フェリーの旅

2011年最後は、豪華にフェリーでの旅!

昨日の夜、宮崎港を出発。大浴場にサウナまでついて思わず2回も入ってしまった!ごろ寝の部屋だけど空いていたので2人分の布団を使用してだいぶ快適に睡眠。飛行機でぴゅ〜っと1,2時間で行ってしまうより、一晩もゆっくり海の上で揺られてお風呂入ったりビール飲んだりする方がよっぽど優雅な気分になれる。フェリー最高です。

物質社会の象徴のようなもくもくと上がる煙の煙突が立ち並ぶ工業地帯の光景が近づいてきた。あっちの世界から、こっちの世界に帰ってきた。

2011年最後の日の出は海の上から。ありがとう、2011年。

 

2年ぶりの日本でのお正月は久しぶりに家族と過ごすべく、大阪から埼玉へ向かって走行中。

ただ今滋賀の多賀パーキングでネット中。

 

2011年は、本当にいろいろあった。

いいことも、わるいことも。楽しいことも、悲しいことも。出逢いもあり、別れもあり。

でも、起こったことすべては必然的で、すべては完全なる宇宙の流れの中で起きたこと。

すべてを受け入れ、そして、流す。

私たちは、川の流れのように、流れ続けている。

抵抗することなく、淀みなく流れ続ければ、それは大きな海へと流れてひとつになる。

今は、わるいことも、悲しいことも含めて、すべてに感謝です。

 

 

2011年、本当にいろんな方々に、本当にお世話になりました。

出逢った方々すべてに感謝しています。

本当に、ありがとうございました。

 

2012年、光の年へ。

 

love & light

 

 

 

笑いのヨガ

昨日は宮崎日南市在住のシャンティ美恵子さんによるチャリティラフターヨガに参加してきました。

Laughter Yoga(ラフターヨガ)=  笑いのヨガ。

シャンティさんに初めてお会いしたとき、「ちょっとやってみましょっか!?」とまゆことららとたかやと家でお試しラフターヨガをやってくださった。

 

が、たかやとわたし、どんびき!

まゆことららはもちろんノリノリ!

 

みんなでアイコンタクトをとりながら、つくり笑いでもいいのでとにかく笑い合ったり、その合間のかけ声が「やった~、やった~、イエ~イ!」と腕を上げて飛び跳ねたり、シャンティさんの声がたまにドスが利いてちょっとコワかったり(笑)「お母さんといっしょ」にでてくる体操のおねえさんのようにノリノリで、それがおかしかったり、こんなことやってる私、ちょっとはずかしい。。。と思ったり。。

 

でも、それをやった友達とかと、後でその話になったときにとにかくみんなで大爆笑してしまうくらい、ラフターヨガのアフター効果が高かった。実はシャンティさんはそれを狙ってあのノリノリさなのか、、、とも推察。

 

という前触れのお陰で、今日は私も体操のおねえさんのように、がっつりノリノリで心の底から子どものように大笑いができた。なんせ、満員御礼となったので会場も大きい場所に変えたくらい人が集まり、全部で30人くらい?もいたので、みなさんのエネルギー相乗効果でとにかく恥ずかしいとかの壁はまったく取り払われ、ハートがフルオープン☆となった。

でも20分も笑ってると相当エネルギー消費してるみたいで、疲れる。笑いだけであと1時間もやるのかな、とちょっと面倒くさいかも。。と思い始めたところで、今度は「怒りのヨガ」。怒りの感情を自分なりに表現する時間。「あー!!」とか「うぅーー!!」とか、足を踏み鳴らしたり、腕を振り下ろしたり。

そして、次に「泣きのヨガ」。過去にあった悲しいこととかを思い出して、ウソ泣きでもいいのでとにかく「え~ん、え~ん」と泣く。

 

ウソ泣きに入ったとたん、急に過去の痛みがリアルに沸き上がってきた。

 

ツラくて悲しくてしょうがなくて泣きまくった過去の瞬間が、まるで今この瞬間に起こってるかのように、涙がボロボロでてきた。もう手放したと思っていた過去の悲しみや痛みを、体はまだ記憶しているんだって思った。不思議な感覚だった。

 

そして、その後また一気に大笑い。まるで、膿みのように出てきてしまった痛みを一気に吹き飛ばすように、その痛みがただの思い過ごしドかTVドラマかのように、まったく大したものじゃぁなかったなっっ、と笑い飛ばして手放すかのように、大笑い。そう、すべては、自分が作り上げた「ドラマ」でしかなかったんだ。。と。

