魅惑の島々〜ミクロネシア

8/9にミクロネシア・チューク島へ到着して早3週間。旅も残すところあと数日となりました。

チューク州の島々、ポンペイ島、そして今は最後の目的地コスラエ島へきています。

それぞれ似てるけど、それぞれに独特の特徴や文化、伝統があり、あまり知られていないせいか手つかずの大自然が残っていて、非常に稀少な素晴らしい伝統が残っていたりと、どの島々も素晴らしく魅惑的です!

旅中でなかなかブログを書ける環境ではないので、帰ってから少しずつお伝えしたいと思いますが、少しだけし写真で紹介します

image

チューク本島から船で少しいったところにあるこんなかわいい島!!

まだ生まれたてのサンゴでできている島だそう。

こんあマンガのような島、本当にあるんだーって微笑ましくなりました。海もものすごい透き通っていてキレイ。椰子の実が珊瑚の集まってできた島に漂流して芽が出てこんな島になったらしい。島って生まれたり消えたりするんですね。

 

image

ポンペイ島

世界でも珍しい謎の海上都市遺跡。ナン•マドール。

image

コスラエ島

眠れる美女の島。

image

チューク本島から船で18時間。ポンペイ島。

ここまでくると本当に衝撃的でした。

太陽と直結の完全にパッカーーーんと開かれた眩しすぎる島とそこの人びと。

完全にノックアウトされました。

詳しくはまた帰国後に!

温泉行きたい!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中