクラの3種。

食べ比べてみましたが、白オクラが一番ねっとり感があって、五角オクラは形が星形で切り口が可愛くてもちろん味もおいしい、どれもすごくハリがあって濃厚な味でした。

 

今日はズッキーニをためしてみます。楽しみだ!

 

このお野菜、セット販売も開始したそうなので、ぜひぜひぜひ!

このすごい野菜の持つちから、野菜本来の甘さ、旨味を味わってみてください!

 

【お野菜セット販売します♪】

SASAKI SEEDSの固定種・在来種の自然栽培野菜を詰め合わせて発送致します!

無肥料なので、余分な物が入っていないお野菜、お日持ちします。

内容はその日に収穫したものでお任せ頂きます。

お野菜セットS(6~7品) ¥1800
お野菜セットM(8~10品) ¥2300
お野菜セットL(11~13品) ¥2800

別途クール便送料(¥1088)がかかります。

お支払いはゆうちょ銀行にお振込となります。

発送は8月中は火、木、金曜日
9月以降は月、火、水、土曜日
で承ります。

貴重な固定種、在来種の自然栽培野菜。
是非ご利用ください!

お問い合わせはこちらから↓

 

固定種在来種、ってなんだ??

と思われている方がほとんどかもしれません。何しろ、普段目にするお野菜やホームセンターや種苗屋で売っている種はほとんどすべてF1という種からできていて、固定種などでお野菜を作って売っている人なんてあまりいないと思います。

 

F1とは、異なる親を交配させていいとこ取りし、両親に比べてより生育が旺盛で、抵抗力が強く、収量も高くなる種。「雑種強勢」と呼ぶそうです。大量生産にはとても向いていますが、雑種強勢は一代かぎりで、F1から種を採るとばらつきがでてしまうので、種を採り続けることはできず、毎年種を買わなくてはいけなくなる(種苗メーカーに依存せざるを得ない)。

 

固定種や在来種は、以下に書いてありますが毎年種を取り続けていのちをつないでいけるもの。生育はF1に比べて遅かったりいっぺんに実がつかなかったりで大量生産には向きませんが、味は濃厚で実がぎっしりつまって、野菜本来の旨味を持ち、生命力溢れるエネルギーに満ちたお野菜になります。

 

違いを多分簡単に言うと、次につながる『いのち』という生命力を含んでいる種なのか、そうでないのか、、、

ということになるのかな??

 

 

 

SASAKI SEEDS ホームページより

 

固定種とは、固定された形質が親から子へ受け継がれる種です。

在来種とは、その地方に長年栽培されて風土に適応した種です。 

固定種と在来種の野菜から取った種は、実の形は色々ですが次の年も同じ特徴を持った同じ野菜ができます。

 

命が繋がる野菜です。

 

今売られているほとんどの野菜から種を取っても同じ野菜はできません。

 

固定種の野菜は、じっくり時間をかけて育ちます。

時間がかかるぶん実がギッシリ詰まったシャキシャキとした食感、一般的に売られている野菜にはない芳醇な香り、濃厚な味わいが楽しめます。

 

 

SASAKIさんがアツ〜く何時間もこの種についてのことを語ってくれて、なるほどーー!それは生命力のない人間が増えていくのも当然だ!と納得したのに、それを人に伝えられるほど全く覚えられていないという情けなさ。。苦笑

そして、そのSASAKIさんがこの人のお話をラジオで聞いて、これだ!!と決心し固定種の種をとりはじめたというのが、実は埼玉でもう何十年も固定種・在来種の種を採り続けている野口さんだったそうです。

 

野口のタネ

http://noguchiseed.com

 

ぜひ、固定種とF1の違いのこと、知りたい方はこちらも読んでみてください

http://tanenouta.com/pleasure/879/

 

とにかく何より美味しい野菜はあまり味付けもせず、自然のうまみだけで満足できるので、また食べたくなりますね。今回蒔いた大豆も固定種、在来種のものなので、楽しみです!

順調に育ってますよ〜

 

IMG_7960

 

梅干しづくりその4〜天日干し2日目から保存

梅干しづくりその3〜天日干しはコチラ↓

https://amarananda.wordpress.com/2016/07/29/梅干しづくりその3〜天日干し/

 

1日目の天日干しが終って夕方取り込み、一度梅酢の入った容器へ戻して一晩置き、翌朝またザルへ戻して天日干し。梅酢に戻したらこんなに色に赤みが増しました。

IMG_7941

 

3日目の天日干し午後から天気がアヤしくなり冷やっとしながらもなんとか干すことができ、4日目の朝少し朝陽に当ててから取り入れました。

最終日となるとこんなに縮みますね

IMG_7945

乾いたタイプの梅干しが好きな方はそのまま容器へ(容器は殺菌しておきます)

しっとりタイプが好きな方は、再度梅酢へくぐらせてから容器へ。私は母が一度焼酎へくぐらせるとカビないし柔らかく保てると言っていたのでそのようにしてみました。

 

お陽様に当ててからひとつひとつ裏返したり、容器に入れる時もひとつひとつ丁寧に入れていったり、ひとつひとつの梅と丁寧に向き合っているような気がして、こういう静かな時間ってなんだかとても幸せだなぁ、平和だなぁ、としみじみ感じました。普段がちゃがちゃどんどんとあれやこれやとこなすように雑にいろんな事をしてしまっている私なので、こういう静かな丁寧な時間って必要だなと思います。昔の人ってこうして自然と静かに向き合っていたのでしょうね。

 

 

残っていた紫蘇を硬くしぼってところどころにいれながら容器いっぱいになりました。

IMG_7948

1年置くと味がなじむそうですが、その前に前の年の梅干しが終ってしまいそう。。

マクロビオティック的には3年以上熟成させたものがいいと言われていますね。

3年も待てないなぁ。。

 

残った梅酢は容器に保存(酸が強いのでキャップも含めて金属でないものがいいそう)

紅ショウガ用に使ったり、米酢の代わりに寿司酢用に使ったり、酢の代わりに使えますね。

そして、残った赤紫蘇も硬くしぼって干して、これまたゆかりのふりかけに。

余すとこなく使えて、昔のニッポン人の智恵には本当に頭が下がります。

 

ザルはしっかりたわしでゴシゴシ洗ってしっかり乾燥させてからビニール袋へしまって保管すること!来年使う時にカビていたりしたらがっかりしますからね。。

 

1年後また楽しみに待ちましょ〜