 

またハートがパカ~ンとオープンになって、解放された感じがした。その後、この時間を一緒に過ごした皆さんに感謝をこめて、ありがとうやNamasteを言いながら、合掌したり握手したりハグしたり。みんなオープンハートになってるから、抵抗なく老いも若きも女も男もハグしまくり。気持ちイイ!そしてあたたかかった。

 

最後に目を閉じて静かに座り深い呼吸。笑い、怒り、泣き、笑いの後は沈黙の時間。これはOSHOのMeditation Resortで行われてる瞑想リトリートのプログラムを参考にしてるそう。そして、2012年のビジョンを思い描いた後、シャバーサナ(死体のポーズ)、最後にマントラ

 

om  shanti shanti shanti

 

で終わった。

1時間半の中で自分の内にあるものをいっぱい表現して、みんなハッピーそう。いろんなものが出て、体も心もスッキリしている。2011年、本当に激しく色々なことが起きたけど、最後をこうしてみんなで大笑いして解放できたことは本当に良かったし、この笑いとハッピーの波動が、日本中に、世界中に少なからず送られたことは間違いない!ラフターヨガ、あなどってたけど結構すごいかも。

 

なにせ最初ドン引きしたせいで、今日参加することは全く想定外で昨日急に決めたけど、参加して本当に楽しかったし、思わぬ感情の解放ができてよかった。意外と演技とか踊りとか向いてるかもしれない、と勝手に想像してみたり。

 

終了後は日南市飫肥にある天然酵母パン屋さんマドゥパンのブラウニーと、三股町にある備長炭焙煎の中村珈琲のコーヒー。めっちゃくちゃ美味しかった!

 

参加費1000円は福島県にある保育園へ寄付されるそうで、思いっきり笑わせていただいた上にその動きに参加させていただけて、shantiさんの活動に心から敬意を表します。本当にありがとうございました!

 

om shanti

 

 

 

 

 

 

お座敷らいぶ

鴨川で過ごした仲間たちやその仲間たちがLove&Rice号でまるでバスツアーのようにやってきた!

大所帯でワイワイみんなで過ごして、19日の夜はかつてLove&Riceに住み今はあさちゃんとともに飛騨高山でvillageをやっているギター弾き、まっきーのお座敷らいぶ!

今串間市木に住む移住してきた若者たちや、3.11以降に同じように千葉鴨川から移住してきた友達と久しぶりの再会。なんだか鴨川に戻ったような空間。みんなが一品持ち寄りで集まり、まずは美味しい美味しい手づくりご飯やおかずをいただきました〜。

そしてまっきーこと牧島竜也ギター弾き語りライブ。

お座敷で子どもも大人も和になってアットホームの雰囲気の中、いつものように心に沁みる唄を聴かせてくれました。最後は、12月8日ジョン・レノンの命日にマッキーが訳したビートルズの「Revolution」。すごい良い感じの訳で、最高にみんなで盛り上がった〜!

 

「いいようになるよ、だいじょうぶ!」

 

まっきーありがとう!

 

まっきーブログ、リンクしてます!

「最後のピースに火をつけろ」

そして「Revolution」はこちら!

 

 

 

 

 

 

いのちのみず

今お借りしている家が海沿いの井戸水で飲み水にはよくないかもしれないということで、飲み水&料理水のために、山へ水をいただきに。

安房にいる時は天津神明宮の御神水をいただいてましたが、ここ宮崎串間では瀧山神社へ。

でこぼこの細い山道をごとごと進み、車を止めてさらに竹林を抜けていくと色鮮やかな神社がある。

 
ここで少し坐らせていただき、まず心を静める。
それから瀧へお水をいただきに。。。
こんなに海に近いところでこんな滝があるってなんかとても嬉しくなる。
海あり、山あり、田んぼあり、畑あり、瀧まであり!
初めてここにお参りしたときは、こんなお方にウェルカムしていただきました。。
まさに、龍のお使い様。。
参道には関東ではあまりみられないような大きなオオタニワタリがイキイキと輝いてます。
私たちのカラダの70-80%が水でできているっていうことを思うと、取り入れる水がどれだけ大事かが無条件にわかる。こうして自然からダイレクトにお水をいただくと、水道から飲む水とは全く意識が変わって、自然の中で、自然に生かされていることを心から実感する。水を取りに行き、水をいただき、水を運ぶ。その行為すべてが私のイノチを生かすことにつながる。
まさに、いのちのみず
ありがたいです。
帰り道の海はものすごい青くて、一体ここはどこなんだ。。。
と、また車を止めてボーッとして海を眺めてしまった。。
こんな場所に出逢えて幸せです。

波からおそわったこと

誰もいないビーチでひとり占めサーフィン!

