宮城へ〜その2 絆の花咲く

OPEN JAPAN(旧ボランティアベース絆)で活動を続けるはからめの二人とのご縁で、石巻へ行くことができました。

彼らは石巻の港中学校で「みなと食堂」と看板をあげて炊き出しをずっと行っていました。昨年の8月頭あたりまで行っていたらしく、最後にそこを去るときに、桜の苗をその校庭に植えていったそうです。

「こんな時期にこんな場所に植えたってだめだよ」

とみんなに言われたけど、それでも植えていったそうです。

 

牡鹿半島へ向かう前に石巻の市内をぐるっとまわって案内してもらうときに、その中学校にも寄っていただきました。

車を降りてここがこうでね、などと説明をしてくれているうちに、よしこちゃんが急に

「あーーーっ!」という叫び声とともに走り出しました。

 

 

 

そうです。桜が、小さいながらも花を咲かせていました。

 

「絆 桜」という札の横で、もう少しで散りそうなところをまるで二人が来るのを待って、がんばって花をつけているかのように、誰もいない、周りも何もない、荒れ果てているだろう大地の上で、この小さい桜の木は、美しい花を咲かせていました。

 

「泣けてくる。。。」

と、よしこちゃんは桜を見ながら、ぼそっとささやいていました。

 

二人がここでものすごい過酷な時を被災者とともに過ごした日々が走馬灯のようによぎっていたのではないかな、と、横で見ながら私まで感動してしまいました。

 

二人を始め、今までボランティア活動をされていた方々の偉大さを、現地にきてみてより深く感じています。まだまだ支援は続いていますが、本当に今までの活動にお疲れ様ですと心から感謝したいです。

 

そして、この悪環境の中、誰の目にも留まらずとも花を咲かせる桜の偉大さ、自然の偉大さを感じました。

自然はめぐっているんだな、と、3.11以降、よりアタマではなくココロで感じています。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中