11月のひふみよがクラス

IMG_6517

昨日クラス後、少し散り始めの吹上のコスモス畑へ。

お花畑を歩いているだけで幸せな気分になります。

晴れていると本当に気持ちのよい、いい季節ですね。

 

 

 

∞  11月 nobember 吹上クラス ∞ 

☆日曜 sunday 11/1(日), 11/22(日)

 10:00〜11:30 リラックスヨーガ Relax Yoga (very slow)

☆火曜 tuesday 11/3(火・祝), 11/10(火), 11/17(火), 11/24(火)

 10:00〜11:40 ハタヨーガ Hatha Yoga

☆土曜 Saturday  11/14(土), 11/21(土), 11/28(土)    10:00〜11:40 ハタヨーガ Hatha Yoga

ヨガクラス Yoga Class

1回 1230 yen

5回券 5500 yen (期限なし)

(小学生から上記料金をいただいています。小学生未満は無料)

レンタルマット Mat Rental  1回 100 yen

 

 

 

※クラスは前日までに以下のメールあてご予約お願いします。

please book for a class by the day before on the email below;

brillantiempo@gmail.com

 

 

 

 

 

∞ひふみよが場所∞

埼玉県鴻巣市南1丁目(吹上小学校裏手)JR吹上駅南口より徒歩7分
Minami Konosu Saitama
(the other side of the main gate of Fukiage Elementary School )

7 mins from JR Fukiage Sta.

あきいろ

秋の高い空にそびえたつようなうちの御神木

IMG_6421

うちの裏庭に鎮座しておられる黒松さま

なにやら樹齢300年ともなるそう

 

 

 

IMG_6488

近くの公園にはどんぐりころころ

 

 

IMG_6490

平凡な公園も夕方のマジカルアワーにはマジカルな空間に

 

 

 

IMG_6487

教室の庭にははぜのが早くも美しく紅葉しています

 

 

 

IMG_6445

家の近くで利根川を一望できる場所を発見

 

秋は空が高くて空気がピンとしてくる

キモチイイ季節ですね

 

20年ぶりのバッサリ

成人式が終わったあと、腰の辺りまで伸ばしていた髪をバッサリ切りました。

あの快感が忘れられず、ちょうどその倍を生きたということもあり、

過去の思いや執着を一挙に手放してより「今」に生きよう、という思いなどもあり、

遂に20年ぶりにバッサリいきました。

 

こんなに伸びていたんだなー。

 

before

IMG_6334

 

after

 

 

 

 

IMG_6414

 

wowwowowowowowo!!!!!!!!!!

ナントーーーーースッキリーーーーー!!!!

軽すぎる!!!

こんなに重たいモノをずーっと何十年も背負って生きてきたのかー!

と思うほど、信じられないくらい軽くなりました。

そして頭を洗う度にとてつもなく首の疲れがきていたのが、

ハゲてしまったのか!??と思うくらい劇的に軽くてラク!!

ものすごい爽快感です。

切ってよかったー!

 

そして、その髪は筆にしようかとも思っていましたが、髪を寄付できるというところがあると聞いて調べたところ、病気や怪我などで髪をなくしてしまった18歳までの方々にかつらを無償でプレゼントしている団体があり、そこで髪の寄付を募っていたので、そこにすべて寄付することにしました。

 

Japan Hair Donation & Charity

http://jhdac.org/about/

IMG_6491

 

どんなになったか見たい方はヨガクラスきてくださ〜い笑

心機一転、軽やかに新たなステージはじまっています。。

 

 

はからめ月のカレンダー2016年受付開始!

 

もう来年の話とはちょっと気が早い気がしますが。。

今年もひふみよがでは『はからめ月のカレンダー』の販売をいたします!

2016年版!

 

IMG_6448

こちらは自宅のお手洗いにある月のカレンダー。

座りながらいつも月の満ち欠けやちょっとした智恵などを読みながら楽しんでおります。

 

ひふみよがの教室にも掲げているので教室へ来ている方はにはお馴染みかと思いますが、月の満ち欠けをはじめそれを基に先人達作り出した太陰暦(旧暦)、その太陰暦と密接な関係ある潮の満ち引き、季節を感じる事できる十四節気、雑節、そして月ごとの歳時記など記載された智慧のいっぱいつまった素晴らしい暦です。また、土用、「土をいじってはいけない日」や粒万倍日、さらに江戸時代の知恵「江戸しぐさ」についての豆知識記載されています。