波は小さいけど私にはぴったりで、サイズよりもとにかく今日は海にどうしても入りたかった。こないだが1年以上ぶりの波のりで、その後1、2回したけど、なんだか前みたいにどうもうまくtake offできずに波につっこんでばかり。なんでかなぁ。。。と思ってたら、今日やっとわかった!

つっこんじゃうんじゃないか、って気になって、ボードばっかり、下ばっかり見てた。

斜め上前方を、山を見ながらパドルして、take offすればいいんだ!

前に教わってたのに、すっかり忘れてた。

 

「下ばっかり見てないで、前を見てススメ!」

と、波がおしえてくれたみたい。

 

やっぱり、波のりは人生で、人生は波のりだ!

go with the flow

 

 

 

 

 

ビーチクリーン&セレブレーション

千葉・鴨川の大山のある場所で毎月10日にお祓いをし、その後にお昼を神様とともにいただくということをしている方々がいて、それに何年かよく参加させていただいてました。その思いをつなぐために、Love&Riceのなかまたちは宮崎へ来てから毎月10日にビーチクリーンをすることに。

 

ちょうど12月10日は満月&皆既月食というとてもスペシャルな日で、前日からビーチクリーンを始め、当日はお弁当を持ってお昼前からビーチクリーンを開始。

ららもしっかりクリーンしてます!

ゴミを拾っていて気付いたことは、8~9割くらいはプラスチック、あとはビン・カン・電球など。自然に還らないものたちが、こうして浜に辿り着く。どこから来たのかわからないけど、まったく誰がこんなにゴミを海に捨てて、、、と思いたくなるけど、自分もプラスチックを利用し捨てる人間のひとりなんだな、と思い直す。すべては巡って、すべてはつながっている。プラスチックは便利で長持ちするから否定はしないけど、できるだけ自然に還るものを使いたいなって、拾っても拾ってもキリがないプラスチックのゴミを見ながら思う。

 

そしてキリがないけどキリあげて神様とともにセレブレーションランチ!

沖縄久高島産小豆入り宮崎五ヶ瀬無農薬玄米おにぎりと具沢山味噌汁!

デザートにはまゆこ特製 米粉・小豆・麻の実粉のコラボレーション

ザ・日本の魂スイーツ、その名も「内宮外宮ケーキ」!

 

うううんんん。美味しすぎます。。。

目の前では太陽の光でキラキラ輝く海で波乗するサーファーたち

100匹の猿現象の幸島と鳥島を拝みつつ

最高のお祓い&お祝いランチ

 

そして夜はまた、レディ3人でそば粉クレープパーティ

その後の極めつけに、赤い月と満天の星空☆

 

最高にセレブレーションな1日でした。

 

嬉し嬉しで生きるって、こういうことかぁ、って感じた1日。

生きてて良かったぁ。

 

 

 

 

 

赤い月と満天の星

まんまるのお月様がだんだんと欠け始め

月の光で隠れていたお星様がきらきらと光り始めた

そしてお月様はどんどんと赤くなり

生まれて初めて見るくらいの満天の星空と

生まれて初めて見る赤いお月様

いくつものぴゅーっんと流れる星たち

 

街灯もまったくない丘の上までいき

くるくるくるくる

スーフィーの踊りのように

くるくるくるくる

そして足がもつれてばたんとたおれ

赤い月と満天の星空が

くるくるくるくる

 

わたしもまわって月もまわって地球もまわって

みんなみんな宇宙の中でまわってる

宇宙に浮いてまわりながら旅してる

 

赤い月と満天の星を思う存分眺めたあと

日本の神様カードをひいてみる

まるではかったかのようにでてきたのは

「月読命(つくよみのみこと)」

「透き通るような月の夜に、あなたは神秘の扉を開き、

深い夢の海の底に降りていくのです。」

 

宇宙にいるんだーって実感した夜だった

 

 

 

 

 

Namaste Cafe

宮崎県日南市南郷にある土日オープンのNamaste Cafeに出没中!

