宮崎、住みます

ただ、1〜2週間のんびりさせてもらおうと思ってきた宮崎でしたが、

あまりにも気持ちいい自然と人々にすっかり癒され、

もうちょっとここでゆっくりしたいな〜と思ってたら、

前からやってくるもんです。

 

期間限定で住ませていただける家が見つかりました。

年末まで、ここで住んでみます!

 

この家から、この樹々や竹が覆い茂る林を抜けていくと。。。

 

こんな光景が待ってます。。。歩いて1分。

本当にありがたいものです。

いろいろ手放せば手放すほど、本当にいろんなことが前からやってくるものだな、と改めて感じます。

 

近所にはこんな素晴らしい仲間がいるし!

みんなでガーデンランチ!

 

本当に感謝です。

ありがとう!

 

時間という枠からはずれ、宇宙の流れに身をまかせ、

自然の中へとけこみ、生かされていることを感謝しながら、

日々を過ごしてみようと思います。

 

om shanti

 

 

 

 

広告

ハッピーアイランド

宮崎県最南端の町、串間町にきて早一週間。

ここまでくると、本当に田舎でそして大自然が美しいまま残されている。

よくこんなところまで辿り着いたもんだなー、と、友達ながら感心。

Love&Riceファミリーのお陰で、こんな素晴らしい場所にくることができて、本当に感謝。。

ここは日本?と思いたくなるくらいの南の島のような絶景。

この絶景が家から歩いてすぐの場所。なんて素敵なところ!

朝からまゆことららとお散歩。

100匹目の猿現象で知られている、ハッピーアイランド、幸島。

そして、恋が浦で1年以上ぶりのサーフィンに。

波乗りの、あの、ものすごい気持ちよさを、すっかり忘れてたー。

突き抜けるような雲のない青い空、太陽の光でキラキラと輝く海、背後に濃い緑の山々。

そして、初心者にピッタリのやさしい波たち。

 

気持ちよすぎるーーーーー!!!!!

さいっこーでした。

 

子どもが心底何かを楽しんでるように、ハートの底からうわ〜い!って楽しんだのは、

もしかしてすごく久しぶりの気がした。

大きな海に抱かれ、燦々と輝く太陽からプラーナを存分にいただき、

すっかりいろんなものが削ぎ落とされた。

 

自然の中に溶け入ることが、何にも代え難い最高の浄化と癒しだ。

自分自身にかけているマインドコントロールを解き放ち、本当の自分に戻ることが、

自分の内なるエネルギーを最大限に発揮することにつながる。

その波動がまわりにも影響し、広がっていく。

その波動の人たちがどんどん増えたら、本当に世の中はハッピーになっていくと思う。

ガンジーも言ってたように、世界平和はまず自分からなんだ、って、

ここの大地と、海と、太陽と、山と、滝と、そして、ここの人々に、改めて教えてもらった。

 

いやぁ、しかし、気持ちよかった。。。

本当に、ファミリー達には感謝でいっぱいです。

仲間ってありがたい。

ありがとうカンマファミリー!

 

 

 

 

 

 

 

Let it Be

 

人生では予期せぬいろんなことが起こります。

時に、なぜだかわからないけど、何か自分の意志じゃないモノに動かされているような。

そうあってほしくない、って、抵抗してみても意味はなく、自分がよけいにツラくなるだけ。

波にもまれた時、抵抗すればするほど苦しくなるように。

 

そんな時はもう手放すしかない。

受け入れるしかない。

 

Let it Be

宇宙の智慧、なるがままに。

 

 

なぜか、次のステージは、

予想外の九州。

 

和歌山から1000km以上のロードトリップ。

長い、長い、車中2泊3日の旅。

日本は、本当に美しい。

 

 

 

 

 

久々に”Let it Be”をかけたらめちゃくちゃはまり、

しかしすごい名曲を作ったもんだと、この長旅で何十回も聴き直しながら涙がでてきた。

やっぱりビートルズはすごい。

 

 

そして、行き着いた先は、

千葉・鴨川で共に暮らした仲間 Love&Rice ファミリーのいる宮崎の最南端、串間町へ。

 

om shanti

 

 

 

 

 

 

ひふみ神示より その3

 

