コンクリートジャングルの神様

昨年末から虎ノ門の公共施設でもヨガクラスを持ち始めました。

虎ノ門の駅からその施設へ行く途中突如あらわれる鳥居。

IMG_2563

 

こんな高層ビルばかりの中にいきなり鳥居!?

と思ってよく見ると金刀比羅宮とある。

あの四国・讃岐の金刀比羅宮の御分霊じゃないですか!

IMG_2555

 

IMG_2556

まぁこんなコンクリートジャングルの中によくぞご鎮座し続けてくださっていたと、とても有り難い存在だと通る度に思わされます。

先週初めてクラス前に時間があったのでお参りに。

 

上を見上げるとこんな感じ。

IMG_2558IMG_2562

 

ビルから神様が見下ろせてしまいます。

 

しかも神社があること自体が既にこのコンクリートジャングルの中においては癒しの空間であるのに、さらに境内にはさらなる癒し(?)の場所も。

IMG_2560

ビルを抜け出し神様のふところで一服させてくれるなんて、なんて大きな神様でしょう。

 

いくら高層ビルを建てまくっても、こうしてわずかな空間でしかないけれども神様の社を残そうとする日本人の心意気を感じさせられる場所です。そして、スーツ姿の男性や、夜のお仕事をされているような女性やら、次々とお参りに来ている姿を見ると、ここはなくてはならない非常に大事な空間なんだと感じます。

まさに「空(くう)」の間。

物質世界のど真ん中にある霊的世界。

どんなに物質社会になっても忘れてはならない目に見えない世界ですね。

 

その虎ノ門のクラスをしながら窓の外に見えるのはこんな景色。

IMG_2566

そしてその夜の秋葉原のNOAのクラスから見えるのはこんな景色。

IMG_2516

最近の私の木曜日はWタワーの日なのです。

ずいぶん都会に戻ってきたもんだ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中