あぁ懐かしやINDIA

なんだか近頃、私の中にインドの風が吹いている。

2008年の1月に初めてインドへ。そして2010年、2011年といつもちょうどこの時期にインドやネパールをヨーガや瞑想修行の旅をしていました。2011年からしばらくご無沙汰しているせいか、なんだかインドが懐かしく、恋しくさえ感じてしまう。インドを旅していると「もーー二度と来るかかっっ!!」と何度も何度も思うのになぜかまた気づくと足が向き、なぜか恋しくさえなってしまう不思議な国。INDIA。

 

先日は東京で南インド料理といえば、ダバインディア!

IMG_2661

バナナリーフにのった南インドミールス(定食)。やっぱり美味すぎるーダバインディア!

たまに無性に行きたくなってしまう美味しさ。

 

そして先週土曜のヨガクラス後には南インド風カレーランチを作ってみました。

ココナッツ入りのチキンカレー風(を大豆ミートで)とサブジ。

IMG_2665

 

 

そして今日はずっと作ってみたかったダル。

インドの味噌汁みたいな家庭でもどこでも食べられるダル(豆)のシンプルカレーとキャベツのポリヤル(ココナッツ味)。ダルは本当はムング豆を使うのが一般的なようですが、うちにはレンズ豆しかなかったのでそれで作ったけどなかなかこれもイケル。

IMG_2684

先週から1週間で3回もカレー食べるなんて相当インド恋しや?

 

そして最近何人かから「昔のブログを見た」と言っていただき、あー、そんな昔のまだあったんだ!?そういえばこのブログを始める前、2つのサイトを続けて間借りしてブログを書いていたんだと思い出しました。

 

一つ目は「よがてるよの天地満開

ヘンプ服のenishiのサイトでの間借り。

ちらっと見ていたらあぁ懐かしや、かなり瞑想にはまっていた時の2010年のインドの旅日記が読み返すと自分で言うのもなんですが意外とオモシロイ。しかもヒンズー教の12年に一度の大祭「クンブメーラ」にも当たった時で、まぁなんと非常に貴重な時を過ごしたかと、あらためて思いました。

 

おヒマな方、サドゥのそぞろ歩きなどクンブメーラの様子を見たい方はぜひのぞいてみてください。

http://blog3.enishi.biz/?month=201002

 

enishiの後は、鴨川での1泊2日のリトリートとしてやっていた awa retreat でのブログ

こちらは熊野・伊勢を旅した時のことなど

http://awa–retreat.blogspot.jp/2010/08/blog-post_05.html

 

いろいろいい旅してたなと、ブログを読み返すとあらためて思います。

こんなことを書いてしまうくらい、すっかり「旅」からはなれてこの地に本格的に根が生えてきてしまったようです。でもこうした旅を経験してこそ今の自分があり、ニッポンサイコー!と心の底から叫べる自分があり、旅をし続けてきたことで今は根をはることの歓びを感じられる自分があるのだと思います。そして何より、こうして自由に旅できたのは、ベースとしてここに元気で居続けてくれた家族のお陰だなと思います。

 

aum namah shivaya

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Rishikesh  on Shivaratri  2008

ワクチンって本当に必要?お話会

毎年大騒ぎされるインフルエンザ。

かからないように予防接種を毎年受けている方も多いかと思いますが、予防接種を受けてもかかってしまう人は多くいるのは事実です。逆に、予防接種を受けていなくても毎年かからない方もいます。

私は大人になってから一度も受けたことはないですが、一度もかかったことがありません。

予防接種を受けてもかかるのなら、予防接種(ワクチン)って本当に必要なんでしょうか?

しかも一体ワクチンって何でできてるんでしょうか?

 

インフルエンザだけではなく、私たちが子どもの頃は当たり前のように学校で受けさせられていたBCGや日本脳炎、はしか、風疹などのワクチン、最近妙に宣伝に力が入っている子宮頸がんのワクチンなど、いろんなワクチンがありますが、「打っておかないと危ない」と言われる反面、その副作用について考えたことありますか?

 

そもそも、わたしたちのカラダは「免疫」というシステムを持っていて、いるもの、いらないものを分別し、いらないものを排出、そしてキズを修復するという非常にスバラシイ力を持っているのです。カラダがもともと持つ自然治癒力、免疫システムがしっかり働いていれば病気になっても回復する力があるのです。

その治癒力を忘れてしまい、外からのワクチンや薬など化学的に作られたものに現代のわたしたちは依存し過ぎてはないでしょうか?

