ひふみ神示より その3

 

我出すほど苦しくなるのぢゃ。

われよしの小さいわれよしではならん。大きわれよし結構ぞ。

我出すから苦しんでいるのざぞ、神が苦しめているのではないぞ、

人間自分で苦しんでいるのだと申してあろうがな。恐しなっての改心では御役六ヶ敷いぞ。

 

心の目ひらけよ。ゴモク投出せよ。我の強い守護神どの、もう我の世はすんだぞ。

我出すほど苦しくなるのぢゃ。

われにどんな力があったとて、我を出してはならんぞ。我を出すと力なくなるぞ。

我を、大き我に、昇華させよ。大我にとけ入らねばならん。

大我にとけ入ったとて、小我がなくなるのでないぞ。

 

智出すから、学出すから、我出すから行き詰まるのぞ。

生れ赤児と申すのは智も学も我も出さん水晶のことぞ。ねり直して澄んだ水晶結構。

親の心判ったら手伝いせねばならん。云はれん先にするものぢゃと申してあろうが。

いつまでも小便かけていてはならんぞ。

 

人間は罪の子でないぞ。喜びの子ぞ。神の子ぞ。

神の子なればこそ悔い改めねばならんぞ。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中