出雲 izumo trip

27日アンマ大阪プログラムは翌朝28日4時近くに終了。

いんやぁ~、、、intenseな5日間だった。。。素晴らしいときでした。

 

アンマ、ありがとう!

 

そのまま、一睡もせず、朝大阪の友達の家へ。

久しぶりのあまりそのままひたすらしゃべりまくりで寝たのは結局13時。

ほぼ28時間起き続け。。とはいえ、アンマのエネルギーにはかないません。

いや、アンマにエネルギーをいっぱいいただいたからに違いない。。

 

翌日、jomon sistersとともに、念願の出雲大社へ。

出雲の背後にある山々に、ふんわりつるんとした帽子のような雲がかかり、

神秘的な光景がまず目に入る。

やはり「出雲」だけあって、雲から出ずるよう。

 

近くの展示室に、高床式になっている大社へ長い床が伸びて行く模型があり、

まるで宇宙人が雲から出て来てそこへ降り立ち、その床を降りて地上におりたかのように思えた。

さすが、八百万の神が神無月にここへ一堂に集まるという神聖なる場所。

 

 

お参りの後は…

たしか、去年も全く同じような行動をしていた気がする。

 

翌日は鳥取砂丘へ。

こんな場所まで日本にあるとは。。

やっぱり日本の自然は、本当に威厳があり、神秘的であり、美しい。

自然と頭が下がる。

 

でも、どこもよかったけど、

今回の旅はなにがスゴかったって、行ったメンバーがスゴかった。。

車で移動中も、ご飯を食べながらも、どこにいてもとにかくしゃべりまくり。

どれだけしゃべることがあるんだっていうくらい、しゃべり続けた。

めちゃくちゃ笑ったり、ものすごい真剣な話をしたり、

とても深い部分でのシェアリングをしたと思う。

 

とても近い意識をもった友達とのこういう時間は、本当に貴重で、

この場所での、この時間は、二度と戻らないし、

もう二度とこの3人で旅することもないかもしれない。

明日は何があるかわからない。

 

そう思うと、この時間は,本当に愛おしい。

 

私たちが移動している車でさえ、神聖なる場所、神社のように思えた。

 

 

今、ここ、なんだ。

 

 

いい時間を本当にありがとう。

 

 

広告