 

ワクチンは、動物や蛾の幼虫を使って弱毒化した菌を培養したものと、ホルマリンや水銀系など毒性のある抗原性補強剤といわれるもの、そして雑菌が増殖しないように化学的な保存料などが使われて作られているそうです。そうしたものをわざわざ健康なカラダの中に入れて、病気を予防しようと私たちはしているのです。

 

もちろん、こうしたワクチンや薬に頼らなくてはいけない時はあると思います。

ただ、それにすべてを頼ってばかりいては、もともとカラダが持つ自然治癒力はどんどんと衰えてしまい、より薬やワクチンに依存しなくてはいられないカラダになってしまうのではないかと思うのです。

 

そんなワクチンやカラダの免疫システムのことなどをちゃんと知っておきたい方に!

とてもわかりやすく説明をしていただける先生のお話会です。

ぜひ、ご参加ください!

 

『ワクチン(予防接種)について、知っておきたいアレコレ。@川越』

http://saitamacranio.blogspot.jp/

とき 2014年3月9日(日)   13:30 〜 16:00  (13:15〜受付)

場所 キムラヤ八幡通りルーム2階(川越丸広百貨店近く)

   ◎JR・東武東上線「川越駅」徒歩7分

   ◎西武池袋線「本川越駅」徒歩4分

参加費 おひとり様  2,000円 

講師 三浦ひろの

癒食住研究家
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス
HMA(英国ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス
クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法とうがいせんこつりょうほう)プラクティショナー

◎2008年春、東京原宿に「たまゆら堂」開設。2011年、和歌山に移転。
自身に病を得たことをきっかけに自然療法に出会い、経験上、最も役に立ったホメオパシーとクラニオセイクラルセラピーをメインに治療を行っています。
クラニオの講師としても活動。健康・癒(衣)食住にまつわる講演なども行い、全国を飛び回っています。
※ご参加希望の方はこちらのブログへ
☆☆☆講師よりメッセージ☆☆☆
予防接種(ワクチン)は母子手帳でもすすめているし、
スケジュールをこなすための別冊のようなものもついてくる。
役所からは無料の「接種票」なるものも送られてくるうえに、
打っておけば「かからない」といわれるし、
「かかったら大変だよ」とおどされる。
一方で、「おそろしい副反応が起きるので打ったら危険です」
とも、おどされる。

そもそもワクチンはどのように作られていて、
何が入っているのか、正確な情報をご存知でしょうか?

身体を守ってくれている免疫システムがどのようなもので、
予防接種がそこにどのような働きをするのか、
考えたことはありますか?

妙に宣伝に力が入っている子宮けいがんワクチン。
なぜか毎年大騒ぎされる新型インフルエンザ。
大量な情報があふれるように流れていますが、
本当の予防に関する情報はほとんど伝わってきません。

ひとりひとりが納得して「選ぶ」ための情報をお伝えすることで、
だれもが「安心」して「自信」をもって健康をクリエイトできることが
わたしの願いです。
ぜひ、みなさまお誘いあわせのうえ、お越しください。
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

高崎線の帰宅難民に

記録的な雪のバレンタインデーになんと!

高崎線内で帰宅難民となりました。

 

22:30頃に桶川駅で電車がストップ。

0:00頃辺りだったか、電車の故障につながってしまうとかなんとかで、車内の電気が4/5くらい消されてしまいました。一体いつ動くんだ、とやきもきしていたけど電気が消されるとなると「wow!」と、なんだか上がってしまう自分。

そしてその1時間後くらい辺りに全部消され、さらには暖房まで消されてしまう始末。

全車輌のうち3車輌だけ手動で開けられるようになった様子。中真っ暗。

IMG_2630 IMG_2631

寝ようと思っても目が冴えて寝られず、電気も消されたので本も読めず、ただただ待ちぼうけ。JRの社員も頑張ってこの大雪の中修理しているんだろうな、と思うと怒る気にもなれず、それでも一体いつまでこの状況なんだ?と思うと気が気じゃなくなってイライラしそうになると呼吸を意識して、インドじゃ電車の数時間の遅れなんて日常茶飯事でよく経験したしと思ってみたり、3.11の時の東北の方に比べたらこんなこと本当に大したことではないと思ったり、心の中で般若心経を唱えてみたり。この時ばかりは般若心経の一言一言が深く入ってきました。

「色即是空」

これもまた「空」か。と。

 

こりゃーいい修行だなと思いつつもやっぱりたまに沸き起こるいらっ。。

まだまだ修行が足りんです。

 

