年越し

2013年も暮れようとしています。

ひふみよがの神社もお正月飾りが整いました。

IMG_2465

 

 

2013年は本当に色々な大きな出来事と様々な出逢いがありました。

大きな学びと変化の年でした。

今こうして、無事に一年を終えられようとしているのも、家族をはじめ、出逢った方々、友人、すべての方々のお陰です。本当にありがとうございました。

 

2014年がみなさまにとって、平和で充実した年でありますよう心からお祈りいたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

お正月の餅つき

昨日は恒例のおばあちゃんちでの餅つきに、何年ぶりかに久しぶりに行ってきました。

IMG_2458

こんなかわいい貼り紙が。従妹のこども作。

 

昔ながらのおくどさんで餅米炊き

IMG_2450IMG_2421

IMG_2414 IMG_2431

 

千手観音のような母たちの手

IMG_2438 IMG_2445

 

 

 

 

 

IMG_2460

IMG_2455

 

からみ大根餅とあんころ餅。

このつきたて餅のなんとも美味しいこと。。

いくら寝不足でも早起きして食べたい一年に一度の待ち遠しい味。

 

この何十年もがんばってくれているおくどさん。

薪の火はからだもこころも芯からあたためてくれます。

 

 

IMG_2451

 

 

これでお正月の準備へ。

 

IMG_2462

 

一年に一度の日本の素晴らしい伝統ですね。

いよいよ年越しです。。

 

 

 

万華鏡の世界〜型絵染展

先日の月曜日、今年の3月に伊勢神宮で天女の舞を共に奉納させていただいた塩野圭子さんの型絵染展へ行ってきました。

image

身近な草花や蝶が自然の染料で染められた作品はまるで万華鏡か曼荼羅のような世界。グラデーションが本当に美しく、また自然の染料でひとつひとつ丁寧に手仕事された作品はとてもあたたかく、やさしく、塩野さんの人柄が現れているようです。

image IMG_2379 IMG_2382

 

IMG_2380 IMG_2392

干支の作品もどれもとても愛らしく、ポストカードにもなっていて年賀状にとってもいい!毎年こんな素敵なカードをいただいたら嬉しくなりますね!

IMG_2375

 

塩野圭子型絵染展

 

2013.12/18(水)〜2014. 1/17(金)  @ギャラリー繭蔵 in 青梅

http://mayugura.com/gallery/shiono-keiko

1/11(土) は盲目のバイオリニスト穴澤雄介さん New Year Live with 野田正純 だそうです!

 

ここの繭蔵はご飯もとっても美味しいらしく、ダイニングスペースは洗練されたとても素敵な空間です。

ぜひ、美しい万華鏡の世界へ足を運んでみてください。

 

 

 

昼がいちばん短い日

今日は冬至。

すごく冷えた早朝。

坐禅へ向かう土手で素晴らしい富士山を拝み。

IMG_2361

 

寒い中でのお寺でのヨガと坐禅は頭しゃきーんと冴え渡り。

 

お昼には、横浜からの友人と軽井沢からの友人と両親と一緒に

土鍋で炊いた無農薬黒もち米&小豆入り玄米ごはんと

同じく土鍋で重ね煮した具沢山みそ汁と冬至ならではのかぼちゃの煮物。

 

IMG_2362

 

このご飯ものすごく美しく、そしてものすごく美味しいのです。。。

 

そして夜はゆず湯に。

IMG_2370

 

 

あぁ。幸せな冬至。。。

 

ゆず湯は湯に浸かって病を治す「湯治」と「冬至」をかけて行われるようになったそう。ゆずは新陳代謝を活発にし、風邪の予防、肌の保湿もしてくれます。さらに「融通(ゆうずう=ゆず)が利くように」という語呂合わせという願いも込められているそう。昔の人は本当にシャレてます。

そして、緑黄色野菜の少ない冬にかぼちゃを食べることは風邪の予防になり、厄よけ、中風、脳卒中予防、金運向上を祈願する意味もあるそう。

また、今本を見て知りましたが、中国から伝わった風習で、赤い色は災厄を祓うと言われることから、小豆粥を食べる地方もあるとか。これまた知らずと自然と今日は小豆入りご飯を食べていました。小豆は腎臓や子宮にもとてもいいと言われています。

 

