日本人とさくら

あっという間にさくらは散ってしまいました。

IMG_2923

今年はなんだかいつもより早く散ってしまったような気がします。

先週土日は花見のピークだったけどとても寒く、月曜日にやっと温かい中で花見ピクニックができると思って行ったらもうかなり散ってしまっていました。

IMG_2921IMG_2920

 

でも桜吹雪の中のピクニックもなかなか乙なものです。

 

先週末の寒くて風も吹く中、多くの人が桜の下で宴会をしているのを横目で見ながら、どうしてこの寒いのにわざわざ外で、桜の下で何時間も過ごすのだろうと、自分もその場にいながら日本人の桜への強い思い入れを不思議に思う。

一年のうちたった一週間くらい、しかも週末でいったらほぼ一週末のみが桜の満開の時で、そのわずかな時を今か今かと待ち、桜が満開になる週末には、普段ピクニックなどしない人や花粉症の人までこぞって桜の下に集まる。

 

そんな話を友達にしていたら、13人のグランマザーの一人であるクララさんは、

「桜の樹は日本人のスピリットそのものだ」と話していたと教えてくれた。

たしかに、桜はとても日本人の性質に似ているかもしれない。

 

忍耐強く耐え忍び、ぱっと咲いてぱっと散る。

色も主張し過ぎず、それでいて可憐で美しく、奥ゆかしい。

まさに大和撫子。

IMG_2914

だからわたしたち日本人は、意識的か無意識的か自分たちの本来持つ精神性を思い出すためにこうして毎年桜が咲くのを心待ちにし、寒かろうがなんだろうが、桜の下で宴をしたくなるのかもしれません。

 

 

そしてただ単純に、さくらの花を見ているだけで心は自然と幸せになってしまいます。

この時期に日本にいられることは、本当に幸せなことですね。

IMG_5048

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中