しかも暖房が消えても意外といけるな、と思っていたのは最初の1時間くらいで、その後はどんどん冷えてきて、その寒さでまた全然眠れない。周りの人は結構いびきかいて寝てるし。。よく眠れるなこんな寒いのに、、と思ったり。ブーツも脱いで正座しないといられないくらい足元が寒すぎる。

1時半くらいまではじっと車内でひたすら座って待ち続けてたけどさすがにお手洗いに行かなくてはと思い、外を出てみると、改札の外で待っている人も大勢。タクシーでも行けるのかと思って改札外へ出てみると案の定大行列。

IMG_2634

 

改札の外で何かいい匂いがするなーと思ってよく見るとカップラーメンをずるずるすすっている人が何人もいる。コンビニが近くにあるのか!と思って外に出てみるとあまりにも多い積雪と吹雪にびっくり。

IMG_2643IMG_2639 IMG_2638 

駅からmineに向かう連絡通路もこんな状況。夜中2時。

IMG_2637IMG_2640

 

 

コンビニには多くの人が立ち読みしたり、カップラーメン買ったり、ホッカイロを買おうとしたらとうに売り切れ。さすが賢い人たちは早い!

 

日本人とはなんてこういう悪環境、悪条件、自然災害の受け入れ力が強く、ひたすら耐え、その状況に柔軟に対応して乗り切る民族なんだろうと改めて感じました。

 

電車に戻ってまたしばらく座ってみるけどどうにも寒くていられない。またタクシー見に行ってみたり、コンビニでうろうろしてみたり。暇すぎて「目が良くなる本」とか買っちゃったり。トイレに行ったらコンセントを発見して充電してみたり。

 

5時も過ぎたので朝ご飯でも食べるか、と、運良くまだ残っていた母のにぎってくれたおむすびとコンビニで買ったお味噌汁を立ち食い蕎麦やのカウンターで。あーなんてありがたや。。ほっとする。。。

IMG_2644

 

朝6時。

始発時間になって今度は朝の電車に乗ろうとして集まってきた人たちも加わり改札まわりには百人はゆうにいる人だかり。それでもずっとアナウンスは昨晩からひたすら同じ

「まだ、運転再開の目処はたっておりません。。。」

 

まさか朝まで動かないとは、というか朝になってもまだ目処たってないって、、、どうすりゃいんだこれ?でもとにかく寒すぎてコンビニでずっとうろうろもしていられないし、ここまで待ってタクシーで何万も払って帰るのもしゃくだし、歩こうかとも思ったけど歩こうにもまだみぞれか雨か、帽子もないので頭はキンキンに冷えるし、普通に歩いても3時間はかかるだろうし、こんな状況で歩くのはムリだろうと思い直し、でも電車にも寒すぎて戻れないし、そうだ!近くのファミレスとか探してみよう!とネットで検索したらなんと、駅直結のロッテリアが朝7時からオープン!もう開いてるんじゃん!

ロッテリア様!!ありがたやー!!

下へ降りてみると案の定、帰宅難民と出勤できない難民で桶川ロッテリア多分開店始まって以来の大繁盛だったんじゃないでしょうか。店員もこんな早朝からものすごい行列でテンパりすぎて転んじゃったり。

30分くらい並んでやっと温かいホットココアを注文。

普段全く行かないロッテリアで、普段なら絶対注文しないし甘すぎて飲み切れないホットココアはめっちゃくちゃ美味しく感じて、はぁーーーっ。。。となって、ゆるんで、飲み干してしまいました。本当にロッテリア様様でした。

 

結局9時になっても状況は全く変わらず、タクシーの行列は増えるばかり。。

結局、無理矢理、はるばるこの悪環境の中、本当に申し訳ないながら車で家族に迎えに来てもらうことになりました。17号から駅に車で入ってくるのが大変そうだったので17号まで歩いて行く途中、あまりに雪が深く、雨も混じってぐちゃぐちゃに。水浸しの中に足を突っ込まないと進めない状況で靴の中氷水が入ってきたときには一瞬真っ白になって気絶しそうに。。

そこまで張りつめていたせいか、車に乗って優しい声をかけられた瞬間、不覚にも子どものように声を上げて号泣しそうになってしまいました。温かい車で迎えに来てもらえるなんて、なんて有り難いことなんだろうと。。

靴の中もジーンズもびちゃびちゃに、ずっと冷えていたところに追い打ちをかけて氷水に足を突っ込んで、もうカラダは冷えまくりでした。

 

