頭痛と熱を自然療法で

マヤ暦の終わりと言われていた2012年12月21日から1週間。

鼻水、頭痛、発熱、体中の節々の痛み、だるさ。。。

熱でご飯もろくに食べられず、身体の大浄化、大そうじが起りました。

 

やっと今日、久しぶりに「おー!戻ってきたー!」という感触。

 

いやぁ。。。ほんと、今回ばかりはしんどかった。。。

 

 

宇宙の流れの大きな変化に身体がついていけずにこうなったのか、新たな世界に入っていくのに大きな浄化が必要だったのか、はたまた単なる忙しすぎて疲れ過ぎ&体調管理不足か。。。

何がどうしてこうなったのかわからないけど、とにかく、きつかった。。。

こんなにうなされたのはインド以来。ていうか、日本でこんなに寝込んだ記憶はないくらい。

 

はぁーでも、お陰で体重も落ちすっきり、肌もキレイになり!(気がするだけか)本当にすごいデトックスを宇宙の力によってしていただけました。有り難いです。

 

こんなうなされながらも病院にも行かなければ西洋医学の薬も飲まず、ひたすら自然療法で治そうとする私も相当物好きだなと我ながら思う。しかしこういう時こそ自分実験できるのでいい機会。

しかし東城先生さまさまです。

 

31310

 

今回まずやってみたのが、頭痛に効くと書いてあるごま油にしょうがの絞り汁を混ぜたものを頭にすり込む。これはごま油を使うところがアーユルヴェーダのシロダーラっぽくて効きそうだと思ってやってみたところ、最初はすぅーっといい感じで頭痛がひいていく感じがしたけど、しばらくするとまた戻ってしまった。多分熱もあったからこれだけだと効かなかったのかも。頭痛だけならとてもよさそう。

 

次にやってみたのは、大根をおろしたものをガーゼ(私は手ぬぐいで)にまいて額にのせておく。

これは効いた!

これは冷やしたタオルを額にのせるより、ずっと冷たさが保たれて熱を下げるにもいい効果だし、頭痛もヒンヤリ&大根の湿気と辛みがいい感じで痛みに効いてくる。これは簡単にできるし今時大根いっぱいあるし、ぜひ一度お試しを!

 

あとはリンゴを丸ごと1個すりおろして食べたり。梅醤番茶を飲んだり。

お母さまにお粥を作っていただいたり。おかげさまで復活です。

 

1週間かかったけど、やっぱり必要だから起きている熱や頭痛や鼻水を薬で抑えずに出してあげて経過を待つことが身体の本来持つ自然治癒力をより一層高められるのだと思います。その上、大根とか台所にあるもので治るんだったらこんな安上がりで楽なことはないし!

ま、最後の日はあまりにも熱が下がらずにさすがに病院へ行こうと思ってましたが。。。

 

西洋医学と東洋医学。

これからは統合医療の時代だから、両方のバランスが必要ですね。

 

 

 

皆様も年末も押し迫った今日この頃。

どうぞお身体にはくれぐれもお気をつけて、よいお年をお迎えください!

 

 

 

 

 

 

広告

頭痛と熱を自然療法で」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: おでこに○○あてるだけ♩薬に頼らず頭痛を治す方法 | キラキラガールズ 〜女子力向上サイト〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中