高崎線の帰宅難民に

記録的な雪のバレンタインデーになんと!

高崎線内で帰宅難民となりました。

 

22:30頃に桶川駅で電車がストップ。

0:00頃辺りだったか、電車の故障につながってしまうとかなんとかで、車内の電気が4/5くらい消されてしまいました。一体いつ動くんだ、とやきもきしていたけど電気が消されるとなると「wow!」と、なんだか上がってしまう自分。

そしてその1時間後くらい辺りに全部消され、さらには暖房まで消されてしまう始末。

全車輌のうち3車輌だけ手動で開けられるようになった様子。中真っ暗。

IMG_2630 IMG_2631

寝ようと思っても目が冴えて寝られず、電気も消されたので本も読めず、ただただ待ちぼうけ。JRの社員も頑張ってこの大雪の中修理しているんだろうな、と思うと怒る気にもなれず、それでも一体いつまでこの状況なんだ?と思うと気が気じゃなくなってイライラしそうになると呼吸を意識して、インドじゃ電車の数時間の遅れなんて日常茶飯事でよく経験したしと思ってみたり、3.11の時の東北の方に比べたらこんなこと本当に大したことではないと思ったり、心の中で般若心経を唱えてみたり。この時ばかりは般若心経の一言一言が深く入ってきました。

「色即是空」

これもまた「空」か。と。

 

こりゃーいい修行だなと思いつつもやっぱりたまに沸き起こるいらっ。。

まだまだ修行が足りんです。

 

しかも暖房が消えても意外といけるな、と思っていたのは最初の1時間くらいで、その後はどんどん冷えてきて、その寒さでまた全然眠れない。周りの人は結構いびきかいて寝てるし。。よく眠れるなこんな寒いのに、、と思ったり。ブーツも脱いで正座しないといられないくらい足元が寒すぎる。

1時半くらいまではじっと車内でひたすら座って待ち続けてたけどさすがにお手洗いに行かなくてはと思い、外を出てみると、改札の外で待っている人も大勢。タクシーでも行けるのかと思って改札外へ出てみると案の定大行列。

IMG_2634

 

改札の外で何かいい匂いがするなーと思ってよく見るとカップラーメンをずるずるすすっている人が何人もいる。コンビニが近くにあるのか!と思って外に出てみるとあまりにも多い積雪と吹雪にびっくり。

IMG_2643IMG_2639 IMG_2638 

駅からmineに向かう連絡通路もこんな状況。夜中2時。

IMG_2637IMG_2640

 

 

コンビニには多くの人が立ち読みしたり、カップラーメン買ったり、ホッカイロを買おうとしたらとうに売り切れ。さすが賢い人たちは早い!

 

日本人とはなんてこういう悪環境、悪条件、自然災害の受け入れ力が強く、ひたすら耐え、その状況に柔軟に対応して乗り切る民族なんだろうと改めて感じました。

 

電車に戻ってまたしばらく座ってみるけどどうにも寒くていられない。またタクシー見に行ってみたり、コンビニでうろうろしてみたり。暇すぎて「目が良くなる本」とか買っちゃったり。トイレに行ったらコンセントを発見して充電してみたり。

 

5時も過ぎたので朝ご飯でも食べるか、と、運良くまだ残っていた母のにぎってくれたおむすびとコンビニで買ったお味噌汁を立ち食い蕎麦やのカウンターで。あーなんてありがたや。。ほっとする。。。

IMG_2644

 

朝6時。

始発時間になって今度は朝の電車に乗ろうとして集まってきた人たちも加わり改札まわりには百人はゆうにいる人だかり。それでもずっとアナウンスは昨晩からひたすら同じ

「まだ、運転再開の目処はたっておりません。。。」

 

まさか朝まで動かないとは、というか朝になってもまだ目処たってないって、、、どうすりゃいんだこれ?でもとにかく寒すぎてコンビニでずっとうろうろもしていられないし、ここまで待ってタクシーで何万も払って帰るのもしゃくだし、歩こうかとも思ったけど歩こうにもまだみぞれか雨か、帽子もないので頭はキンキンに冷えるし、普通に歩いても3時間はかかるだろうし、こんな状況で歩くのはムリだろうと思い直し、でも電車にも寒すぎて戻れないし、そうだ!近くのファミレスとか探してみよう!とネットで検索したらなんと、駅直結のロッテリアが朝7時からオープン!もう開いてるんじゃん!