我出すほど苦しくなるのぢゃ。

われよしの小さいわれよしではならん。大きわれよし結構ぞ。

我出すから苦しんでいるのざぞ、神が苦しめているのではないぞ、

人間自分で苦しんでいるのだと申してあろうがな。恐しなっての改心では御役六ヶ敷いぞ。

 

心の目ひらけよ。ゴモク投出せよ。我の強い守護神どの、もう我の世はすんだぞ。

我出すほど苦しくなるのぢゃ。

われにどんな力があったとて、我を出してはならんぞ。我を出すと力なくなるぞ。

我を、大き我に、昇華させよ。大我にとけ入らねばならん。

大我にとけ入ったとて、小我がなくなるのでないぞ。

 

智出すから、学出すから、我出すから行き詰まるのぞ。

生れ赤児と申すのは智も学も我も出さん水晶のことぞ。ねり直して澄んだ水晶結構。

親の心判ったら手伝いせねばならん。云はれん先にするものぢゃと申してあろうが。

いつまでも小便かけていてはならんぞ。

 

人間は罪の子でないぞ。喜びの子ぞ。神の子ぞ。

神の子なればこそ悔い改めねばならんぞ。

 

 

111111

2011.11.11

11:11。

奈良の三輪山を御神体とする大神神社でお参り。

 

礼拝の後は、これを3回唱える。

幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)

守給(まもりたまい)幸給(さきはえたまえ)

 

大国主神が自らの和魂を大物主神として祀ったのがこの三輪山。

「我は汝の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)なり」

 

 

雨が降っていたけど、それがまた神秘的な情景をつくりだしていて、心地よかった。

このお参りは、なにか、とても節目になったような気がした。

 

あまりおみくじとか引かない方だけど、111111の日だし引いてみたら、

なんと、「1」番。

大吉!

 

111111の日に「1」がでるとは。。。

改めて、再出発を感じた。

 

光の方へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


生活が禅 Life itself is Zen

禅の教えは、とにかく

「今、ここ」にあること。

 

私たちすべては、既に仏性を持った存在であり、

今、ここにあることでその仏性が現れる、という。

安泰寺はそれを実践している禅修行道場で、それをひしひしと体感しました。

 

私が滞在中は、みんなでそばの収穫をしたり、新たな田を耕すチーム、

石段を治すため石を集めるチーム、いろんな作務がありました。

 

水は山から、火は森から薪を、食べるものは畑から。

食べるものはほぼ自給自足と寄付でまかなえているそうです。

本当にすごいことです。

 

 

The teaching of Zen is

“HERE and NOW”

 

All beings have buddha nature within which unveils when we are completely in the right moment.

To cook, to eat, to clean, to work.

Not only to sit for Zazen but every day life itself is “Zen”.

Be completely into whatever you are doing until you become one with it.

 

Antaiji is a Zen Monastery which practises it very much, and I had such experience there.

During my stay we harvested Soba all togethere, there were a team for cultivating new rice fields and for repairing the stone stairs etc.

 

Water is from the mountain, fire is from wood from the forest, food is from the fields.

They are almost self-sufficient by growing their own food and by donations.

It is really amazing.

 

 

※all photos by my lovely room mate,  Nazara Lazaro.

thank you Nazara!

 

 

ただ、坐る just sit

坐禅は何のためにするのですか?と住職に聞いたら、

「ただ、坐る」と言われた。

 

何かを得るためではなく、何かを変えたいためでもなく、

悟りを得るためでもなく、

ただ、坐るために、坐る。

 

鳥が空を飛ぶように、

魚が海を泳ぐように、

ただ、坐る。

 

「ただ、坐る」というのは、私にとって初めてで、これが相当難しい。

坐禅中は何も指導やアドバイスはない。

そして、一度鐘が鳴ったら、45分間全く動いてはいけない。

45分の後、休憩ではなく、15分間のきんひん(歩く瞑想のようなもの)。

なので、朝4時から始まり9時まで、10時から15時まで、16時から21時まで、

食事を2回はさんで5時間ずつ3回の坐禅を5日間。お風呂もなし。

相当ながちんこ坐禅道場。

 

 

