和の結 和の心

先々週の日曜日。

旧暦の重陽の節句 (九という陽が重なった(9/9)節句)という節目の日に、ひふみよがの始まりから熱心に通い続けてきてくれていた生徒さんがめでたくご結婚されました。

IMG_2052

暑かった前日までが嘘かのように、当日は秋らしい爽やかな陽気で、

天が二人を心から祝福しているかのようなこの上ない秋晴れでした。

 

二人が選んだのは「和」の式。

挙式、披露宴ともに浦和にある料亭で行われました。

 

最初に外での人前式の挙式。

新郎新婦から、参列者ひとりひとりへあたたかいメッセージが、そして最後はご両親へのおことばがあり、始まって早々に熱いものがこみ上げてきてしまい、こらえるのが大変なくらい感動的な心のこもったことばでした。

IMG_2050

 

そして披露宴は料亭の中で。

新郎新婦の紹介の後、大変僭越ながら披露宴の始まりに舞まで舞わせていただきました。

あまりの立派な舞台と始まりの緊張感、そしてみなさまの熱い視線でお恥ずかしながらものすごい緊張してしまい、声がふるえてしまいました。。まだまだ修行が足りませぬ。。。小心者です。。。

 

そして「ケーキカット」ではなく「鏡開き」。

お洒落すぎる!

 

IMG_2054

 

中庭には和の庭園や小さな滝もあり、テーブルセッティングやフラワーアレンジも和の装いで、細部に渡って和の心が行き届いていて落ち着いた素晴らしい空間でした。

IMG_2056 IMG_2057

 

この竹の徳利とお猪口からのお酒。竹の香りも相まってとても美味しくいただきました。

しかし洒落てる。

最近「和」に目覚めたせいか、やたらと和が格好よくお洒落に見えます。

 

お色直し後も「和」

最初から最後まで「和」

こんな「和」な式に出席したのは初めてだったので、改めて「和」の式の素晴らしさを感じました。

 

最後は新郎新婦自ら余興。これまた彼ららしく愛らしい。

二人とも唄とてもお上手!さすがです!

IMG_2059

 

ひふみよがを始めて1年半。

最初から毎週のように通ってくれていた彼女。

いろんな深い話をしたりお酒を交わしたり相談を聞いたり、ヨーガを通して出逢ったときより確実にいい方向に、明るい方へと変化してきた彼女。時間にしたら1年半だけどそれ以上のつながりがある彼女の晴れの姿や同じくクラスに通ってくれているお母さまの姿を見て、心から嬉しく、喜ばしく、幸せに思いました。

 

また、二人が選んだのが終始「和」であったということがとても誇らしく、日本の文化の美しさや奥ゆかしさを改めて感じさせていただきました。

 

本当に素晴らしい式にご招待いただいてありがたいかぎりでした。

心からふたりの門出をお祝いいたします。

 

本当におめでとう!!

これからが修行だ!

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中