一年を大きく分ける四つの節目。

春分。夏至。秋分。冬至。

この大きな一つの日にカラダとココロにやさしい食事。

ありがたや。

 

 

 

 

雪の軽井沢

17火曜日満月◯。

すっかりクリスマス模様になっている軽井沢へ夜到着。

IMG_2323IMG_2331

IMG_2330 IMG_2326  IMG_2329

 

そして翌日は午前中から雪が降り始めました。

午後の2時くらいでマイナス2℃。

このツーンとした空気と雪化粧された林の美しさが、埼玉の骨に沁みる痛い風の寒さとは違い、なぜかとても心地良く、林の中を散歩までしてしまいました。雪の林の中での深呼吸は格別です。。。

IMG_2336

IMG_2345 IMG_2342

すすはらい

先日の月曜日、第一回目の家族での大掃除をしました。

12月13日は正月の事始めの日というらしく、昔はこの日を「すすはらい」の日として、仕事を休み、家中が総出で大掃除をし、それがすむと神様に「煤取り団子「を備えたり、「煤掃き餅」や「煤掃き粥」「煤雑炊」といって、一家で餅や雑炊、粥などを食べる習慣があったそうで、単に大掃除というより神聖な御紋の行事だったようです。

すすはらいの後に雑炊や餅を食べる習慣があったなどとは全く知らずして、うちもその夜には鍋の後餅入り雑炊を一家で食べました。なんとなく魂が知っていたのか、ご先祖様が教えてくださったのでしょうか。。

 

しかし、大掃除は本当に気持ちのいいものです。

一年無事に家族を守ってくれた家に感謝の気持ちを込めながら汚れを落としていく作業は、同時に自分自身の一年に溜め込んだ汚れ、穢れを落としていく作業のようにも思えます。

掃除を始めるまでは寒いしめんどくさいし、なかなかエンジンがかからないものですが、やり始めるとスイッチが入ってどんどんやりたくなってしまうし、どんどん綺麗になっていく家を見るのは本当に気持ちのいいものです。

 

掃除だけではなく、この一年でお世話になった方々、年末までに会うべき人に会っておかなくては、、と思い、先週は久しぶりの鴨川へ行ったり、東京へ挨拶へ行ったりと、なんだか師走真っ最中で大忙しでした。

 

住まいも身も心も「すすはらい」をして、2014年の神を迎えたいものですね。

 

 

NHK BSでミクロネシア旅が放映されます!

遂に!

今年の8月ほぼ一ヶ月をかけて鶴田真由さんのお供をしたミクロネシア諸島への旅が、今週末と来週末の2週連続で放映されます!

突き抜けるような青い空と、透き通るほどの青く美しい海と自然と調和する人々の美しさを、私たちが心底感動した瞬間を!ぜひ映像にてご覧ください!本当に素晴らしい旅でした!!

IMG_1179

NHK BS プレミアム『太平洋の楽園をゆく ~鶴田真由 ミクロネシア 魅惑の島めぐり』

 前篇 12/14(土)後7:30~8:59

後篇 12/21(土)後7:15~8:44

 

NHK 注目番組ナビ

http://www2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=09_0165

きものとヨーガ

先月のはじめはきものウィークでした。

 

11月3日に明治神宮へ、11月5日は日舞の師匠である花柳鶴寿賀先生の国立劇場でのリサイタルのお手伝いと、立て続けに和服を着て丸一日過ごしました。

1459659_564348163636083_89724484_n

国立劇場の楽屋風景

 

明治神宮はご存知の通り参道が砂利道で長く、その後も表参道を下って青山まで歩きました。リサイタルのお手伝いは、朝から晩までお手伝いであっち行ったりこっち行ったり走りっぱなし。普段洋服でもこんな走ったことはそうそうないのにお着物でこんなに激しく動くなんて。。。と思いながらも走るしかない。着物のまま家を出たのは朝7時、帰宅したのは夜10時。

もう心も体もくったくた、帰りの電車は絶対座らなきゃムリーーー!!!

 

と頭で抵抗をしているものの、ふと我に返ってカラダを感じると、これが不思議と頭で思うほど疲れていない。

 

あれ?もしかして座らなくても大丈夫かも?

結局最後の15分くらいしか座れなかったのに意外にもカラダは悲鳴を上げるどころか意外に元気。

 

帰宅してはぁーーーやっと着物から解放ーーー!!