ナマステというだけあって、インドカレー&ナンとチャイがあります。しかも、ゴアカレーというレアなフィッシュカレー。インドのゴアでも食べたことなかったゴアフィッシュカレーを宮崎でいただけるとは。。それがめちゃ美味い!

そしてメインは石釜ピザ。オーナーのアキードさん手づくりの石釜でオーナー自らが焼くピザ。これまためちゃ美味しい!久しぶりに美味しいピザに出会った感じです。

そして仕上げはスパイスがしっかり効いたチャイ。日本で飲むチャイの中では相当インドの味に近いチャイ。これを目をつぶって飲んでいるとRishikeshのガンガー沿いにあるOfficeというチャイ屋にいるような気分になってくる。。。あぁ、懐かしのインド。ウザイのになぜかコイシクなるインド。

 

というわけで、今月の週末ランチ時間帯にお手伝いしてますので、

お近くの方、お近くに来る方はぜひお寄りくださ~い。

 

Namaste Cafe(ナマステカフェ)

土・日 11:00~19:00 オープン Sat & Sun Open 11:00-19:00

宮崎県日南市南郷町贄波739      Nienami 739  Nangocho Nichinan Miyazaki

0987-64-4079

 

Namaste☆

 

 

 

 

 

ひふみ神示より その4

天災待つは悪の心、邪と知らしてあるがまだ判らんのか。旧九月八日の九の仕組近付いたぞ。

人間に判らんめづらしき事を出すぞ。皆この神の仕組であるから、変りたこと、

判らん事が愈々となったら、神代近づいたのであるぞ。

天地ひつくり返ると云ふことはミタマがひつくり返ると云ふことぞ。

信仰の人、無信仰の人と、愈々立分けの時ぢゃぞ。

 

空に変わりたこと現はれたなれば地に変りたことあると心得よ。

いよいよとなりて来ているのざぞ、天のいへん気つけて居れよ。神世近づいたぞ。

海のつなみ気をつけて呉れ。

 

石流れて、木の葉沈むと申してあろうが、今がその世ざぞ。

天の異変気付と申してあろが、冬の次が春とは限らんと申してあろが、夏雪降ることもあるのざぞ。

神が降らすのでないぞ、人間降らすのざぞ。人間の邪気が凝りて、天にも地にも、わけの判らん虫わくぞ。

訳の判らん病ひどくなって来るのざから、書かしてある御神名分けて取らせよ。

富士は何時爆発するのざ、何処へ逃げたら助かるのぞと云ふ心我れよしぞ。

何処に居ても救ふ者は救ふと申してあろが、悪るき待つキは悪魔のキざぞ。

この先どうしたらよいかと云ふ事は、世界中の草鞋(わらじ)で捜しても、

ここ、より他分からんのざから、改心して訪ねて御座れ、手取りてよき方に廻してやるぞ。

 

一日十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、

よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ。

ママは原発いりません

今借りている家のすぐそばに、菊地洋一さんとそのパートナーの相馬敬子さんという方が住んでいます。

菊地さんは元GE(米国General Electric社)の原発技術者でありながら、18年前くらいから原発というものがいかに危険で不必要なものかということを一般の人々に丁寧に伝えることを始めた方です。3.11以降は、日本各地で講演に招かれたり多くの取材を受けたり忙しいながらも、串間にいる間はのんびりと犬の散歩をしたり貝を使ってモノを作ったり、とても真っ直ぐで、やさしくて、素敵な方です。

 

そのお二人がつくられた「ママは原発いりません」ステッカー。版画家の煌さんのデザイン。

3.11以降、わたしたちの多くは、原発はものすごく危険なもの、原発はいらない、という気持ちになったと思います。でも、心の中でそう思っていても、なかなかその思いを外に表現できずに、ただただ今の原発の状況を見つめているだけという方も多くいると思います。そして、事実に反して、なんとなくもう原発問題は収束に向かってるような空気が流れ始めています。

 

まずは、テレビや新聞では伝えられていない、事実を知ること。

そして、次に、意思表示をすること。

小さな声でも「YES」か「NO」の意思表示をすること。

ひとりひとりの小さな動きが、世界をも変えてしまう大きな動きにつながります。

車や自転車に貼って、みんなでつながっていきましょう!

 

1枚200円(送料別)

購入希望の方ははこちらまでご連絡ください。

brillantiempo@gmail.com

 

心からの叫び!菊池さんが中部電力で訴えた映像。

 

再生回数300,000回以上で、それをきっかけに緊急出版された本です。

まずは知ることから!