台所は薬局〜風邪のお手当

先週末、金土と東京に出て久しぶりにエキサイトして不摂生をしたせいか、日曜日の朝起きてみたら朝声がちゃんと出ない。。ハスキーなしゃがれ声になっている。

昨日のヨーガクラスでも、しゃべりたくてもちゃんとしゃべれず、変な声になってしまう。このまま声が変わらなかったら歌手になろう、と思うくらい、我ながら結構渋くてかっこいい声になってるけど、やっぱりちゃんとしゃべれないのはつらい。。

 

「台所は薬局です」

という東城百合子先生の「自然療法」の本から智慧をお借りして自分でお手当て。今回は声がしゃがれてのどが痛いので、生れんこんと黒砂糖でお手当。甘くて美味しくて嬉しい!のどがすーっと和らぐ感じ。

その他こんなのも簡単にできるのでぜひお試しを〜。

 

●のどや身体のふしぶしが痛み熱っぽいかぜ

生来頑丈に出来てる人なら、最も効くのはりんごをおろして茶わん一杯くらい食べること。

●のどが痛むとき

塩番茶でうがいをし、大根と油揚げ、またはねぎ入りみそ雑炊を少し味を濃く仕立て食べる。のどの痛みがひどい時はからし湿布や、梅干しの果肉を貼っておくのもよい。

●かぜのために声がかれたとき

生のれんこんをおろしてふきんでしぼり、その汁を盃一杯に黒砂糖少々入れて飲むと妙に効きます。またかぼちゃの種半カップほどに、あればきんかんを2、3個入れ、2カップの水で1カップまで煎じて黒砂糖少々入れて寝しなない飲むと大抵一回でよくなります。

●頭痛

しょうがのしぼり汁にごま油をまぜたものを頭にすりこむとよい。リンゴおろし又は大根おろしをガーゼに包み、ひたいにのせておいてもよい。梅干しの果肉を紙か布に貼って油紙をして鉢巻きしておいてもよい。ビワの生葉を額と後頭にはってもよい。

 

まさに台所は薬局。こんなに身近に体のお手当ができるものがあるというのは、灯台下暗しですね。病院の薬のように即効性はないけど、安くて安全で優しく穏やかに効いていく自然療法は、知っておくと本当に助かります。ありがたい!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中