と思いながら脱いでみて、ふぁーっとカラダがゆるんであーラクチン!と思いながらもやっぱりカラダがなんだかピンと整っている感じ。

 

これは!!もしや!!お着物効果!?

 

お腹に何重もの布やら帯やらがきゅっと締まって巻かれることでお腹周りは温かく子宮はしっかり守られ、丹田にどっしりと力が落ち、足袋や草履を履くことで歩くときに足の親指に自然と力が入るので脚の内側に力がしっかり入るのでより丹田に力が入り、締まるべき穴はキュッと締まる。内側が働くのでよりからだの重心が中心によるのでからだが整う。

 

歩くときも自然と内股に、座る時は裾を折らないようにさっと横に引いてから座るよう気をつけ、立つ時は背骨まっすぐのまま立てるよう自然と丹田に力が入るなど、常に意識をからだに置かなくてはいけない。これはまさに、、、!

 

ヨーガアーサナ!

着物を着ているだけでまさにアーサナをしているようなのです!

 

だから長時間着物を着ていても疲れないどころかカラダが整ってしまう。慣れないので変な筋肉痛的な感じになるけどそれはまさにアーサナの後の筋肉痛のよう。

 

昔の日本人は着物を着て椅子ではなく床に座り、お手洗いも洋式ではなく和式で座り込み、お掃除は掃除機やモップではなく雑巾がけ。雑巾がけはまさにドッグポーズのようだしお手洗いに行く度にスクワット。生活そのものがまるでアーサナをしているようだったのではないかと思うのです。

 

昔の女性(今の女性の90歳以上とのこと)は月経のためのナプキンのようなものなどせず、ちゃんと月経血をトイレで流してたというくらい身体能力が非常に高かったらしく、締まるべきところは締まり、ゆるむべきところはゆるんでいたんですね。昔の女性ができていたのなら、今の私たちにもできないはずがない!あとはその失ってしまっている身体能力を取り戻すために、どれだけ意識を持ち続け、からだに意識を向けられるかだと思います。

 

 

着物を着ることがこんなにもからだにいいとは、改めてお着物の素晴らしさを実感しました。

 

これから私たち日本人がもっと着物文化を見直してよりお着物を着る機会が増えれば、自ずと軸が整って筋が通り、肚がすわり、強さと柔軟性を持ち合わせた繊細でいて揺るがない「ザ・ ニッポン魂!」も甦ってくるのではないでしょうか。。。

 

IMG_2212

 

123忘年会

今日は123ひふみの日。

一昨日の日曜日、12月1日。師走が始まった朝には、車のフロントガラスに霜が降りていました。

IMG_2316

 

こうなるといよいよ冬に入ってきた感じがします。

 

ひふみよがでは忘年会の先取りで、一足お先に11月30日に忘年会を行いました。

昨年のひふみよが初めての忘年会は、8名前後でこじんまりと和室で行いましたが、二年目の今年は25名前後と倍以上にふくらみ、20代から70代まで、男も女も、子どもも参加の、老若男女入り混じったとても賑やかで楽しい会となりました。なぜか、アメリカのシンガーのプロモーションビデオに日本代表!?として参加するかも!?ということで、みんなでに「ニッポン」らしい和室で、神様の元でねじりはちまきしてザル持って踊ったり、一升瓶片手に踊ったりと、わけが分からんままにワイワイ唄って踊って、なんだかめちゃくちゃ盛り上がりました!!ヨガの会で酒か!?と怒られそうですが。。。そこは今日は無礼講で!

IMG_2311 IMG_2315

その後の自己紹介も個性的な方々盛りだくさんでとっても盛り上がり、とても明るくハッピーな調和な時間でした。

 

二年目にしてこれだけ多くの方がここに集まるとは一年前には全く想像していませんでしたが、ここまで多くの人とつながれたということを心から嬉しく思います。

みなさんがひふみよがへ続けて通ってくださったからこそ今があり、みなさんによってこの空間がより一層素晴らしいエネルギー、プラーナで満たされ、それがまたさらに多くの人を呼ぶ空間となっていったのだと思います。

 

ひふみよがに来てくださったすべての方々、支えてくださったすべての方々に、心から感謝しております。

ありがとうございます。

 

今年も残りあと1ヶ月弱。

元気に2013年を充実して締めくくりましょう!