夏越の大祓

あれよあれよという間にもう2014年も半分が過ぎました。

5月からあり得ないくらい目まぐるしくいろんなことが立て続けにあり、ブログも全く書けない状態で、気がついたらもう今日はお大祓の日。

 

一年に二度ある「大祓の日」で、一年の終わり、大晦日は「年越の祓」でこちらはおなじみ、除夜の鐘など一年の罪や穢れを落とす日で知られていますが、一年の半分が終わった6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ」」で、一年の半分までの罪や穢れを祓う除災行事です。

 

夏越の祓では多くの神社で茅の輪くぐり(ちのわくぐり)が行われるようですが、大宮にある武蔵一宮氷川神社でも「茅の輪くぐり」の神事が執り行われます。

この起源はスサノオノミコトの神話の中で”もし疫病が流行したら茅の輪を腰につけ疫を逃れよ”といった故事から全国に広められましたそうで、これから暑い夏を迎えるにあたり、乗り越えるための”無病息災”を祈願するものだそうです。

080630_chinowa013-300x225

 

ひふみよがでも教室の四方に

「祓えたまえ 清めたまえ」

お清めのお塩をまき、手を合わせました。

そして自己練習を久しぶりにたっぷりした後、お神酒で清めのお酒を。

ばたばたばたばたとこの2ヶ月過去最高潮に駆け巡っていたのがやっと今日ストンと一度地に足を着かされた気がしました。そして久々のブログを腰を据えて書くことができました。

 

 

明日からまた新たな気持ちで肚に気合いを入れてスタートです。

また皆様どうぞよろしくお願いいたします。

??

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中