マイケルの復活

あっちの世界からこっちの世界に帰ってきてから、すっかり俗世界没頭中。そんな中、今さらながら、マイケルジャクソンが私の中で大復活中。

宮崎から埼玉までの道のりでマイケルのアルバムHistoryを聴いてたことで火がついた。

あまりにも火がつきすぎて、DVDまでゲット!マイケルが亡くなった後すぐ友達が「これはマイケルのライブで最高傑作だ!」と言ってのりのりで踊りながら見せてくれたのが、

「LIVE IN BUCHAREST: THE DANGEROUS TOUR」(ライブ・イン・ブカレスト)

これは本当に神業です。すごすぎます。かっこよすぎるMJ。ライブ中気絶者続出のぶっ飛んでしまう神がかったライブで、マイケルがポップカルチャーに打ち立てた金字塔であり、未だに越えることの無い完璧なライブである、とDVDの帯に書かれている。

金のTバッグ形のパンツをはいてたり、キラキラのスーツを着たりして”Thriller”や”Beat It”などヒット曲を連発して、完全に人々を虜にして陶酔させておいて最後のクライマックスに!

“Heal the World”

 

この曲には本当に毎回毎回感動させられる。ジョンレノンのImagineとかと同じように、愛と平和のメッセージの曲だったなんて、マイケルが生きてるときにはみじんにも思わなかったし知りもしなかった。マイケルってこんなことを伝えたかったのか、、と亡くなって初めて知った。

 

そして最後のしめの唄は

“Man in the Mirror”

みんなで世界を癒そう、地球を癒そう、と語った後に、世界を変えるには、まずは「鏡の中の人」から始めよう、「Man in the Mirror」から変化しようと。。。

 

マイケルの人間離れした踊りや絶大な吸引力を感じると、このお方は本当に宇宙人か神かと思う。あれだけ叩かれたりしていたけど、あそこまで整形したりクレイジーと思えることをしていたのは、最後に”Heal the World”、愛がすべてだよ、ひとつになろうよ、という壮大なメッセージをできるだけ多くの人に伝えたいたいがためにしていた行為に過ぎないのではないかと思えてくる。今になってやっと、マイケルのすごさや愛をひしひし感じられるのは、今やっと私がそれに対してオープンになったからのかもしれない。

 

マイケルは実は死んでない、というウワサも聞いて、私はひそかにこの2012年12月21日マヤ歴が終わるとされている日あたりに、「キリスト復活」ならぬ「マイケル復活」になるんじゃないかと勝手に期待している。。。ふふふ。

 

ありがとうマイケル!

 

 

Heal the World…

Make it a better place for YOU and for ME

and the Entire Human Race…

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中