国道は大丈夫だろうと思いきや、案外かなり酷い状況。

車が通る部分は雨と混じって溶けているけどまわりの積雪が多すぎてブロックされて水の行き場がなくて洪水状態。これはもう大雪というより災害のようでした。

IMG_2649 IMG_2651

そこここに雪にはまってしまった車があったり、中途半端に溶けていない雪があってスピードも出せないから途中大渋滞。

IMG_2647

普段30分くらいで行くところを1時間半くらいかかりなんとか無事帰宅できました。

 

すぐにお風呂に入ってあったまってきたらやっと眠気が。それもそのはず。もうかれこれ31時間起き続けていたところでした。布団に入って気づいたらもう夕方。ご飯を食べてもう眠くないかなと思いきや、即眠りに落ち、そして今日起きたらもうお昼。完全に時差ボケ状態。

 

うちのカーポートも雨まじりの大雪が家の屋根から落ちたせいもあってやられていました。。

そこら中でカーポート壊れていたりいろんな被害があったようです。

 

しかし、昨日の夕食時、こうして家で暖かい中で家族がいてあたたかいご飯をいただけることがなんだかとても有り難く、幸せに感じました。こうして屋根があって、食べるものがあって、家族がいて、生きているだけでなんてありがたいことなんだろうと、あらためて思いました。普段当たり前にあることが常にあり続けるわけではなく、いつ何が起っても、いつ命がなくなってもおかしくないんだと。

いろいろと本当に大きな学びをいただいた日でした。

 

忘れられない日。

20140214。

 

そして家族に心から感謝です。

 

 

ニュースでみたら約5900人が高崎線車中泊だったそうです。

5900分の1か。

http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000e040269000c.html

 

二晩電車泊した方もいるそうで本当にお気の毒です。

そう思うと私は本当に幸せだなとあらためて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪雪雪

いやいやいや。。。

スゴい雪でした。。。

ニュースでは熊谷では50cmくらいの積雪で60年ぶりくらいの大雪だったそうです。

確かに、こんな雪雪雪世界は生まれて初めて見ました。

 

昨日の夕方は雪を見ながらヨーガ練習。

IMG_2601

なかなか瞑想的になれるいい景色。

 

朝起きるとあまりの積雪にビックリ!!

愛車もかわいく帽子をかぶってるみたいでかわいい!

IMG_2605 IMG_2603

 

今日は一日雪かき。

大雪だっていう散々予報があったにもかかわらず、雪かきグッズを用意し忘れたため、うちにあった箕でやってみたらこれはなかなかのスグレモノ。軽くていっぱいすくえてとても早い!さらに、柄がついてない分足腰と丹田をしっかり使わなくてはいけないので、腰が痛くならない!

IMG_2609 IMG_2610

 

雪かきばかりしてると飽きるのでたまに遊ぶ。

雪だるま。

気づいたら6体も作ってた!

こういう時って本当に子ども心に返ります。

雪の中に飛び込んで寝転んでみたり。

あーキモチイイ。

 

 

かわいくできた雪だる子姉妹。

 

IMG_2611

 

火曜のヨガクラスまで生きてるかな。。

 

 

立春

今日は立春。

春のはじめ。

 

陰陽五行説では、立春を一年の始まりとしており、前日の節分を一年最後の日として邪気を祓い幸せを願ういろいろな行事が行われてきたそうです。うちでも恒例の豆まきを行いました。

昨日の節分はとてもあたたかく過ごしやすく、春が来たかと思うほどでしたか、春と名のつく今日は一気に真冬に引き戻されました。この辺りも久しぶりに雪化粧で真っ白です。

 

1月31日が新月で、旧暦のお正月。

いよいよ本格的に2014年のはじまり。

やっとなにかが動き出しそうな感じです。

 

 

ひふみよがの庭の水鉢に飾られた春の気配を感じさせるろうばい。

水に差した直後にかわいい鳥さんがやってきて花を食べてました。

IMG_2578

癒されます。。

 

今日は雪が降りましたが、日に日に春が近づいてくるのを感じられて嬉しく思います。厳しい寒さであればあるほど春のあたたかさが身に沁みて幸せに感じられるものです。なんでもそうだと思いますが、つらい時の後には幸せな時が、きびしいさの後にはあたかたさが、雨の後は晴れ、気分が沈んだあとはまた浮き上がる。その逆もしかり。

 

「諸行無常」 すべては変化し続ける

 

この世で唯一変化しないものは「すべては変化し続ける」という事実のみ。

永遠に続かない今だからこそ愛おしく、切なく、有り難く感じられるのだと思います。

 

 

日々の変化を感じて、味わい、その日を大切に充実して生きたいものです。