ロッテリア様!!ありがたやー!!

下へ降りてみると案の定、帰宅難民と出勤できない難民で桶川ロッテリア多分開店始まって以来の大繁盛だったんじゃないでしょうか。店員もこんな早朝からものすごい行列でテンパりすぎて転んじゃったり。

30分くらい並んでやっと温かいホットココアを注文。

普段全く行かないロッテリアで、普段なら絶対注文しないし甘すぎて飲み切れないホットココアはめっちゃくちゃ美味しく感じて、はぁーーーっ。。。となって、ゆるんで、飲み干してしまいました。本当にロッテリア様様でした。

 

結局9時になっても状況は全く変わらず、タクシーの行列は増えるばかり。。

結局、無理矢理、はるばるこの悪環境の中、本当に申し訳ないながら車で家族に迎えに来てもらうことになりました。17号から駅に車で入ってくるのが大変そうだったので17号まで歩いて行く途中、あまりに雪が深く、雨も混じってぐちゃぐちゃに。水浸しの中に足を突っ込まないと進めない状況で靴の中氷水が入ってきたときには一瞬真っ白になって気絶しそうに。。

そこまで張りつめていたせいか、車に乗って優しい声をかけられた瞬間、不覚にも子どものように声を上げて号泣しそうになってしまいました。温かい車で迎えに来てもらえるなんて、なんて有り難いことなんだろうと。。

靴の中もジーンズもびちゃびちゃに、ずっと冷えていたところに追い打ちをかけて氷水に足を突っ込んで、もうカラダは冷えまくりでした。

 

国道は大丈夫だろうと思いきや、案外かなり酷い状況。

車が通る部分は雨と混じって溶けているけどまわりの積雪が多すぎてブロックされて水の行き場がなくて洪水状態。これはもう大雪というより災害のようでした。

IMG_2649 IMG_2651

そこここに雪にはまってしまった車があったり、中途半端に溶けていない雪があってスピードも出せないから途中大渋滞。

IMG_2647

普段30分くらいで行くところを1時間半くらいかかりなんとか無事帰宅できました。

 

すぐにお風呂に入ってあったまってきたらやっと眠気が。それもそのはず。もうかれこれ31時間起き続けていたところでした。布団に入って気づいたらもう夕方。ご飯を食べてもう眠くないかなと思いきや、即眠りに落ち、そして今日起きたらもうお昼。完全に時差ボケ状態。

 

うちのカーポートも雨まじりの大雪が家の屋根から落ちたせいもあってやられていました。。

そこら中でカーポート壊れていたりいろんな被害があったようです。

 

しかし、昨日の夕食時、こうして家で暖かい中で家族がいてあたたかいご飯をいただけることがなんだかとても有り難く、幸せに感じました。こうして屋根があって、食べるものがあって、家族がいて、生きているだけでなんてありがたいことなんだろうと、あらためて思いました。普段当たり前にあることが常にあり続けるわけではなく、いつ何が起っても、いつ命がなくなってもおかしくないんだと。

いろいろと本当に大きな学びをいただいた日でした。

 

忘れられない日。

20140214。

 

そして家族に心から感謝です。

 

 

ニュースでみたら約5900人が高崎線車中泊だったそうです。

5900分の1か。

http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000e040269000c.html

 

二晩電車泊した方もいるそうで本当にお気の毒です。

そう思うと私は本当に幸せだなとあらためて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

高崎線の帰宅難民に」への1件のフィードバック

  1. とっても辛い苦行でしたね。
    本当お疲れ様でした。
    電気も消されたなんて、余計不安になるよね。
    ちょうど一年前のてるよの家から松本に買える時も、高崎線すぐ止まっちゃって困ったの思い出したわ。
    松本も74cmの降雪で、未だ街が冷凍庫です。
    友人も峠の向こうで3日間閉じ込められたそうですわ。
    山梨は物流が全く無く、食糧の危機。
    こちらもスーパーは品薄で、地元産の物は手に入る。
    身土不死とはここにも通じてることを痛感するね。
    本当にあったかいご飯とお布団で寝れることって幸せなんだと気づかされるね。
    日常に感謝ですな。
    冷えて免疫力下がってるので、体大事にね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中