赤い月と満天の星

まんまるのお月様がだんだんと欠け始め

月の光で隠れていたお星様がきらきらと光り始めた

そしてお月様はどんどんと赤くなり

生まれて初めて見るくらいの満天の星空と

生まれて初めて見る赤いお月様

いくつものぴゅーっんと流れる星たち

 

街灯もまったくない丘の上までいき

くるくるくるくる

スーフィーの踊りのように

くるくるくるくる

そして足がもつれてばたんとたおれ

赤い月と満天の星空が

くるくるくるくる

 

わたしもまわって月もまわって地球もまわって

みんなみんな宇宙の中でまわってる

宇宙に浮いてまわりながら旅してる

 

赤い月と満天の星を思う存分眺めたあと

日本の神様カードをひいてみる

まるではかったかのようにでてきたのは

「月読命(つくよみのみこと)」

「透き通るような月の夜に、あなたは神秘の扉を開き、

深い夢の海の底に降りていくのです。」

 

宇宙にいるんだーって実感した夜だった

 

 

 

 

 

広告