梅干し&梅酵母づくりその1

今年はいつもいただいているお寺の梅、5kgくらいは拾ったりしたものの、帰ってきて洗って干してみるとほぼ全滅(涙)。1週間とるのが遅れてしまうともうだめなのですね。。がっかり。。。

 

全部捨てようと思った時、夫に酵母にしたらいいんじゃない?と言われ、そうだった!!と思い直し、せっせとビンにつめ、お水をぎりぎりまでいれ、少し糖分(てんさい糖大さじ1くらい)を加えて酵母仕込みをしました。

IMG_7796

もう翌朝にはすごいシュワーっと炭酸になっていました!これをそのまま飲んでも本当に梅ジュース炭酸割りのようで美味しい!こういうのはすっごく腸にもよくてお通じがよくなるので、便秘気味の方には特におすすめです。そこらで便秘薬なんて買うより、ヨーグルトより子宮に優しく日本人の体に合っていて、こんな安くて手軽に腸にいいものできちゃうのですよ。

 

↓ 翌朝の状態

IMG_7808

 

これで4-5日おけば酵母液出来上がりで、液体分のみをとりだし、小麦粉とこの液体分を加えてまぜ、翌日にまた同量くらい加えてとを3日くらい続けると、天然酵母パン用の酵母になります。詳しくはまた次のブログで。

 

梅は、結局いただいたのは1kgしか残らなかったので、仕方ない、今年は羽生の農家さんの梅を買い、合計4kg漬けることにしました。昨年は12kg漬けたので、毎日食べていますがまだこれだけ残っているので、なんとか来年まで持つかな。。。

IMG_7800

 

今年は量が少ないので、容器はフンパツして陶器モノを購入!

プラスチックの容器で漬けたのとは違い、きっと味も格別になるはず。。。と期待して。。

 

【今年の梅干しの材料】

梅 4kg (1kg お寺の梅、3kg羽生の農家さんの梅)

塩(シママースと他のあらじお)500g 

 

今年は塩分12.5%としました。去年は13%。 10%くらいまでなんとかカビが生えずにできるようですが、今年は特に梅の状態があまりよくなかったので、カビることを心配して12.5%にしておきました。

 

まずは洗って乾かしてからヘタを楊枝でとります。完全に乾いていなくてもよいそうです。

IMG_7801

 

容器の内側を焼酎で消毒した後、底にまず塩を敷き、焼酎に一回通した梅(これもカビ防止のため)に塩をまぶし、それを容器に並べていく。そして塩、梅、塩、と重なるようにして、一番上は塩でかぶせるように、上に行くほど塩が多くなる方がいいそうです。

 

右が焼酎、左が塩

IMG_7804

まず底にこのように並べました

IMG_7805

 

梅、塩、と交互にのせていく、となっているけど、そんなに塩多くないから、パラパラふりかけるような感じです。最後までいれてこの感じ。

IMG_7807

やっぱりプラスチックより陶器は見た目もいいな〜上がります!笑

 

そして、その上に押し蓋をし、重しは梅の2倍、くらいとなっていたような。。

うちは、庭にあった大きめな石をのせて重しにしました。

 

あとは水が上がるのを待つばかり。。

 

(つづく)

梅干し&梅酵母づくりその2はコチラ↓

https://amarananda.wordpress.com/2016/07/15/梅干し&梅酵母づくりその2/

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中