最初の2日と食後は特に、睡魔との戦い。

そして、それ以外はほぼ、雑念、妄想のオンパレード。

俳句をつくってみたり。(俳句はこうして生まれたのかぁ、と勝手に想像)

食事の前は特に、もうご飯のことが気になってしょうがなかったり。

なんでこんなことやってんのか?と自問自答したり。

そして、3日目の夜あたりは、体の痛みと心の抵抗が最高潮となった。

 

でも、

「もうこんなの嫌だー!!!やめてやるー!!!」

と爆発しそうになったすぐ後のセッションは、

必ずと言っていいほどものすごい集中が高まり、心のざわめきが静まる。

すこ~ん、と何かが抜ける感じ。

すーっと、響き合う虫や鳥、風の音の中へ、溶け込んでしまう。

「自分」という小さな枠が、とれていく。

 

 

まるで人生のようだなー、と思ってみたり。

落ちに落ちた後は、必ずぱぁ~ん、とひらける。

そこを通り抜けて初めて、今までよりさらに大きくなるような。

夜の闇のあとに、朝の光がおとずれるように。

 

 

なんてことを考えてたってことは、全くもって

「ただ、坐る」ができてないやん!と自分にツッコミ。

やっぱり私の頭は雑念だらけだぁ~。

 

 

5日目は15時で終わり、ご飯の後4日ぶりのお風呂。

いや~。。。最高でした。

またしても、お風呂のありがたみを噛みしめた。

 

翌朝、起きてすぐ、始まる前と違う感覚だった。

何か、もやもやして重たいようなものがとれて、軽くなっていた。

やってる間は、なんでこんなとこ来ちゃったんだ、と自己嫌悪したりもしたけど、

すべては必然的に物事はまわっていて、やっぱり来るべきしてきたんだな、と思った。

考えてみたら5日間も坐ってるだけでいい、ってなんて有り難いことなんだろう。

こうした環境を与えていただいたすべてのみなさまに、ただただ、感謝です。

 

ありがとうございました。

om shanti

 

 

“What is Zazen for?” i asked to the monk.

“Just to sit”  he answered.

 

Not to get anything, Not to change anything,

Not to obtain enlightenment,

Just Sit to Sit.

 

Just like birds flying in the sky,

Just like fish swimming in the ocean,

Just sit for nothing.

 

 

“Just sit”  is for me for the first time, and it was very difficult.

There is neither leading nor advice during Zazen at all.

Once the bell rang, you cannot move at all for 45 mins.

After 45mins, there is no rest but Kinhin (like walking meditation).

Zazen starts from 4am to 9, 10 to 3pm, 4 to 9pm, so there are 3 times of 5hour-Zazen with 2 meals in between.  No shower or bath.

Hard-core Zen Dojo it is!

 

 

The first 2days and after meals were like fighting with strong sleepiness,

and the rest was almost full of stupid thoughts and delusions.

Funny enough I even made Haiku! which I had never done before (I imagined Haiku started to be made in this way…)

or I kept wondering why I came to such place or thinking about food etc..

And the 3rd night, pains in the body and resistance of my mind got to the maximum point.

 

 

However,

whenever I was almost going to explode “I HATE THIS!!! STOP IT!!”,

in the following session my concentration always got so high and waves of the mind calmed down.

It is like inner sparks going out of me.

“I” start to melt into harmonious sounds of insects, birds and winds.

A frame of “myself” disappearing.

 

 

It is like one’s life.

After going down and down so much,

always some kind of inner openness and light comes.

Only after going through it, one grows than ever.

Just as after the darkness of night, the morning light comes.

 

 

Thinking of this and that, I realised that I totally NOT “just sitting” at all!

My mind is just full of idle thoughts…

 

 

 

On the 5th day evening we had a bath for the first time after 4days!

You can imagine how good it was…

 

Waking up the next day, I had very different feeling than 5days ago.

Some kind of heaviness has just fallen off from me and I felt light.

During 5days I kept regretting, “why am I here, why am I doing this?”

But I think everything happens inevitably and I came here because I should be.

It is actually such a fortunate just to sit for 5days without doing anything else!

I appreciate it so much for everyone who gave me this opportunity to come here and do this.

 

Thank you so much.

 

om shanti