日本のスーパーハーブ〜よもぎ

と、思い立ったが吉日。

翌日に荒川の土手を越え荒川沿いまで行くとよもぎらしきものがいっぱい生えているけど、これホントによもぎなのか?と半信半疑のままとりあえず若い芽のものをビニール袋にいっぱいつみ持ち帰り母に確認したところ◯。

よもぎに似た草もあるらしいのでこんなにつんできて違ったらがっかりすぎる!と思ってたけど、良かった当たってて!

 

若杉ばあちゃんの教え通り、まず塩ゆでして、水にさらし、さらに少しアクもあったのでしょうゆと水1:1にさらしてから絞り、細かく刻む。茎など繊維があるのでとにかく細かく。

IMG_5160

そしてさらにすり鉢ですりおろし、、、

IMG_5159

いただいた米粉があったのでそれを水と練って蒸かした餅とそのよもぎを混ぜる。

IMG_5164

 

そして作っておいたつぶあんボールを伸ばした餅でつつみ、、

 

 

できたーーーーーー!!!

IMG_5163

この鮮やかな緑がとても美しい!

生まれて初めて草餅練るところから作ったので、作りたてはこんなに色が美しく、そしてしっかりといいよもぎの香りもするなんてびっくり。うううんんん。。。うまいぃぃぃぃ。。。。本当にいい香りと味。きなこ和えもめちゃ美味しいかった。その辺りに生えている草でこんな美味しいものができてしまうなんて、お天道さま、お土さまに感謝です。

 

ばあちゃん曰く、よもぎは春に絶対食べてほしい野草だそう。

 

<よもぎの効能>

・造血、浄血、いい血を作り、汚い血を浄化する。

・止血効果と殺菌効果。怪我をしたとき、生葉を揉んでつける。

・虫下し。生葉をすり鉢ですってお水を入れて、大さじ一杯くらい何回か飲む。

・解熱降下。すり鉢ですって生葉に、熱湯をかけて汁を飲む。

 

この時期毎日食べ続けたら、来年の今時分、血液の数値から体温からかなり違ってくるはずとのこと。

とにかく、現代人は体温が低く、免疫力が低下していろんな病気や婦人科系疾患(生理不順、冷え性、更年期障害、子宮筋腫等)にかかりやすい。「今の女性の子宮は冷蔵庫!」とばあちゃん。とにかく体、子宮をあたためて、白砂糖や動物性の食べ物を控え、季節のものをいただき、体温を上げていくことが大事。

 

よもぎパワー、すごいです。

日本のスーパーハーブ!

 

薬なんて買わなくても、そこら中に生えているただの、無料の草がこんなからだにいいなんて、大いなる自然は私たちにスバラシイものを与えてくださっているんだなと、改めて自然の偉大さを感じ、感謝せずにはいられません。

 

大きくなったよもぎは刈り取ってまとめて干しておけば、一年中使えてお茶としても飲めるそうなので、みんなでよもぎをいっぱい摘んでおきましょう!草刈りにもなるしね。一石二鳥どころか十鳥以上にもなりそう。

 

若杉ばあちゃん、お天道さま、みなみなさま、ありがとう!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中