おむすびという祈り

IMG_7137

わたしはおむすびが大好きです

梅が入って海苔を巻いたおむすび

この世で最も飽きずに好きなものかもしれない

海外へ数週間行って帰ってきたら何が食べたいって

母親のおむすびかなと思うくらい

実際ここ数年毎日のようにお昼ごはんはおむすびで

数年前までは毎日母親のにぎるおむすび

今は自分でにぎってお昼ご飯としてパートナーにも持たせて

パートナーもよくも飽きずに毎日食べてくれているなと思います

IMG_7139

おむすびって本当に奥深くて

手の平の真ん中のたなごころというところから

誰しも『気』なるものがでていて

その手の平の中でむすばれるおむすびは

その人の『気』がたっぷりと注ぎ込まれます

だから家族以外の人がにぎったおむすびは食べられないという人がいたり

誰が握ったかわからなくても

あるおむすびはどうしても食べられないという人がいたり

敏感に感じる人はそんな『気』まで感じ取れてしまうし

敏感でなくても母親や好きな人がにぎったおむすびは美味しく感じる

ごはんと塩と海苔と具が少し

こんなにシンプルだからこそ

とても奥深い

しみじみ美味しさを感じながら今日もいただくおむすび

そんなおむすびの大切さや素晴らしさを気づかせてくれたのは

佐藤初女さん

e0145433_20125350

今月の2月1日に亡くなられました

奇しくも私の祖母の誕生日

みんなのおばあちゃんのような偉大な存在でした

ご冥福をお祈りいたします

ちょうど3年前の今頃

初女さんのおむすびフェスタに幸運なことに参加することができました

https://amarananda.wordpress.com/2013/02/21/初女さんのおむすびフェスタ/

あのときあの年齢でまだまだ皆様のために働きたいとおっしゃていた初女さん

本当にマザーテレサのような存在でした

初女さんにお会いできて心からありがたく光栄に思いました

初女さんのおむすびを食べて自殺をとどまったという人

初女さんのおむすびや漬け物をいただいただけで精神的に救われた人

初女さんは何を語らずも

その存在とその手とその愛でつくられたいのちのたべもので

どれだけ多くの人が救われたか

どれだけ多くの人が癒されたか

おむすびというすごくシンプルなものにこれだけの祈りがこめられる

それは初女さんの生活すべてが『祈り』であったからであり

生活のすべてにその魂がこめられていたからだと思うのです

私も初女さんのように

おむすびに祈りをこめて

日々の生活をもっともっと丁寧に

心をこめて

生きていきたいと思います

まだまだ急ぎすぎている自分を反省しつつ。。。

初女さん

本当に素晴らしい気づきを

ありがとうございました

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中