すすはらい

先日の月曜日、第一回目の家族での大掃除をしました。

12月13日は正月の事始めの日というらしく、昔はこの日を「すすはらい」の日として、仕事を休み、家中が総出で大掃除をし、それがすむと神様に「煤取り団子「を備えたり、「煤掃き餅」や「煤掃き粥」「煤雑炊」といって、一家で餅や雑炊、粥などを食べる習慣があったそうで、単に大掃除というより神聖な御紋の行事だったようです。

すすはらいの後に雑炊や餅を食べる習慣があったなどとは全く知らずして、うちもその夜には鍋の後餅入り雑炊を一家で食べました。なんとなく魂が知っていたのか、ご先祖様が教えてくださったのでしょうか。。

 

しかし、大掃除は本当に気持ちのいいものです。

一年無事に家族を守ってくれた家に感謝の気持ちを込めながら汚れを落としていく作業は、同時に自分自身の一年に溜め込んだ汚れ、穢れを落としていく作業のようにも思えます。

掃除を始めるまでは寒いしめんどくさいし、なかなかエンジンがかからないものですが、やり始めるとスイッチが入ってどんどんやりたくなってしまうし、どんどん綺麗になっていく家を見るのは本当に気持ちのいいものです。

 

掃除だけではなく、この一年でお世話になった方々、年末までに会うべき人に会っておかなくては、、と思い、先週は久しぶりの鴨川へ行ったり、東京へ挨拶へ行ったりと、なんだか師走真っ最中で大忙しでした。

 

住まいも身も心も「すすはらい」をして、2014年の神を迎えたいものですね。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中