存在の詩

最近、読み深めている本

「存在の詩(うた)」 〜TANTRA The Supreme Understanding

 

OSHOこと、バグワン・シュリ・ラジニーシの講話録で、元グリーンピースの事務局長でもあった星川淳さん訳で1977年に出版された本。貴重な古い本を宮崎でお借りしてきてすっかり今没頭中。

OSHO禅タロットは持っていてよく節目節目にかなり的確で時には相当キビシいお言葉をいただいて遊ばせてもらってるけど、OSHOの本はこれが初めて。がっつ〜んとやられてます。鋭くラディカルなお言葉とユーモアにどんどんと引き込まれてしまう。特にこの星川さんの訳がまたすごいと聞いてたけど、本当に素晴らしい翻訳でより一層響きます。

 

OSHO禅タロット、ネット上でもできます。お勧め!

 

 

闘う必要なんかないのだ

泳ぐことすらも必要じゃない

ただ流れといっしょに漂うのだ

<川>はそれ自身でひとりでに流れている

あらゆるものが必ず究極の大洋に至る

あなたはただどんな妨害もしないことだ

<川>を押し進めたりすることはない

ただそれといっしょに行けばいいのだ

<川>といっしょに行くというそのこと

<川>とともに漂うこと

<川>とともにくつろぐこと

それがタントラだ

 

……………

 

偉大なるイエスマンにー

受け容れてごらん

だんだんとあなたは受け容れれば受け容れるほど

欲望が少なくなってゆくのを感じるだろう

もし受け容れたら

どうして欲望がそこに持ちこたえられよう?

この瞬間において

何がどうなっていようと、あなたがそれを受け容れる

そうすればそこには

ほかの何を求めるどんな動きもない

それを生きるのだ

瞬間から瞬間へと深い受容のもとに成長する

どんな目標もなく

どこへ行くという欲望も

何か違うものになったり

誰か違う人になったりという欲望もなくー

 

 

〜第5話より

 

 

いくつもの地球

こないだインドつながりで遊びにきてくれたtoyojiさんのマッサージ施術を受けている時、ヘッドマッサージに入ってからだんだんと意識が違うところへ行きはじめた。。眠りに入っていくのではなく、意識ははっきりしている。そんな中、だんだんと映像が見え始めた。

 

宇宙らしきところで、何か水瓶のようなモノからふわり、ふわりといくつもの青く美しい地球が流れてきて、その空間はたくさんの地球で満たされ、そして地球は宇宙に溶けはじめ、宇宙はその美しく明るい青色に染まっていく。。。

 

 

……と、だんだん意識が部屋にいる自分に戻ってきて、toyojiさんのマッサージが終わったことに気がついた。それはあまりにも気持ちよすぎたヘッドマッサージで脳みそが完全に溶けてしまっていたみたい。

 

それにしてもあのヴィジョンは神秘的で、美しかった。

あれは一体なんだったんだろう?何かのメッセージか?なんでいくつも地球が?

 

 

と、1週間くらいたった後、YouTube でいろいろ見ている中突然、

「ああああああぁ!これだぁ!!!」

 

と、まさにあのとき見たヴィジョンにとても近いものを発見してしまった!

このメッセージがきてたのかと、妙に納得。

 

これによると、私たちは地球は一つしかないと思っているけど、地球というのは実は無数に存在し、それぞれ違うバイブレーション(振動数)を持ち、一つ一つが違った現実を象徴しているとのこと。そして、自分が変えていくバイブレーションによって、自分が体験する地球が変わってくる、と。

 

科学的にはあり得ないかもしれないど、妙に納得できてしまう。だんだんと周波数の振動数の近いような人たちばかりと出会うようになって、ワクワクすること、楽しいことばかりが起き、悲しいことがあってもそれは浄化や成長のために起きたことだとすぐに切り替えられるし、ニュースでの暗い話や世の中が不景気だなんだというのが、なんだか全く違う世界、違う次元でのことのように感じていた。

 

ラジオのチューニングのように、自分がどの周波数に合わせるか、どの振動数なのかでキャッチする電波が変わり、出逢う人や出来事が変わる。そして住む地球まで変わってしまう!?

 

そんなメッセージをいただいていたようです。

toyojiさん素晴らしいビジョンにいざなってくれてありがとう!!

 

 

“You must be the change you want to see in the world.”  Mahatma Gandhi

「世界を変えたいと思うなら、あなた自身がその変化となりなさい」  マハトマ・ガンジー

 

 

バシャール『今、地球人が体験していること。パラレルな地球とは?』

ひい・ふう・みい

1・2・3

今日は 1月23日 新月 旧暦のお正月

ひい・ふう・みい の日が旧正月という2012年らしいゴロアワセ

 

実家も新築され今日から引越開始。いいはじまりです。

これからいよいよ本格的に2012年に突入でワクワクします。

 

ワクワクの仕組み

 

 

 

 

放射能も排出!?酵素風呂

君津にある酵素風呂「悠遊庵」へ友達を連れて久しぶりに行った。

酵素風呂とは?