カレンダーで月の満ち欠けを見ていると、月経がちゃんと定期的にくるようになった、という方もいるくらい、月の満ち欠けを意識することは自分と宇宙のリズムをシンクロさせることにもつながるのです。

 

地球にあるもの全ては月や太陽の持つ大きな力の影響を受けなら時間進んでいます。人間、植物、動物、水も空気も土も全部全部、んなとても大きな影響を受けています。その大きな力を自分の人生の味方につける事できたら・・・という思いで、月や太陽や地球、そして先人の知恵いっぱい詰まっている月のカレンダー作りました。』by はからめ

カレンダー2016年度版も琵琶湖水系のヨシ紙を使用。
ヨシは成長過程で水を浄化する作用あるため、ヨシを使うこと水をキレイにしていくことにつなるという、環境のこともしっかり考えている本当にすぐれたカレンダーです。
 
カレンダーの写真、詳しい内容などは下記Webサイトをご覧ください。
http://www.hacarame.com/moon/index.html

●お値段 
○月のカレンダー2016年度版
A4サイズ (210×297) 1850円(税込)
B4サイズ (257×364) 2370円(税込)
 
 
ひふみよがでは予約販売のみで、ご予約は11月末を締め切りとしております。
予約されたい方はサイズ、部数を明記の上、以下のメールあてご連絡いただくか、クラスに来た際にお伝えください。
brillantiempo@gmail.com
カレンダーのお渡しは12月中旬頃になると思いますが、基本的にはクラスに来ていただいた方に直接手渡しする際にお支払いいただくこととしておりますが、クラスに遠方などの理由で来られない方などは、送料をご本人様ご負担で予約をお受けすることもできますので、上記のメールあてご連絡ください。

醜いゴミから美しい灯へ〜ヨーガンレールのランプ展

展示室に入った瞬間

「わぁぁぁ。。。。。。」

なんと美しい。。。

IMG_6377

まさかすべてランプが海のゴミからできているとは。。

 

先週放映された「鶴田真由のキューバ不思議体感紀行」をはじめ昨年のミャンマー、一昨年のミクロネシアなど、真由さんがいつも愛用している衣装はヨーガンレールのものですが、そのデザイナーであったヨーガンレールさんが海から大量に上がってきたプラスチックゴミから制作したランプの作品展に行ってきました。

 

東京都現代美術館「ここはだれの場所?」展

IMG_6376

 

『醜いプラスチックのゴミを大量に見せただけではその恐ろしさを分かってもらえないのなら、私はそのゴミを使って、何か自分が美しいと思うものを作り出す努力をします。ただ美しいだけのオブジェではなく、もう一度人の役に立つ実用的なものに変えましょう。これは、ものを作ることを仕事にしている私の小さな抵抗です。それによって、この大量のゴミに目を向けてもらえるように。私はこれを自分の最後の仕事だと思っています。』

 

IMG_6372

IMG_6373

自分の最期を無意識的か意識的かわかっていたのか、たまたまだったのか、そう言い残して、このプロジェクトが完成する直前の昨年秋にヨーガンさんは突然事故で亡くなられたそうです。

 

真由さんからも、ヨーガンさんと一緒にゴミを拾いに行った話などを聞いていたので、あまりの突然の死にまだお会いしたことがなかった私ですらものすごいショックと悲しみでした。近い方々の悲しみは途方もなかっただろうと想像します。

IMG_6381

色とりどりに美しく実用的にランプに姿を変えた大量のプラスチックゴミ。

よく見るとペットボトルの蓋やブイや網紐、人形の足、マヨネーズや洗剤のボトル、などなど、本当に浜辺にたくさん転がっているものたちばかり。そんなゴミを使ってこんなに幻想的で美しい空間になってしまうとは。。あっぱれでした。

IMG_6384

さすが「美」を追求し続け、地球環境の悪化に心を痛めていたヨーガンさんの集大成のような、本当に素晴らしく、そして心に強いインパクトを与えるような作品展でした。同時に、自分たちがいかに途方もない莫大な量のゴミを出しているか、改めて自分の生活や社会のあり方も見直すいい機会となりました。

むやみやたらにペットボトルやプラスチックの物を買ったりせず、安くてすぐ捨ててしまうような物をなるべく買わずに、なるべくゴミを出さない生活に、少しずつまたシフトしていきたいと思います。

IMG_6386IMG_6383

IMG_6379

IMG_6388

IMG_6382

 

10月12日(月)まで展示されているそうなのでぜひ、

じかに見て、じかに感じてください!

 

 

東京都現代美術館

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/whoseplaceisithis.html