山ごもり

今日から、兵庫の北の方にある禅寺で山ごもりしてきます。

何日いるかわかりませんが、「禅」にちょっと触れてこようと思います。

安泰寺  Antaiji (Zen Monastery)

http://antaiji.dogen-zen.de/jap/index.shtml

om

広告

ひふみ神示より その2

大切なもの一切は、神が人間に与えてあるでないか。

人間はそれを処理するだけでよいのであるぞ。

何故に生活にあくせくするのぢゃ。

悠々、天地と共に天地に歩め、嬉し嬉しぞ。

 

一切に向って涙せよ、ざんげせよ。

一切を受け入れ、一切を感謝せよ、一切が自分であるぞ。

一切が喜びであるぞ。

 

 

ひふみ神示 より その1

ひふみ神示(日月神示)

 

人間を幸福にするのは心の向け方一つであるぞ。

何事も天から出て来るのじゃ。天からとは心からのことぢゃ。

宇宙は人間の心のままと申してあろうが。

心くらくては何も判らん。世の中は暗う見えるであろう。

真暗に見えたら自分の心に光ないのぢゃ。

心せよ。

自分光れば世の中明るいぞ。

より上のものからながれてくるものにまつりて行くこと大切ぢゃ

 

 

 

ひふみ神示(日月神示)

http://ja.wikipedia.org/wiki/日月神示

 

 

 

野上八幡宮秋祭

イベントをさせていただいたHachi Laboこと八幡工房は、すぐそばにある野上八幡宮からそう名付けられたそうです。

その野上八幡宮で、先週日曜日秋のお祭りが行われました。

ここ紀美野町も過疎化がすすみ、若い方がどんどんと都会へ出てしまい、お祭りの規模も小さくなっているようですが、こうしてまだ伝統が残されているのは本当に貴重なことだと思います。

秋祭では、八幡さまの氏子の方々によってお宮から神具が運ばれ、その後に神輿が続き、行列となって一の鳥居まで運ばれ、そこで獅子舞や太鼓の奉納などがなされました。

通常、神具を扱うのは氏子の方々のみらしいのですが、なぜか宮司さんから特別にcamilleにそのお役目が与えられ、役員をされているおえらい方々の中にまみれて行列に参加することになりました。

意外と似合う。

 

お祭りの様子。

 

七五三の子ども達も稚児大師となってお祓いを受け、これでれっきとした野上の子となる、そうです。

 

いかした氏子様。

 

 

私たち日本人にとって、「祭」は本当に大事なものだと思います。

神と人がつながり、人と自然がつながり、人と人がつながる。

自然という神に対して、畏怖の念と感謝の思いを改めて捧げるとき。

 

人手が少なくなりながらも、こうした伝統を引き継いでいただいている方々に対して心から尊敬と感謝を表します。

 

om shanti

 

 

 

イベント終わりました。。

“Living in Harmony” 〜調和の中に生きる〜

おかげさまで多くの方に参加していただいて、無事に終わりました。

素敵なhachi labo

最終日のヨーガクラスは20名にもなりました!

そして、Open talkも、多くの方に参加していただきました。

Camilleの設計したBee Sanctuary(蜂の家&瞑想室)

ご近所の方、毎日ヨーガに参加してくださった方々、遥々遠方から来てくださった方々、急きょ前日に連絡したら駆けつけてくれた仲間、本当にいろんな方々が参加してくださり、素晴らしい出逢いをさせていただきました。特にオープントークでは、3.11から私たちの意識の深い部分でこれからの生き方について一人一人が思いを巡らせている中、こうして同じ時間やそれぞれの思いをシェアできたことは、本当に貴重な時間と学びになりました。

また、とても心地良く素敵なギャラリーを提供してくださり、私たちの実験的な試みに大きな大きな度量で受け入れていただいたHachi Labo皆様には、心から感謝の思いでいっぱいです。本当に、本当に、ありがとうございました。

ありがたいことにとても好評をいただいたので、またいつか、ぜひともやりたいと思います。

すべてに感謝です。

om shanti

Living in Harmony 〜調和の中に生きる〜

10/1(土)から、ヨーガ&オープントークイベント始まりました。

 

http://www.8hachi.com/ニュース-イベント/

 

前日夜までばったばたと準備に追われていましたが、なんとか土曜日の朝にはちゃんとまとまり、無事にイベント始めることができました。Hachi Labo井澤ファミリーには、本当に改めて心から感謝です。

そして、初日から多くの方にご参加していただきました。

 

オープントークは、まずサークルをつくり、私たちと自然との関係性を思い出すために、カフェのガーデンで咲いていた花たちを囲み、

「わたしは、花をみつめる。花は、わたしをみつめる。」

という禅僧のことばの投げかけから始まりました。

花やアリ、蜂、樹々、動物、自然と自分との関係、花は私たちをどう見てるのか、そして「調和〜harmony」とは何か、という自分自身への問い。それぞれ調和について感じたことをシェアしました。

そして後半は、Camilleが旅中に滞在したインドやスコットランド、フランスのエコビレッジについての紹介や、建築士として彼がデザインした自然素材のみを使用した建築についての写真などを見ながら、なぜこれからの時代にまた共同体のような生き方が必要なのか、共同で住むという古の知恵と現代のテクノロジーをバランスよく取り入れたエコビレッジという古くて新しい一つの住まい、生き方についての話がありました。

そして、最後にまたみなさんで感じたことをシェアして、オープントークが終わりました。とても面白かった、興味深かった、自然と自分との関係、自然から人間に対する視点を初めて感じた、など、好評をいただきました。

私自身も、エコビレッジについてあまり知らなかったのでいい学びになりました。

 

ランチは、Camilleと私が滞在したネパールにあるKopan Monastery(コパン僧院)のレシピで作ったベジタブルカレーとチャイをカフェメニューに。

井澤夫妻の斬新でお洒落でとっても遊び心のある器たちででてくるカレーやチャイ、ハーブティなど、食べ終わった後も楽しめます。これが、このHachi Cafeの醍醐味です。。

カフェ内もおかげさまで賑わってました。

今週平日中は、ヨーガが毎日10:00〜12:00、今週末土日は同じくヨーガとオープントークが14:00〜16:00までありますので、お近くにお越しの方、ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

お待ちしております!

 

om shanti