と、こんな感じ。実際には、ぬか床に自分がつかる感じで、匂いも発酵臭で本当に自分が漬け物になってしまう感覚。すぐ裏にあるヒノキ林のオガくずや米ぬかで発酵された床の中はとてもあたたかい。10分もたつと熱くて汗もいっぱい出てくる。

 

入り方はこんな感じ。

シャンと心身の芯がしっかりと通り出で見るからにヨギーであるおばちゃんとお手伝いさんが、そのぬか床のような酵素風呂にシャベルで人が入る分の穴を掘ってくれて、そこに入り込む。そして、そこに埋まるようにまたオガをかけ戻してくれる。じゅわ〜っと全身温かくなり、めちゃくちゃ気持ちいい。目の上にもオガをかけてくれて、目の疲れがじゅわ〜っととれていく。

その時は他に6,7人酵素風呂に入っていて、何人かはおばちゃんと世間話。入ってから2,3分もたつとその声がだんだん遠のいてきて、どんどんと内に入っていく。まるで地面の下に自分が入り込んでしまって地上の声がかすかに聞こえてくるよう。これはかなりの瞑想道場ならぬ瞑想ぬか床かもしれない。

15分くらいたつとおばちゃんがお水をもってきてくれる。汗がいっぱい出たあとのそのお水のまたうまいこと。。。少し起き上がって、また軽く埋め戻してくれて少ししてから出た。

おがくずを落としてもらった後、シャワーを浴びて出てくると、庵の前でこんな嬉しいお心づかいが。デトックス後のみそ汁は、じゅわ〜っと細胞ひとつひとつに沁みていく。。

そしてゼリー化した10年ものの梅をお茶の中に入れていただいた。しみる〜!!

貼り紙を良く見てみると、尿では排出されない重金属、放射性物質も酵素風呂で排出できると書いてある。酵素風呂ってこんなにすごいんだ!これは放射性物質とともに生きる今の私たちにものすごく必要なことに違いない。

シャワー室には、東条百合子さんの今日の一言カレンダーが。。どの言葉もすばらしい。

 

ここは月1回くらい定期的に通いたい。かなりおススメです。

酵素風呂・悠遊庵    0439-32-3324

 

 

 

あわあそび

インドつながりの友だちが集まって、私も一緒に千葉安房あそび。

成田山の新勝寺、君津の七里川温泉へ行ったり、鴨川のマルキ本館の温泉へ入ったり、住職がヨーガを教えていてその奥様がアーユルベーダマッサージ等をされている鴨川の釈迦寺では、水行の祈祷が行われるということで見に行ったり。観光客になったように安房周辺を満喫中。

日曜日は鴨川の大山にある うつわや+cafe 草so へみんなでランチをいただきに。

なぜか集まったみんなインドと強いつながりのある方がたで、こんな繊細で美味しいインドカレーはインドでは食べられない、とみんなで意見一致。ほんと、美味しいです。ベジカレーと赤米入りライス。手づくりピクルスも美味しかった。そして器がお洒落。

宮崎行ってわかったことは、行く前は鴨川は本当に田舎だと思っていたけど、東京に近いだけあって宮崎の串間とかに比べたらとても都会的だということ。自然に近い暮らしをし始めると、どんどんとより自然の方へ近づきたくなってくる。。。

 

旭川やアメリカから友達がはるばる来てくれたお陰で、私も安房を満喫させていただいてます。ありがとう!

 

 

 

 

 

美しい器のあるくらし

久しぶりの第二のホーム、鴨川へ。

まずは、宮崎にも遊びに来ていた宮内家におじゃましました。

「うつわや 宮内」くんのおうちもうつわも、とてもシンプルでいてお洒落。古民家的なリビングはすでにギャラリーのように器が置かれていて、まるでカフェかコジャレた居酒屋にきているかのように心地よい空間。

料理も盛りつけもとてもお洒落で、宮内シェフ素晴らしい!大人な飲み食べをさせていただきました。シンプルで美しく、料理を生かしてくれる器でいただくとお料理は一層輝き美味しくなる。美しい器のあるくらしは、他にそんなに贅沢をしなくても、気持ちを優雅にしてくれるんだな、と思う。

かわいい宮内一家。ビールも美味い〜。お正月から酒づいてます。

土間に置かれた薪ストーブが心身ともに暖めてくれる。そのストーブにのせられたアンティーク調のやかんがまたより一層雰囲気を醸し出し、気分をまったりとさせてくれる。ついつい居心地よくてのんびりさせていただきました。古くても良いものを長く使うことでそのものに愛着がでるし存在感が全然違う。宮内家にはそういものがいっぱいあって、空間がとてもあたたかい。

そのストーブの横で、タイミングよくお願いできた美容師りえちゃんによる出張ヘアーカットタイム。ギャラリーは美容室にもなってしまう。こんな空間で髪を切っていただけるなんてなんて優雅な。。1年以上ためこんだ思いや念を手放すように、重かった髪を軽くしてもらいました。あぁすっきり!りえちゃんありがとう。

宮内家、りえちゃん、ありがとう!

 

鴨川ライフ、楽しませてもらってます。

 

 

 

 

 

苦しみの終焉

去年からとても影響を受けているドイツ人の精神的指導者エックハルト・トール氏。

最近その彼の書いた New Earth ニューアースという本の英語版をじっくり読んだけど、とてもとても納得できるところばかりだった。あらゆる宗教や精神指導者の教え、禅の教えなど普遍的な教えをわかりやすく伝え、さらにその個々の教えに囚われず、新しい意識、新しい時代、New Earthへ今、この瞬間からシフトすること、悟りは将来得るものじゃなくて、今、ここにあるということを教えてくれる。

 

これは、苦しみというものは、自分自身で作り出しているものだというメッセージ。

 

 

過去も、未来もない。

今、ここがあるだけ。

すべては、今、この瞬間にある。